就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ピアノ教室はママ友や服装に気を使う?上達はママの努力が必要

ピアノ教室はママ友や服装に気を使う?上達はママの努力が必要

ピアノ教室は昔から人気のある習い事です。わが子がピアノを弾けたらいいなとは思うものの、ママ友付き合いは面倒なの?ママがピアノを弾けなくても大丈夫?レッスンの付き添いはどうするの?と不安に思うこともありますよね。ママがどのように関わっていけるとよいのか、ご一緒にみていきませんか。

ピアノ教室はママ友トラブルがあるの?

個人レッスンはママ友に会うことが少ない

個人レッスンの場合は、大手でも個人で経営しているピアノ教室でも、お互いのレッスン時間が近くない限りはほかの生徒さん親子と顔を合わせることは少ないです。同じ教室に通って同じ先生に習っていても、会うのは年に一回の発表会だけ、ということもありえます。

接触時間が少ないので、必然的にママ友トラブルがおきる可能性は低くなります。ただゼロというわけでもありません。

発表会で保護者の手伝いがある場合など、仕事をしない、集合時間に遅れてくる、騒ぐ子どもを注意しない、など迷惑な行動をするママは目立ちますし、トラブルの種になりがち。また衣装の貸し借りなどをした場合も、汚した、汚されたなどででもめることもあります。

集団レッスンはママ友との相性による

大手音楽教室などでおなじみの集団レッスンは、親子で参加するためレッスンのたびにほかのママたちと一緒になります。子どもが同じ年齢で同じ習い事をしているのですから、共通の話題もありますし、ママ同士もよいお友達付き合いに発展することもあります。

しかしママ同士の距離が近いということは、それだけトラブルもおきやすいということでもあります。よくあるパターンが、グループの中心的存在のいわゆる「ボスママ」と性格が合わず、居づらくなることです。

レッスン後に毎回お茶をしていくので一度断ったら二度と誘われなくなり、気がついたら陰口をいわれ始めた、などはどこのママ友グループでもあるトラブル。あくまで子どもの習い事のお付き合い、と割り切ることも大切です。

関係のないママから嫉妬されることもある

子どもにピアノを習わせているママのなかには、自分の子どもよりも上手な子ども、またはその親に対して嫉妬してしまい、意地悪をするママも少なからずいます。プライドが高く、教育熱心で完璧主義の人に多いようです。

しつこく教本の進度を聞き出そうとしたり、発表会での様子を意地悪く批評したりするようなママには注意したほうがよさそうです。

ピアノを習ったことがないママで、そのことをママ自身がコンプレックスに思っていたりする場合は、自分ができないことをやすやすとやってのける(ようにみえる)子どもに対して嫉妬心を抱くこともあり、こちらもかなり面倒なタイプです。早々に見極めて、とにかく距離を置くしかありません。

ピアノ教室におすすめのママコーデはある?

付き添いだけなら基本はなんでもOK

子どものレッスンに付き添うだけであれば、とくにドレスコードはありません。子ども連れにふさわしく、清潔感のある格好、つまりいつもどおりの服装でよいでしょう。

少し気をつけたいのが、先生のご自宅でする個人レッスンの場合です。夏場はサンダルを履くこともあって、ついつい親子そろって裸足で部屋に上がってしまいがち。

しかしこれでは室内がすぐに汚れてしまいます。たとえサンダルを履いて行ったとしても、室内用の靴下をママも用意しましょう。

子どももできれば洗い立てのきれいな靴下に履き替えさせましょう。1日履いた靴下は思っている以上に汚れています。先生やほかの生徒さんが、気持ちよく過ごせるように配慮できるとよいですね。

親子リトミックなら動ける服装で行こう

ママ自身もレッスンに参加する親子リトミックの場合は、動きやすい服装で行きましょう。特に教室から指定がない場合は、Tシャツにストレッチのきいたボトムなどを着るママが多いようです。

教室にもよりますがレッスン用に着替えたりせず、家から着てきた服装でそのままレッスンをするところも。ちょっと動きやすい普段着、くらいがちょうどよいかもしれません。

体を曲げたり伸ばしたり、寝転んだり飛び跳ねたり子どもと一緒に動くので、ピアスやネックレスなどのアクセサリーは万が一のケガを防ぐためにも外すほうがよいでしょう。髪の毛の長いママはゴムなどでまとめられるようにしておきましょう。

汗をかくこともあるので、ママのタオルもお忘れなく。

発表会は控え目上品スタイルがおすすめ

日頃の練習の成果をお披露目する発表会。主役の子ども以上にママが着飾るのは考え物ですが、ジーンズなどの普段着はNGです。

・きれい目で品よくが正解
過度にドレスアップする必要はありませんが、オフィスカジュアルを目安にしてみましょう。とろみトップスや光沢素材など、やさしげで華やかにみえるものがおすすめです。

・露出はおさえめに
胸元などの露出は控えめに。座ったりお辞儀をしたときに下着が見えたりしては台無しです。

・親子連弾は色味も考えて
自分もステージに上がる場合は、弾きやすい恰好で。トップスは腕が動きやすいものを。ボトムはペダルを踏むことを考えると膝下丈のスカートかパンツがおすすめ。また子どもの服装と色味を合わせると、写真で見たときにきれいです。

ピアノの練習はママが教えないとダメなの?

ピアノが上達するには家での練習が必要

習い事には大きく分けて二種類あります。先生とのレッスンだけで完結するタイプと、レッスン外の反復練習が不可欠なタイプです。たとえばスイミングなどは前者、ピアノは後者の典型です。

限られたレッスン時間でできることは限られています。先生は練習のポイントを生徒に伝え、次のレッスンでその成果を確認、修正してまた新たなポイントを伝える、その繰り返しです。

生徒はレッスンで先生に指摘されたところを、次のレッスンまでに自宅で反復練習して身に着けていくのです。子どもがよほどのピアノ好きで、朝から晩までピアノに向かっているタイプであれば苦労はしないのですが、実際はなかなかそうはいきません。

特に年齢が低いうちは、ママのサポートが必要になります。

ママが声をかけて短時間でも練習をしよう

幼い子どもに「毎日」なにかをさせる。しかも、それが本人の気乗りがしないものだった場合は大変です。

ピアノの練習は楽しいことばかりではありません。面倒な譜読み、細かい指使いの指示、単調な練習曲、などなど練習が嫌になるポイントはいくらでもあります。

それでも「今日はやりたくないから練習しない」という子どもの言い分を通してしまうと、レッスン日にしかピアノに触らない、という上達からは程遠い状態にあっという間におちいります。そうならないためには、まずは毎日10分を目標に、練習を習慣化していきましょう。

テレビや外遊びなど、楽しみなことの前に練習を組み入れると子どもも集中しやすくなります。10分を1セットとして、慣れたらセット数を徐々に増やしていきましょう。

ママがピアノを教えるときの注意点

自宅で練習中に先生にいわれたことを忘れている。できていない。そんなときはママのサポートが必要かもしれません。

やりがちなのが間違っているところばかりを指摘する、いわゆる「ダメ出し」ですがこれには要注意。人間誰しも弱点をつかれるのは嫌なもの。幼い子どもであれば尚更です。

間違えるのが怖くて、ピアノに向かうのが嫌になってしまっては本末転倒。まずはできているところを探して褒めましょう。

リズム通りに弾けている、手の形がよい、などなんでもよいので頑張っていることを認めてあげましょう。苦手なところは細かく区切って練習するのがポイント。

最後まで弾ききることにこだわらず、1小節だけ練習するのでもよいのです。子どもの小さな「できた!」を大切にしましょう。

まとめ

ピアノは自宅での練習が不可欠なので、その点ではママの負担が大きい習い事といえるかもしれません。でもほかの親子を気にせず、わが子としっかり向き合える時間を持てるのも、子どもが小さい今しかできないことですよね。

子どもが一つ一つ課題をクリアし、少しずつではあっても確実に上達していく姿は頼もしいものです。まずはピアノを、音楽を、子どもが好きになれるように、ママも一緒に楽しく取り組んでいけるとよいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018