就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬用ロンパースで赤ちゃんコーデ!おしゃれしながら暖かく着こなそう

冬用ロンパースで赤ちゃんコーデ!おしゃれしながら暖かく着こなそう

ロンパースとは、股下にスナップがあり、上下がつながっている赤ちゃん用の服です。肌着としてだけでなく、ボトムにズボンやスカートなどを合わせることもでき、おしゃれなママの間でも人気ですよ。今回は、冬用ロンパースの選び方やおしゃれなアレンジ方法、一緒に合わせるアイテムなどについてご紹介します。

快適に過ごせる冬用ロンパースの選び方

成長に合ったジャストサイズのもの

ロンパースは首がすわり始める生後3カ月ごろから着せることができます。ロンパースには色々なタイプがあり、前や横開きのもの、肩部分にスナップがあるもの、かぶるタイプのものもあります。

素材は、綿100%のものが多く、サイズは60~95cmが主流で、ノースリーブ、半袖、長袖と袖の長さもさまざまです。

サイズは、できるだけ赤ちゃんの身体に合った大きさのものを選ぶようにしましょう。赤ちゃんはすぐに成長してしまうので、つい大きめを買いがちですが、大きすぎる服は赤ちゃんの動きの妨げになり、怪我をしたり、汚したりする原因となります。

また、同じロンパースでも成長に合わせてタイプを変えていくようにしましょう。ねんねが多い時期は、前開きタイプが便利でおすすめですよ。

長袖のあたたかい素材のもの

冬用のロンパースの素材には、キルトや接結天竺(せっけつてんじく)、パイル地などがあり、どれもあたたかいのでおすすめです。

接結天竺という名称を、聞き慣れないママもいるかもしれませんね。接結天竺とは、天竺素材を二枚重ねにすることで間に空気を含ませて、保温性を保つ素材です。

どれもほとんどが綿100%ですから、手触りなどでママが気に入ったものを選ぶようにしてみましょう。半袖の肌着の上に、あたたかい素材の長袖ロンパースを着せると、寒さもやわらぎますよ。

また、似たものにカバーオールがあります。ロンパースが裾なし、カバーオールが裾ありと認識しているママも多いと思いますが、冬用には裾ありのロンパースも出ているので、その違いは明確ではないようです。

首がすわったら着せやすいかぶるタイプを

ロンパースには、前開きや横開きのスナップタイプ、肩スナップつきのかぶりタイプ、そしてシャツのように着るかぶりタイプがあります。

首がすわるまでは、短肌着やコンビ肌着のように寝かせていても着せられるタイプがよいでしょう。首がすわるとかぶりタイプも着せられますが、できればうつぶせになって頭をあげられるようになるか、おすわりができるようになってからの方が着せやすいかもしれませんね。

じっとしているねんね期はひもやスナップタイプでもよいですが、動き回るようになると素早く着せることができるかぶりタイプが便利です。寝ているときも動きが大きくなってきますが、ロンパースならお腹や背中が出てしまう心配がないので、安心ですね。

冬用ロンパースのおしゃれな着せ方

女の子はレギンスとスカートで可愛く

赤ちゃんにシャツなどを着せると、お腹や背中が出て冷える心配がありますね。一方、ロンパースは上下がつながっていますから、小さめのもので激しい動きをしなければ、スナップがはずれて上がってくる心配もありません。

デザインにもよりますが、ロンパースはTシャツ代わりに利用することができます。女の子なら、ロンパースのかぶりタイプにスカートを合わせて、脚が冷えたりおむつが見えたりしないようにレギンスも履かせるとかわいいですね。

また、上着もカーディガンなどのかわいい服を選んで着せれば、それだけでおしゃれに見えるでしょう。ほかには、ズボンやタイツを着せてもよいですね。

ロンパースにデザインや色が違う服やアイテムを合わせれば、色々なコーディネートが楽しめますね。

男の子はスウェットパンツがかっこいい

パジャマなどでも使われているスウェット生地は、厚手の綿素材で伸縮性、吸汗性、防寒性に優れているため、冬や晩秋の寒い時期に適しています。素材は綿が多いですが、中には防寒のために化繊も混じっていることがありますから、気になるときは表示を注意して見ましょう。

男の子は活発に動くことも多いですから、動きやすいスウェット素材のパンツは楽でよいかもしれませんね。ロンパースをTシャツ代わりに着て、スウェットパンツと上着を着れば外出着のできあがりです。

また、動き回ってすぐにお腹が出て冷えてしまう元気な男の子には、腹巻き付きのズボンもありますよ。これなら股上が深くなりますから、少々転げ回ったり、激しい動きをしたりしても安心ですね。

重ね着風ロンパースなら1枚でコーデが完成

重ね着風ロンパースとは、ロンパース1枚しか着ていないのに、トップとボトムを着ているように見えたり、ロンパースなのに本当のTシャツを着ているように見えるデザインのものです。

Tシャツに見えるロンパースは、ボトムも必要になりますが、トップとボトムがセットになっているものは、一つで完成してしまいます。

男の子なら、シャツと吊りズボン、シャツにズボンとベスト、フォーマルスタイルのデザインのものなどがあります。一方女の子は、シャツに吊りスカート、エプロンつきワンピース、ビスチェ風ワンピース、チュニックとズボン、キャミの重ね着、ブラウスにズボンとカーディガンなどのデザインのものがあります。

一つでコーディネートが決まるので、色々考えなくてすむのが利点ですね。

体温調節に!ロンパースに合わせるアイテム

吸汗性のよい夏用ロンパースを肌着として

通年素材のスムース生地や夏素材の天竺のロンパースは、肌着の代わりとしても使うことができます。半袖や袖なしのもので、脚部分の覆いがないものなら動きを妨げられることもありません。綿100%ですから、肌着代わりに着ていても汗を吸ってくれるので安心ですね。

内側のロンパースが上下つなぎとなっていますから、その上から着る服がTシャツやブラウス、トレーナーでもお腹が出ませんし、スカートをはかせてもおむつが直接見える心配もないでしょう。

冬だからといって、あまりに分厚いロンパースを肌着代わりにすると汗をかき過ぎてしまいますので、肌着代わりにするときはキルトやパイルなどの長袖ではなく、フライスなどの薄いものにしましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND