就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の公園デビューにドキドキ。準備する物やママたちに聞く遊び方

1歳児の公園デビューにドキドキ。準備する物やママたちに聞く遊び方

1歳を迎えたらそろそろ公園デビューですね。ママと子どもが楽しく過ごすためにも、事前の準備をしっかりとしておきたいものです。1歳の子どもを公園に連れて行く場合にはどんなものを持っていったらよいのか、また公園での遊び方なども含めて、公園デビューを成功させるコツをご紹介します。

1歳で公園デビューを成功させるコツ

時間帯は機嫌のよい午前中がおすすめ

1歳ごろには子どもの生活リズムも整ってきますが、お昼寝の前後や、夕方近くは何かとぐずりやすくなるものです。もし途中で子どもがぐずりだせば、せっかく公園に来ていても遊べなくなってしまうので、公園デビューする時間帯には子どもの機嫌がよい午前中をおすすめします。

季節は冬以外ならいつでも大丈夫ですが、夏は正午過ぎには気温が高くなってしまいます。午前中なら日差しもそこまで強くないので過ごしやすいですね。

また小学校の下校時間をすぎると、小学生の子どもたちも公園に遊びに来ます。鬼ごっこや、ボール遊びなどでおそらく公園中を元気に走り回るでしょう。子連れだと安全面での配慮も必要になるため、午前中の方がママも安心できるはずです。

ママ友は無理に作らなくてもOK

公園デビューしたとき、初めて行く場所にきっと子どもはドキドキするはずです。しかし、実際にはママの方が緊張していることも珍しくないのかもしれないですね。

「ママ友の輪に入れなかったらどうしよう…」
「常連のママさんたちとも仲良くしなくちゃいけないのかな…」

ひと昔前なら、「公園デビューしたら地域のママ友づき合いが始まる」というような図式もあったかもしれませんが、現在は必ずしも当てはまるとはいえないようです。

公園に来ているママたちの大半は子どもを遊ばせることを目的に来ています。通い出せば、顔見知りのママさんも増えてきますが、特に無理してママ友を作らなくても大丈夫です。会ったときには笑顔で挨拶や会釈をするとよいでしょう。

子どもから目を離さず、一緒に楽しむ

公園で遊んでいれば、子どもが車とぶつかる危険も少ないですからママも油断しがちです。また自分は何をするわけでもなく子どもを見守っているだけだと、どうしても退屈してしまいますよね。

そんなときにはママもスマホを触ってみたり、ほかのママさんとの会話に夢中になったりして、ついつい子どもから目を離してしまうこともあるかもしれません。

しかし、危険の少ない場所で遊んでいるといっても、まだまだ1歳なので何があるかわかりません。常にママがついて回ることはないですが、子どもから目を離さないように注意しておく必要はあるはずです。

ママが子どもと一緒に楽しめたなら、退屈してしまうことも少なくなりますし、何より子どもをしっかりと見守ることができますね。

準備は万全に!ぜひ持参してほしい物

まずは基本の持ち物を確認しよう

公園デビューするときには、準備を万全にしておきたいものです。基本の持ち物をしっかりと確認しておきましょう。

【基本の持ち物】

  • 飲み物(子ども用とママ用)
  • 帽子
  • ハンドタオル
  • ハンカチ
  • ティッシュ
ほかにも、公園から自宅までの距離がある場合はおむつやおしりふきなども用意しましょう。夏は汗をかいたり、水遊びをしたりする可能性もあるので着替えを持って行くといざというとき役立ちます。

砂遊びがメインになる1歳児はとにかく公園の後砂だらけになってしまうことがあるので、あらかじめ汚れてもよいスモックなどを着せておくママも多いようです。汚れたスモックや濡れた着替えなどを入れるための袋も忘れずに持参しましょう。

万が一のため、虫刺されの薬やばんそうこうなどあると安心です。

1歳の子どもが遊べるおもちゃも持参しよう

子どもに公園デビューを楽しんでもらうためには、子どもが遊べるおもちゃを持参しておくのがおすすめです。

【砂場遊びセット】

バケツやスコップだけでなく、ひしゃくや型抜きなども一緒にセットで売られているものが多いです。いろいろな道具を使うことで子どもも存分に砂遊びができます。公園デビューの際にはぜひ用意しておきたいですね。

【ボール】

1歳になったばかりだと、ボールを蹴るのは難しいかもしれませんが、投げるくらいならできますね。ボールを投げたり追いかけたりしていれば、全身動かすことになりますから、子どもにとってもかなりの運動量になるはずです。公園でたくさん遊ぶことができたら、家に帰った後にはしっかりとお昼寝をしてくれるでしょう。
59 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事