就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後3カ月の赤ちゃんと外出時の授乳。赤ちゃんの様子や授乳のポイント

生後3カ月の赤ちゃんと外出時の授乳。赤ちゃんの様子や授乳のポイント

外出を安全にするためのポイント

行き帰りの時間はラッシュ時を避けて

赤ちゃんを連れて電車に乗るときは、電車内が混雑する通勤、通学のラッシュの時間帯は避けましょう。満員電車では、赤ちゃんは押しつぶされてしまう危険もありますし、ベビーカーや赤ちゃんグッズのたくさん入ったマザーズバッグが邪魔となり、電車に乗ることさえままならない状況になりえません。

また、人ごみの中は色々なウィルスが飛び交います。特にインフルエンザの流行する冬の時期は、何をもらってきてしまうかわかりません。まだママの免疫が残っている時期とはいえ、生まれて3カ月の小さな赤ちゃんです。念には念をいれて気をつけてあげましょう。

電車を使う場合は、朝でしたら10時以降、夕方は16時までに帰ってくるようにすると、比較的空いていますよ。

ベビーカーでも抱っこひもは持参したい

赤ちゃんとの外出は思っている以上に疲れます。ベビーカーを賢く利用して、ママの疲労を最小限にしていきましょう。

ただし、ベビーカーで泣いたときは抱っこが必要です。ベビーカーを押しながら抱っこをするのはとても大変ですし、赤ちゃんを落としてしまう事故にもつながります。そのため抱っこひもも持っておくとよいですよ。

ベビーカーから抱っこひもへ赤ちゃんを移すとき、ベビーカーの重心がどこに置かれているか見極めましょう。お買い物などをしてベビーカーにバッグがかかっているとき、赤ちゃんを抱っこした瞬間にベビーカーがひっくり返ってしまうなんてこともあります。ベビーカーのどこかが赤ちゃんに当たって大けがをする恐れもありますので、気をつけましょう。

季節に合わせて防寒、暑さ対策をする

生後3カ月の赤ちゃんは、まだ体温調節が苦手です。それに暑い、寒いと訴えることもできません。そのためママは常に赤ちゃんを気遣ってあげなくてはいけませんよね。

外の気温の変化は、部屋にいるときよりも大きいです。お出かけするときは、暑い、寒い、どちらにも対応できるように、簡単に脱ぎ着できる格好をさせることも大切です。また、ひざ掛けやカーディガン、ストールなどをバッグに忍ばせておくと、いざというとき役に立ちます。

先ほどもお話ししました授乳ケープも、ひざ掛け代わりに使うことができます。お出かけしているときは、極力荷物は減らしていきたいものです。持ち物を吟味して、何か代用できるものがあれば、臨機応変に活用しましょう。

まとめ

生後3カ月の赤ちゃんは、新生児のころと比べてふっくらとした肉付きで、絵にかいたような可愛らしい赤ちゃんです。まだまだ赤ちゃんのお世話も大変ですが、そろそろママも気分転換に外に出たいころですよね。

お出かけする前にスケジュール調整をしっかりして、どこに授乳室や赤ちゃん休憩室があるかなど調べ、ママ自身なるべく困らないよう、計画を立ててお出かけしましょう。

赤ちゃんも人間です。何があるかわかりません。困ったときは周りの人に助けてもらいましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND