就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒にシャボン玉遊び!安全に楽しく遊ぶための基礎知識

子どもと一緒にシャボン玉遊び!安全に楽しく遊ぶための基礎知識

空にフワフワ浮かぶ虹色のシャボン玉。子どもは勿論、大人にとっても魅力的な遊びの一つですよね。でも万が一子どもの口にシャボン玉液が入ってしまったら…シャボン玉を作りだす液体はどんな成分なのか、その正体と安全性、手作りのシャボン玉液など、子どもとシャボン玉をより安全に楽しむ方法をお伝えしたいと思います。

シャボン玉の成分はどんなもの?

シャボン玉がふくらむ正体は界面活性剤

シャボン玉が丸くふくらむのはなぜでしょうか。水だけではどんなに頑張って泡立ててみても、その泡はすぐに消えてしまいますね。ストローの先に水をつけて吹いてみても小さな水滴になって落ちてしまいます。

水にはひとかたまりになろうとする表面張力があり、空中に放りだされた水は丸くかたまり水滴になります。そのため水だけではシャボン玉を作りだすために必要な薄い膜を作ることができないのです。

そこで洗剤などに使われる界面活性剤を水に加えてみます。すると本来ひとかたまりに小さくなろうとする性質の水が、小さくなれずに膜のように広がりやすくなります。

また界面活性剤は水の外側を覆うように表面にでる性質があるため、内側が水で外側は界面活性剤という二重の膜ができるのです。この膜に空気を吹き込むとシャボン玉ができます。

内側には空気のかたまりができ、その外側では膜状に広がった水が小さくまとまろうとすることで水が空気を丸く包み込むような状態になります。そして一番外側は界面活性剤の膜でコーティングされ、虹色に丸くふくらむのですね。

市販品はSTマークのついたものが安全

日本で販売されているおもちゃで、日本玩具協会が設定した安全基準を満たしたものには、安全の証として「ST」とかかれたSTマークが表示されています。このマークがついたおもちゃは安全性をふかく考えて作られたおもちゃなので、市販のシャボン玉液を購入するときにはSTマークを目印に選ぶと安心ですね。

また国内のシャボン玉液には、界面活性剤の使用は3.0%以下、蛍光漂白剤や重金属の使用は不可と決まりがあります。残りの96.9%以上は水でできているそうですよ。

また誤飲をふせぐために、香料や甘味料の使用は禁止されていて、ストローでふくタイプのシャボン玉では、一つの容器に対して容量30ml以下、ストローには吸いこみ防止のための穴があいていることとの決まりもあります。誤飲が発生しにくいつくりと、万が一誤飲した際の安全性にも考慮されているようですね。

海外製のシャボン玉液にはSTマークや安全性を証明する表示のないことが多いようです。安心してシャボン玉遊びを楽しむためにも、STマークがついたシャボン玉液を選びたいものですね。

自宅で安全なシャボン玉を作ってみよう

固形石鹸を溶かして作るシャボン玉液

手作りのシャボン玉液なら中にどんな成分が入っているのか分かっているぶん、安心感がありますよね。石鹸には化学物質を使わずに天然油脂を原料に作られた無添加のものもあり、そのような石鹸を使えばより安全にシャボン玉を楽しめそうですね。

固形石鹸でシャボン玉液を作る際は、石鹸が溶けやすいようにぬるま湯を用意して、削った石鹸をいれていきます。粉状の石鹸の場合はそのままいれて溶かします。水と石鹸の割合は、少しずつ調整しながらお好みの分量を探してみてくださいね。

また手作りのシャボン玉液でも、普通の石鹸や洗剤を使った場合は、市販のシャボン玉液よりも危険な成分がふくまれることもあるかもしれません。安全性を重視するなら無添加石鹸がおすすめですよ。

砂糖を加えて割れにくいシャボン玉

実は砂糖にはシャボン玉の膜を強くする効果があるようです。砂糖を加えることでシャボン玉が割れにくくなるなんて驚きですね。

普段口にする砂糖なので、当然口に入っても安全ですね。ぬるま湯で溶かしてから入れるとシャボン玉液と混ざりやすくなりますよ。

ガムシロップやハチミツ、納豆にも同じ効果があるそうです。ハチミツは粘りも強いので、よりシャボン玉が長持ちしそうですね。納豆にもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

市販のシャボン玉液には増粘剤が少量ふくまれることが多いですが、その役割も安全な食品が果たしてくれるなんて嬉しいですね。また緑茶や紅茶にはシャボン玉の発色をよくする効果があるので、一緒に混ぜてみるのもおすすめです。

誤飲防止の安全なストロー

STマークのついたシャボン玉液に付属されているストローには、必ず誤飲防止の穴があいています。万が一ストローを吸ってしまっても、側面に開いた穴から空気が吸いあげられ、シャボン玉液が口に入らないようになっているのですね。

お家でジュース用のストローを使ってシャボン玉遊びを楽しむ場合にも、ストローの側面に穴をあけることで誤飲を防止することができますよ。穴をあけるときは口でくわえる部分よりも下の位置で、なおかつシャボン玉液につからない位置に穴が開くようにしましょう。

ストローをつぶすようにしてハサミで半円形に切ると穴があきますよ。子どもが指で穴をふさいでしまうことがないように、互い違いにいくつか穴をあけておくと安心ですね。

シャボン玉で遊ぶときの注意点とは

小さな子どもの誤飲に注意する

シャボン玉遊びを楽しむうえで一番気をつけたいことは小さな子どもの誤飲です。STマークがついたシャボン玉液や手作りのシャボン玉液でも、飲んでしまうのは避けたいところですね。

飲んじゃだめだよと子どもに伝え、大人が近くについて目を離さないようにしていても誤飲してしまうこともあるかもしれません。万が一誤飲してしまった場合は、すぐに口をすすぐか拭ける範囲で拭きとりましょう。

また牛乳には石鹸の成分を無害化する効果があるので、牛乳を飲ませるのが一番よいようですよ。牛乳がない場合やアレルギーなどで飲めない場合は水やジュースでも大丈夫です。お腹をこわさない程度に飲ませましょう。

万が一嘔吐や下痢がとまらないような場合には医師に相談しましょう。

ストローをくわえながらの転倒に注意

お箸や歯ブラシと違い、シャボン玉液に付属されているストローは短めのものが多いとはいえ、プラスチックの固いストローが喉に突き刺さってしまっては大変です。

特に足元がおぼつかない小さな子どもは、ストローを口にくわえたまま動きまわることがないように、目を離さないように気をつけましょう。また手に持ったまま動きまわることも目に刺さる可能性があり危ないので注意しましょう。

上に兄弟がいると下の子どもも真似して同じように遊びたがるものです。しかし小さな子どもの場合は、ストローをパパやママが手に持ち、子どもにふーっと吹かせてみる、ふわふわ浮かぶシャボン玉を追いかけて手でタッチするといった遊びができると安全でよいですね。

安全で人に迷惑をかけない場所を選ぼう

人が少ない広場や河原ならシャボン玉で思いきり遊ぶことができます。シャボン玉に夢中になっているうちに道路に飛びだしたなんてことがないように、車道から離れた広い場所が安全ですよ。

また、ほかの人に迷惑をかけないように注意しないといけません。せっかく楽しく遊んでいたのに、怒られてしまったら悲しいですよね。

シャボン玉は風にのって思わぬ所まで飛んでいくので、近くにご飯を食べている人がいたら避けた方がよいでしょう。人がたくさんいる場所も避けた方がよさそうですね。

シャボン玉の成分は植物を枯らしてしまったり車や壁にシミをつけてしまったりすることがあります。家の庭やベランダでシャボン玉を楽しむ場合は、ご近所の方への配慮も忘れないようにしましょう。

まとめ

誰でも一度は遊んだことのあるシャボン玉は、大人にとって子どもの頃を思いだすような懐かしさもありますね。パパやママも童心にかえり、子どもと一緒に楽しめる数少ない遊びの一つなのではないでしょうか。

また手作りのシャボン玉液は、大人になった今だからこそ楽しめるものでもありますね。無添加の石鹸で子どもと水遊び感覚で作るのも楽しいかもしれませんね。

誤飲や事故に気をつけながら、周りの方への配慮も忘れず、虹色のシャボン玉を通して親子で楽しい時間をすごしてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018