就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳過ぎたらやることは?親としてできること、やるべきこと教えます

1歳過ぎたらやることは?親としてできること、やるべきこと教えます

1歳という年齢は、なんだか特別な感じがしませんか?赤ちゃんだった我が子が、初めての誕生日をむかえると喜びや成長を感じますよね。ここでは、1歳をむかえてママができることや、これからの子どもの関わり方、心掛けた方がよいことなどを伝えていきたいと思います。 

この1年間の思い出を素敵に残すために

お誕生日は心に残るお祝いをしましょう

初めてのお誕生日となる1歳のお祝いは特別ですよね。親にとっても感慨深いものがあると思います。

「一升餅を背負う」という行事は昔からある1歳のお祝い行事です。一升餅(一升分のお米、約1.8kgを使って作るお餅)を風呂敷に包み、斜めに背負わせて歩かせてみるというのが一般的な方法のようです。地域によって違いはあります。

「一升」と子どものこれからの人生の「一生」をかけて作られたお餅で、一生食べ物に困らないように、これからの一生が健やかになるようにという思いが込められているものです。

また、みんなで誕生パーティーをしたり、記念写真を撮るのもよいですね。手形や足形をとるのもおすすめです。

ぜひ思い出に残るお祝いをしてあげましょう。

写真や動画は早めに整理しましょう

赤ちゃんの頃に写真や動画をたくさん撮って、そのままになっていませんか?小さい頃の表情やしぐさはどれもがかわいくて、つい写真におさめたくなりますよね。

写真や動画を撮ったままにしてためていくと、あとで大変になります。早めに整理していくとよいですよ。いつかやろうと思っていると、先延ばしになってしまうこともありますね。「この日にやる!」と日にちを決めて整理すると、あとで楽です。

また、写真の現像や動画の保存が苦手な人は、パパにお願いしてしまうのも手です。今では写真や動画をきれいに残しておけるサービスやアプリなどもあるので、うまく利用するとよいと思います。

成長の記録や思い出を残すために、早めに写真や動画は整理していきましょう。

1年間の成長を記録しておきましょう

赤ちゃんが誕生してからの1年間、子どもはいろいろな成長を見せてくれます。あとで振り返ることができるように、成長を記録しておくとよいですよ。

記録しておけるものとして、写真や動画があります。赤ちゃんの頃のハイハイや歩く姿はそのときだけの成長です。小さい頃の声を記録できるのも動画ならではですね。子どもが大きくなったときに、写真や動画を一緒に見たり、当時の様子を話したりしてあげましょう。

また、育児日記もおすすめです。その日の子どもの様子を書いておくと、あとで振り返ったときに、いろいろなことを思い出すことができます。手形や足形をとるのもよいですよ。

子どもの成長を残しておくことは、家族の宝物になります。ぜひ、記録しておきましょう! 

生活習慣を整えて、メリハリある生活を

離乳食は1日3食の完了期へ

1歳になると、離乳食も完了期をむかえます。食べられるものも増えて、調理の仕方も大人とあまり変わらなくなります。バナナや肉団子ほどの固さのものを歯茎でつぶせるようになり、食事は1日3回でとれるようになると完了期へ移行できるといわれています。月齢としては1歳~1歳半が目安です。

いろいろなものが食べられるようになりますが、食材によってアレルギーが出るものもあるので、慎重に試していくとよいですよ。味付けは大人の半分の濃さがよいとされています。

食事の時間は朝7~8時、昼12時、夜19時頃が理想です。午前と午後に1回ずつ、食事に影響が出ないようにおやつをあげてもよいと思います。

食事も1日3食になると、生活習慣も整いやすくなってきますよ。

早寝早起きで生活リズムを整えて

1歳になると、生活リズムも大体決まってきますよね。早寝早起きの習慣をつけていくチャンスです。

早寝早起きの習慣をつけるには一緒に寝る大人の心がけも大切です。夜に早く寝かせるというよりも、朝に早く起きる習慣をつけるとよいと思います。早く起きると、夜は自然と眠くなります。朝7時に起きて、夜は20時くらいに寝るのが理想的です。

お昼寝は2時間程度がよいですよ。15時以降に寝ると、夜寝れなくなってしまうので13時~15時に昼寝をするのがよいと思います。家庭によっても事情がいろいろあると思いますので、時間は目安として心の中にとめておいてくださいね。

早寝早起きをすることで生活リズムも整いやすくなります。頑張って習慣をつけていきましょう!

天気のよい日はどんどん外へ

子どもは外が大好きです。天気のよい日はどんどん外へ出てみましょう。1歳になると、だいぶ体力もついてきます。部屋の中だと、動きも限られて体力が余ってしまうこともあります。

外に出たら、お散歩をするのもよいですよ。お花を見たり、虫を見つけたりするのは子どもにとって大きな発見です。いろいろなものを見たり、触れたりすることはよい経験になります。

また、公園に行くのもよいですね。滑り台やブランコなどの遊具で遊んだり、広場でボール遊びをしたり、走ったりするのもよいと思います。思いきり体を動かしてみましょう。

日の光を浴びたり、風を感じたりすることは気持ちがよいものです。天気のよい日はぜひ、外に出て子どもと楽しい時間を過ごしてみてください。

一緒に過ごす時間はこんなことを心がけて

一緒にたくさんお話ししましょう

1歳になると、言葉も出てきて少しずつ会話も楽しめるようになります。覚えたての言葉を話す我が子はとてもかわいいですね。

言葉は出てきたけれどまだ、はっきり言えないことが多い年齢です。一生懸命話しても、大人に伝わらないこともあります。しかし、そこで話を聞かないと子どもは悲しみます。ママは聞いてくれないから話すのをやめようと思うかもしれません。

「うん、うん」「そうだね」と話を聞いてあげると子どもはうれしく感じ、もっと話したいと思うでしょう。子どもが話すようになったときは、どんどん言葉を覚えて成長しているときです。耳を傾けてたくさん話を聞いてあげましょう。

この時期だけの親子の会話をたくさん、楽しみましょう。

悪いことはダメとしつけをしましょう

大きくなるにつれて、子どもはいたずらや悪いこともするようになります。いけないことをしたときには、しっかりダメだよと教えてあげましょう。

1歳はまだ言っても理解ができない年齢です。注意されても同じ間違いや、いたずらをすることがあります。ママは繰り返し子どもにいけないことを伝えていきましょう。また、なぜいけないのかも教えてあげられるとよいですね。

まだ小さいからという理由で、そのままにしておくと子どもは良いことと悪いことが分からないままになってしまいます。また、注意するときは落ち着いて伝えるとよいですよ。子どももその方がちゃんと聞いてくれるものです。

悪いことは根気よくダメだとしつけていくことで、子どもにもちゃんと伝わっていきます。 

危険がないか見守りましょう

歩き始めの1歳の子どもはいっきに行動範囲がひろがります。いろいろなものや場所に興味をもつので、危険なことも増えます。

家の中で歩いていて机の角に頭をぶつけたり、ちょっした段差でも転んでしまうことがあります。危ないなと感じるときは、大人がそばについてあげたり、見守ってあげるとよいと思います。

また、階段やお風呂場なども事故が多い場所の一つです。子どもが行ったら危ない場所を把握して、行かないように工夫をすることも大切です。

歩けるようになると、子どもは楽しくていろいろな場所へ行こうとします。子どもの気持ちを受け止めながらも、けがや事故がないようにそばについて見守ったり、危険がないか確認することは大切だと思います。

まとめ

1歳という節目に、親ができることをいくつか紹介させてもらいました。生活の面で大人が働きかけることが多いかもしれませんが、それがのちになって、子どものよい生活リズムや習慣になっていきます。最初は大変かもしれませんが、がんばってくださいね。

また、言葉や動きの面などを見ても1歳児の成長はたくさんあります。その成長を子どもと一緒に喜び、楽しんでください。そして、ステキな思い出として残してあげましょう!



関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018