就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児でもできるお手伝いとは?効果やお小遣い制にするメリット

5歳児でもできるお手伝いとは?効果やお小遣い制にするメリット

子どもが5歳になると、一通り身の回りのことができるようになってきます。そこで、少しずつお手伝いをすることを学んでほしいと願うママもいることでしょう。そこで今回は、お手伝いをすることで子どもが学べることや5歳の子どもができるお手伝いの例、お手伝いをお小遣い制にするメリットなどについてお話しします。

お手伝いをすることで子どもが学べること

責任感がもてるようになる

子どもはお手伝いを通して、色々なことを学ぶことができます。まず、大きなメリットの一つとして、子どもが自分の行動に対して責任感をもつことができるようになりますよ。

たとえば家庭内で、洗濯物をたたむ、食卓テーブルを拭くといったお手伝いを子どもの担当にしてみましょう。子どもは毎回責任をもって自分の役割りを果たすようになります。

もし子どもがするのを忘れていたら、「テーブルを拭くの、お願いね」と優しく注意するようにしましょう。子どもにお願いすると手間取ることが多いので、つい「ママがやるからもういいよ」と言いたくなるかもしれません。しかし子どもにお願いした以上、できるだけ子どもに最後までさせるようにしたいですね。

自立できるようになる

子どもはいずれ成長して、ママやパパの元を離れていきます。将来自立したときのことを考えると、小さいうちからお手伝いをすることにより家事を学ぶことができますよ。

家事が一通りできるようになると、将来自立したときにもスムーズに生活を始めることができます。掃除や料理といったことを覚えないまま自立すると、一人暮らしを始めてから色々と学ぶ必要があるので、落ち着いた生活を送るまでに時間がかかってしまいます。

小さいうちは、子どもに家事をさせたくないという考えもあるかもしれませんが、大きくなったときにきっと子どもに感謝してもらえることでしょう。まずは簡単な家事から教えて、少しずつ身につけさせるように心がけたいですね。

お仕置きや罰として押しつけないことが大切

子どもにお手伝いをお願いするときは、お仕置きや罰の一環として押し付けないことが大切です。

たとえば、子どもがいたずらをしたときに「罰としてお手伝いしなさい」というようにすると、子どもはお手伝いは嫌なものだと感じ、積極的にお手伝いをしなくなる可能性があります。いやいやながらにすると、無駄に時間をかけてきちんとしてくれないということもあります。

また、お手伝いをしたことにより家族の役に立ったという、自分自身の存在価値を感じることが難しくなります。

「ママが大変そうだから、お手伝いするよ」と子どもが思ってくれるような状況が理想的です。お手伝いの後は、「◯◯くんがお手伝いしてくれたから助かった、ありがとう」という一言を忘れないようにしましょう。

5歳の子どもができるお手伝いの例

取り込んだ洗濯物をたたんでもらう

5歳の子どもにお手伝いをお願いするとき、どのようなことをお願いしたらよいのか、どこまでできるのか気になるママもいることでしょう。5歳なら、ママが取り込んだ洗濯物をたたんでもらうのをお願いするのもおすすめです。

たたみ方を教えてあげれば、ひとりできちんとたたむことができますよ。子どもにとっては大きな折り紙をしているような感覚になり、楽しんでお手伝いする子どももいるようです。

たたむついでに、「パパの服はこっち、◯◯ちゃんの服はここ、ママの服はここに置いてね」と家族ごとに分類してもらうと助かりますね。ママがしている姿を見せながら子どもと一緒にたたむと、子どもも衣類ごとにどんなたたみ方をすればよいのか覚えることができ、わかりやすいことでしょう。

幼稚園などで履いている上履きを洗う

幼稚園や保育園に通っていると、上履きがありますよね。しかし上履きはすぐに汚れることが多く、「毎回洗うの面倒だな」と感じているママもいるはずです。

せっかくなら、自分のことは自分でするということを教えるためにも、上履きが汚れたら自分で洗う習慣を身につけさせるのも一案です。お風呂場や庭などでバケツに水をため、その中で洗剤をつけたブラシでゴシゴシと洗うことを教えてみましょう。

子どもは水遊びが大好きなので、遊び感覚で上履きを洗うこともあるようですよ。自分で洗った上履きがきれいになると、きっと子どもも誇らしく思うに違いありません。

汚したら自分自身で洗わなければならないとわかれば、なるべく汚さないように気をつけるようになりますよ。

食事どきの食器の配膳や片づけ

食事の時間になると各料理をお皿によそったり、テーブルに箸置きやお箸を並べたりなど、ちょっとした作業を慌ただしく感じることも多いですよね。こんなとき、子どもにお手伝いをお願いしてみましょう。

落としたら危ないものや熱い食器などはもたせないようにし、ランチョンマットを家族分並べ、お箸を置くぐらいなら5歳の子どもでも十分にすることができます。食事の後は、重たくないものを片付けるのをお願いするのもよいですね。

また、食後のテーブル拭きをお願いするのもおすすめです。食事の前後のお手伝いをできるようにしておけば、そのうちお料理を手伝ってくれるようになるかもしれません。女の子だけでなく男の子でもその辺りの家事能力が高いと、将来きっと役に立つはずです。

お手伝いをお小遣い制にするメリットとは

金銭感覚が身につくようになる

5歳の子どもがいる場合、まだお小遣いをあげていないというママも多いことでしょう。いつ、どのようなタイミングでお小遣いをあげ始めたらよいのか考えているのなら、お手伝いをお小遣い制にしてみるのもよいですね。

子どもと一緒に外出しても、ママやパパのお財布からお金を出して清算を済ませてしまうので、子どもはなかなかお金に触れる機会がないはずです。そのため、小銭やお札を見てもそれがどれぐらいの価値があるものなのか理解しにくいことでしょう。

お手伝いをお小遣い制にすると、金銭感覚を身につけることができるようになりますよ。たとえば、目についたものを買うとすぐにお金がなくなることが分かれば、買う前に金額と財布の中を見比べて考えることができるようになります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事