就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後2カ月で笑い始めた!赤ちゃんが笑う理由と時期を解説

生後2カ月で笑い始めた!赤ちゃんが笑う理由と時期を解説

生後2カ月になると笑い始めたと感じるママも多いですよね。自分の顔を見て笑い返すようになるとママも嬉しく、愛しくなってきますよね。では、赤ちゃんが笑うことにはどのような理由があるのでしょうか。今回は、時期ごとの笑いについて解説していきたいと思います。

赤ちゃんはいつ頃から笑うようになるの?

生後1カ月頃までは「生理的微笑」

赤ちゃんは未熟な状態で生まれてきますよね。そして、1人で生きていくことはできません。そのため、赤ちゃんは笑うことで周りの大人から愛しい存在と感じてもらうための、ママの心をつかむための手段として笑うと考えられています。

「生理的微笑」といわれ、生後1カ月頃まで見ることができます。これは、まだ大脳皮質が未熟なために、筋肉の反射によって、無意識的に起こるものです。残念ながら、嬉しい、楽しいなどといった感情表現ではないようです。

しかし、赤ちゃんが笑ってくれないとママも不安な気持ちになりますよね。笑っている赤ちゃんの方がママも嬉しいはずです。赤ちゃんは本能的にママを安心させ、自分を愛してくれるようにする方法を知っていてすごいですよね。

2カ月頃から始まる「社会的微笑」

2カ月頃になると、周りの大人の刺激に反応して笑うようになります。これを「社会的微笑」といいます。ママが笑ったり、話しかけたりすると笑い返すようになるのはこの時期です。

これは、赤ちゃんの視力の発達にともない始まると考えられています。生後2~3カ月になると、ママの表情を認識できるようになり、ママの表情をマネするようになります。つまり、ママが赤ちゃんを見ているときの優しい微笑みを赤ちゃんはマネしているのです。さらに、赤ちゃんは自分が笑うと、ママも笑顔になると学習していきます。

社会的微笑が始まると、赤ちゃんが周りの人と親密な関係を形成しようと活発に活動し始めます。そのため、これは社会性の芽生えともいわれています。

自分の意思で笑うのは5〜6カ月から

赤ちゃんが自分の意志で笑うようになるのは、生後5~6カ月頃からです。この時期になると赤ちゃんの感情表現は豊かになるので、子育てもより楽しくなってきますよ。

また、よく観察していると、同じ笑いでも、楽しいとき、嬉しいとき、照れているときで微妙に違いがあることに気づきます。意志を表現できるようになった証です。赤ちゃんが笑っているときは、ママも笑い返してあげましょうね。

この時期には、「まんま」「ばぶばぶ」など母音と子音の混ざった、意味を持たない喃語(なんご)という音を発するようになりますが、これから意志を汲み取ることは難しいですよね。まだ言葉で会話をすることができないからこそ、微妙な表情の違いから意志を汲み取れるようになるとよいですね。

どういうときに笑っているか見てみよう

寝ながら笑う「エンジェルスマイル」

赤ちゃんは寝ているときにも、笑っていることがありますよね。これは新生児期や生後1~2カ月頃に見ることができます。そのため、この笑いも生理的微笑の一種です。

アメリカではこの笑いのことを「エンジェルスマイル」とよびます。「天使のくすぐり」や「天使の微笑み」という意味が込められているようです。エンジェルスマイルが見られたら、優しく見守ってあげましょうね。また、このような笑みが見られる期間はとても短いので、写真に残しておくとよいですね。

これは周りの大人が赤ちゃんを愛しいものとして受け取めるのに役立っているといわれています。夢の影響や、人に向けられたものではありませんが、見ているだけで癒されますよね。

ママの顔を見て笑う「微笑み返し」

赤ちゃんは社会的微笑をする時期に入ると、ママの顔を見て笑うようになります。前述のとおり、生後5~6カ月頃になるとママの顔を認識できるようになるため、「微笑み返し」ができるようになります。

また、赤ちゃんの脳には目で見たママの動きや表情をマネする「ミラーニューロン」と呼ばれる機能が備わっています。赤ちゃんが笑っているときに、ママも笑い返すと、赤ちゃんもママの顔をマネして微笑み返すようになりますよ。さらに、よく笑いかけるママの方が赤ちゃんも微笑み返しをする時期が早まるといわれています。

こうしたコミュニケーションを重ねることで、赤ちゃんの社会性も育っていきます。家庭は赤ちゃんの属する最初の社会です。積極的に笑ったり、話かけたりしましょうね。

スキンシップで笑う「あやし笑い」

ママが話しかけたり、触れたりとスキンシップを取ると笑うようになりますよね。これを「あやし笑い」といい、社会的微笑の時期に見られるようになります。

これは、あやしているときのママの顔が笑っていると認識し、それを学習することでできるようになるといわれています。つまり、あやしているママの顔が笑っていないと赤ちゃんもなかなか笑ってくれません。無理はよくありませんが、赤ちゃんをあやすときは笑顔を忘れないようにしましょうね。

ママやパパのスキンシップに反応して笑うようになると、もっと笑ってほしいとあやしたくなりますよね。さらにスキンシップをしながらあやすことで、赤ちゃんの情緒を安定させる効果が期待できますよ。

赤ちゃんにもっと笑ってもらうには?

ママもたくさん笑いかけよう

赤ちゃんがたくさん笑うためには、ママがたくさん笑いかけることが大切と述べてきました。でも「生理的微笑の段階では、ママの表情をわかっていないのでは」と思う方もいますよね。

しかし、赤ちゃんの聴覚はママのお腹にいるときから発達しており、ママが笑っていることを、声のトーンや雰囲気から感じ取っています。さらに、よく笑いかけた方が赤ちゃんも心理的に安定しますよ。

赤ちゃんの視力が発達してくると、ママが笑いかけることは社会性の発達のためにも大切です。ママやパパが笑うことが少ないと、赤ちゃんの社会的微笑がなかなか見られない傾向にあります。ママとパパがよく笑って、赤ちゃんの笑顔が絶えない家庭にしましょうね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC