就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもはいつから元気に走るの?走り始めの注意とポイントをご紹介

子どもはいつから元気に走るの?走り始めの注意とポイントをご紹介

1人歩きも上手にできるようになり、元気よく走り回るようになる時期には個人差があります。お出かけしていても、急に走り始めておいつけなくなることもあり、成長が嬉しい反面、困ってしまいますよね。今回は、子どもが走り始める時期や急に走り回らないための約束、一緒にかけっこをするときのポイントをご紹介します。

1歳半を過ぎると走り出す子が増える

歩きをマスターしていたら走る準備は完了

子どもの成長は早いので、ある日突然できるようになっていて驚かされることがあります。嬉しいものですね。まず子どもはハイハイができるようになり、その後つかまり立ち、1人歩きができるようになります。そして走るためには、1人歩きをマスターする必要があります。

歩きができるようになる時期はだいたい1歳前後といわれています。早い子どもでは、生後8カ月ごろ、遅い子どもでは生後1歳半ごろまで歩き始めないこともあります。体重や体格、成長の早さなどから個人差があるので、あくまで目安だと思ってくださいね。

歩きをマスターした子どもは次第に走り始めるようになります。子どもの多くは落ちてくる葉っぱや風船など、自分が興味を持ったものを追いかけて遊ぶようになりますよ。

最初はつま先でちょこちょこ走り

走り始めるといっても大人のようにはまだ走ることはできません。最初のころは、足に力が入るため、ちょこちょこと小走りをするようになります。

しかし、まだバランスをとることがうまくできないため、つまずきやすく、転倒には注意が必要です。初めのうちは、とがった石や段差の多いところは避け、広く平坦な場所で遊ぶ方がよいでしょう。何度か走っているうちに、自然と走り方が身につき、慣れてくると全身を使って走れるようになりますよ。

また、この時期にはジャンプをしたり、段差を越えられるようになったりと運動機能が発達していきます。2歳くらいで走れるようになるといわれていますが、これも個人差があるので子どものペースに合わせながら、成長を見守っていきましょうね。

2歳を過ぎるとしっかりとした走りに

2歳を過ぎると運動機能もずいぶん発達し、できることも増えてきます。歩くことも上手になり、ママの手を借りなくても1人で先に突き進んでいく様子も見られます。先に突き進んで行ったと思ったら、ときどき振り返ってママの姿を確認するところも愛らしいですよね。

この時期は歩くこと、走ることが楽しい時期です。道路ではママがいなくても先に走っていってしまい、危なっかしくて不安になるママもいますよね。道路や駐車場など、車の通るところではママの手を離さないように約束しておきましょう。

走るだけでなく、両足でジャンプしたり、階段を交互に登ったりもできるようになります。活動の幅が広がると子どもは楽しくて仕方ありませんが、安全には配慮しましょうね。

走り始めたらここに気をつけよう

靴のサイズは合っているか確認

子どもが走り始めたら気をつけたいポイントがいくつかあります。一つ目は靴のサイズが合っているかどうかです。足の成長は気づきにくいので、普段から意識してあげるようにしましょうね。

この時期の子どもの足の成長は特に早く、よちよち歩きの頃は11cmでも3歳になる頃には14cmくらいになります。ぴったりのものを選んでもすぐに成長して合わなくなってしまいますね。しかし大きくなるからといって初めから大きめの靴を選ぶこともよくありません。

靴が大きいと歩きにくくなったり、転倒しやすくなったりと行動に制限をかけてしまいます。子どもにぴったりの靴を見つけたいときは、専門店でサイズを測ってから購入するとよいですね。

室内で走り回る行動には気を付けよう

子どもは屋外、室内問わず、どこでも走り回ります。マンションや上の階に住んでいる場合は特に、室内で走り回る足音が、ご近所迷惑になっていないか心配になりますよね。

下の階への音漏れはクッション性のある床材やラグを敷くことで軽減することができます。また、子どもが室内で走り回るのは運動不足の可能性もあります。日中は積極的に外出すると室内で走ることが少なくなるかもしれませんよ。

最近では公園で遊んでいる子どもの声ですら騒がしいと、騒音トラブルになることもあります。そのため、家庭では家具の配置を工夫しましょう。例えば、隣の家に隣接している壁にタンスや本棚などの大型の家具を置いたり、カーテンを長めのものにしたりするだけで音漏れを防ぐことができますよ。

急な走り出しは危険がいっぱい

手をつないで一緒に歩いていても、スーパーや道端で急に走り出すことがありますよね。この時期の子どもは好奇心旺盛で探索活動が活発になります。そのため、目の前に気になるものを見つけると急に走りだしてしまいます。

ですが道路や駐車場など車が多いところでは危ないですよね。子どもと外を歩くときは当然ですが、ママが道路側を歩くようにしましょう。さらに外では必ずママと手をつなぐと繰り返し伝えていきましょう。

手をつなぐことを嫌がるようであれば、室内でも手をつなぐ練習をしましょう。そして、手をつないだときは、しっかり褒めてあげることで、子どもも嬉しくなり自然と自然と手をつないでくれるようになるかもしれませんよ。

走りが得意な子どもになるためには?

運動神経は遺伝ではなく環境

運動が苦手だから、子どもも運動が苦手なのだと思い込んでいるママはいませんか?実は運動神経は遺伝ではなく、環境によって左右されるのです。自分が苦手だからと、子どもにもあまり運動をさせないでいると子どもも苦手になってしまうのです。

一般に、運動神経とは脳からの信号が脊髄、末梢神経、筋肉を伝わって運動を起こさせる回路のことです。これは幼児期に多種多様な運動を経験することで発達していきます。つまり、積極的に運動できる環境を作ったり、子どもの自信が高まる声掛けをしていったりすると、子どもは運動が好きになり、運動神経も発達します。

仕事をしていてあまり運動をさせてあげられないというママも、休日には積極的に公園に出かけて運動できるようにしましょうね。

「もっと速く走りたい」という想いを育てる

保育園では運動会などでかけっこをすることも多いです。できれば速く走れた方がママも嬉しいですが、速く走る練習といってもどんなことをしてよいのかわからなかったり、なかなか結果が出なかったりしますよね。

また、結果を気にしてしまい、運動会のかけっこで1番になれないと残念に思う方もいますよね。そうすると、子どもにとって運動会は悲しい思い出となってしまいます。まずはゴールまで走りきれたことをしっかり褒めてあげましょう。

小学校就学前の子どもにとって大切なのは、速く走るための練習ではなく、「もっと速く走れるようになりたい」という気持ちを育てることです。そのためにかけっこをするときは、まずは走る楽しさを伝えてあげましょう。

一緒に鬼ごっこ遊びで楽しさを覚えよう

では、どうすれば子どもに走る楽しさを伝えることができるでしょうか?それはママも一緒になって子どもと走り、ママが走ることを楽しむことです。遊びを通して走ると子どももママも楽しみながら走る楽しさを伝えることができます。

おすすめなのが「鬼ごっこ」です。鬼ごっこでは、つかまりたくないという思いから、必死になって走って逃げますよね。このときにダッシュする動きは、かけっこのときとよく似ています。さらに長距離を走る練習にもなるので、一石二鳥ですよ。

ただ単に走るだけだと、なかなか続かないものです。遊びの中で走る経験ができると、子どももママもやる気になりますよね。休日に公園に出かけてぜひ親子で鬼ごっこを楽しんでくださいね。

まとめ

走れるようになると子どもの成長を感じ、嬉しくなりますよね。

運動機能は遺伝によるものではなく、環境による影響が大きいです。「私は運動が苦手だから…」と諦めずに、子どもと一緒に楽しく運動できる機会を作っていきましょう。

走り始める時期や走り方にも個人差があります。周りの子どもと比べず、子どものペースに合わせて成長を見守っていきましょう。そして、「速く走れるようになりたい」という気持ちが育つように、遊びを通してママも一緒に走れるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018