就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

さあ作り置きを始めましょう!基本ポイントと簡単継続できるコツとは

さあ作り置きを始めましょう!基本ポイントと簡単継続できるコツとは

仕事や子育てに忙しいママの強い味方、作り置き。作り置きをすることで、日々の食卓が華やかに、そしてゴージャスに、栄養バランスも整えられるなら、こんなに素敵なことはないですね。今回は作り置きのポイントとさまざまなテクニックをご紹介します。さあ、作り置きの達人をめざしましょう!

作り置きスタート!三つの基本ポイント

作り置きに使いやすい保存容器の選び方

作り置きの保存容器にもいろいろあります。確認してみましょう。

・ホーロー容器
白い容器で有名ですね。鉄にガラスを吹きつけて作られています。直火やオーブンは使用できますが、電子レンジは使用不可です。清潔感があり、華やかですが割合高価なのと傷が付きやすいという弱点もあります。

・ガラス容器
透明で中身の確認ができ、オーブン、直火、電子レンジが使えるものが多いです(ガラス製は耐熱性の有無の確認が必要)。厚みがあるものが多く、少し重いのが弱点です。

・プラスチック製
軽く、サイズやデザインも豊富にあります。安価で数を購入しやすいのもポイント。電子レンジは対応できるのものが多いですが、匂いと傷が付きやすいという弱点があります。

容器も道具も清潔を心がけて日持ちアップ

まな板や包丁は塩素系漂白剤で消毒し、使用後は乾燥して保管します。野菜用、肉用、魚用と使い分けるとよいですね。

まな板を使い分けるママは多いと思いますが、包丁はどうでしょう?使い分けることができない場合は、食材が変わるたびにきれいに洗浄しましょう。

特に魚介類を切った後に漬物など塩分のあるものを切ると、魚介類についていた食中毒菌が漬物の中で増殖することがあります。洗剤と流水でしっかりと洗浄し、消毒して使用しましょう。

保存容器はしっかりと洗浄・乾燥したのち、食品用のアルコールスプレーで除菌しておきます。

意外に見落としがちなのが、ママの手です。爪の間もきれいに洗い、傷があるときはゴム手袋を着用して調理にとりかかりましょう。

保存のポイントは「熱と水気と空気が嫌い」

食中毒菌の多くは、40℃程度の温度、水分、酸素が揃うと、爆発的に増殖します。素早く冷ます・水滴は残さない・空気は遮断することが大切です。

素早く冷ますには、保存容器に入れたものは容器の上下を保冷材で挟む、挟めないものはすのこ状の網を下に入れ、調理台から浮かせて空気の通り道を作るとよいですね。冷蔵庫に入れるのは完全に冷めてからです。

水滴が付くとその部分の塩分濃度が薄くなり、食中毒菌が増えやすくなります。冷ます間、ふたは完全には閉めず、できた水滴は必ず拭き取ってから冷蔵しましょう。

一部の食中毒菌を除いては、酸素がないと生きていけません。保存にはでき上がり量に合わせた容量の保存容器を選び、できるだけ空気が入らないようにして保存しましょう。

簡単楽チンに作り置きする四つの方法

仕上げない作り置き「下味冷凍法」

たとえば、鶏肉を簡単に塩コショウして冷凍します。解凍して焼けばチキンステーキに、トマトソースで煮てチキンのトマトパスタに、チキンカレーにもできます。衣を付ければチキンカツにもアレンジできますね。

塩コショウや塩麹、醤油など基本調味料で下味を付けておきましょう。当日は加熱調理し、仕上げの味付けをすれば作りたての完成です。

切ったり下味を付けたりといった工程は意外に手間がかかるものですし、下味がしみ込むまでも時間がかかります。ここまでしておくだけでも忙しいママには日々の時短になりますね。

簡単でムダのない「ゆでおき法」

味を付けると水が出てしまう野菜や、最初に味付けすると味が濃くなりすぎる食材に向くのがこの「ゆでおき法」です。

にんじん、ブロッコリーなどは塩を入れた熱湯で好みのゆで時間よりも短く、固めにゆでます。葉物野菜はさっとお湯をくぐらせる程度にし、冷水に取ってしっかりと水気を切っておきます。

ほかにおすすめなのが、豚もも肉や鶏むね肉などの「ゆでおき」。これらの肉は、沸騰しない程度の湯で、中心までしっかりと火が通るまでゆでます。冷めるまでゆで汁につけたままにしておくのがパサパサにならないポイントです。

お料理ついでの作り置き「二倍法」

野菜を購入したら、1個まるごと作る予定のお料理に合わせて切ってから冷蔵庫で保存しましょう。毎日の切る手間が省けますね。お味噌汁も野菜炒めも、毎回洗って皮をむいて切って…が不要になり、さっとつかえて便利ですね。

たとえば大根、置いておくと芽が伸び、白い部分は筋ばって硬くなってきます。大根を一度に切ると皮も一本分、結構な量になりますのできんぴらに、これで常備菜がひと品完成しますね。

いろいろな野菜をこのように保存しておくと、料理の手間が省けます。ママの時間も確保できるとよいですね。

洗い物を減らす「レンジ活用法」

ぐずる子どもをあやしながらの調理、火を使うのは危ないし、子どもに気を取られ鍋が焦げたり、洗い物が山のようにあったり…。

こんなときこそ電子レンジを活用しましょう。

ナムルや和えものを作るとき、数種類の野菜を切ってゆでて、調味料を計って和えて…ボールに鍋にざるに、さまざまな調理道具を利用しますね。切った野菜を、固いものから順に保存できる耐熱容器に入れてレンジにかけ、そのまま調味料で和えてしまえば、少なくとも鍋やボール、ざるは使わずに仕上げることができます。

ゆでたり蒸したりする料理に向く方法ですね。

作り置きで食費を節約する三つの方法

節約食材をまとめ買いで食費をカット

スーパーでの特売品、活用していますか?

特売日を確認して週に何回買い物に行くかを決めてしまうと、毎日ちょこちょこと買い物をするよりも「ついで買い」が減り、間違えて同じものを購入してしまう、ということも防げます。

スーパーの広告も確認してざっとメニューを考えて買い物に行くとよいですね。意外に便利なのが切干大根のような乾物類です。忘れずチェックしましょう。煮物、サラダに炒め物、汁ものにも利用できます。

キャベツなどの大きな野菜も、思い切って1個丸ごと購入し、千切りや角切り、また、酢漬けキャベツや塩昆布と合わせた浅漬けなどを作っておくと、ちょっとした箸休めに便利ですよ。

ロールキャベツの予定があるなら、先に外側の大きな葉を取り分けておきましょう。

まとめ作りで食材を使い切る

メニューを考えるとき、前の週に作った分の残り物、買ったけれどそのままの食材の確認からスタートします。乾物も賞味期限があります。ストックにして保存する未開封ものを除いては、早く使い切りましょう。

まずは冷蔵庫に残ったものを使い切る料理を「今日」に持ってきます。その後、新しく購入した食材を使った献立で1週間のメニューを作っていきましょう。

ゆで鶏を作ったら、ゆで汁も捨ててはもったいない。鶏肉が乾燥しないよう保存する分を取ったら、残りはスープに。ブロッコリーなら、花の部分はゆでてサラダにしたり付け合わせに利用し、軸の部分も栄養豊富です。断面を見ると白っぽい筋が丸く入っていますので、その線にそって皮をむき、千切りにするとおいしく食べられます。

作り置きでも飽きないアレンジ使い回し

作り置きしたお料理、毎日同じ味付けだと、家族もだんだんと飽きてきますね。こんなとき、先ほどご紹介した「簡単楽チンに作り置きする四つの方法」が本領を発揮します。

茹でただけの野菜や、ゆで鶏、ゆで豚は、ドレッシングを変え、和洋中の変化もつけられますし、炒めたりサンドイッチの具材にしたり、アレンジは無限にあります。

ひき肉なら、炒めて塩こしょうだけしておくとよいですね。コロッケに麻婆豆腐、厚揚げと炒め煮に、キーマカレーも簡単に作ることができます。

戻したけれど食べきれなかった乾物類は、刻んでハンバーグやコロッケ、ポテトサラダなどに混ぜ込むとおいしいです。せっかく作った作り置き、少し残ったお惣菜も捨てることなく大切に食べましょう。

作り置きでお料理の可能性が広がっていく

レパートリーが増やせる作り置き

このように一つの食材の作り置きがあれば、さまざまな料理に使えるのは本当に便利ですね。

調理法は、炒める、煮る、焼く、生で、調味料により、和風、中華風、洋風、これらを曜日で振り分けると、作れる料理もどんどん増えていきます。

同じレタスのサラダも、手作りしょうゆドレッシングならサラダオイルと塩昆布でアクセントをつけて和風に。ごま油を使うことで中華風になりますし、クコの実や松の実を散らせばぐっと気分も上がりますね。

同様にオリーブオイルとゆで卵、アンチョビ、少しの粒マスタードを加えると、今度はニース風にも仕上げることができます。これですでに3日間楽しめる副菜ができました。今度は1玉では足りないとうれしい悲鳴になることもありそうですね。

レシピに困ったら、「食材名 調理法 和洋中」で検索すると、たくさんのレシピを見つけることができます。家族の年齢や好みに応じて選ぶとよいですね。こうして増えていくレパートリー、家族に好評だったものはSNSにアップしていくと、記録として、アレンジに困ったときに見返すのに便利ですよ。

前日作り置きでおもてなし料理も楽チン時短

普段から仕事に子育てに忙しいママですが、お客様が来たとき、宅配弁当や市販のお惣菜を並べるだけのおもてなしはちょっとさびしいですね。かといって、おもてなし料理のためにママがキッチンに立ちっぱなしでは、ゆっくりとお客様とおしゃべりもできませんし、気をつかわせてしまいます。

当日はいつもより念入りに掃除もしたいし、万が一買い忘れがあったら大変です。

こんなとき、メインは「下味冷凍法」を使ったチキンステーキ、付け合わせは「ゆでおき法」の野菜を温めた温野菜サラダ。そして「2倍法」で作ったスープ、「レンジ活用」のにんじんのラペといったメニューはいかがでしょうか?デザートは簡単に、コーヒーやジュースでゼリーを作っておいてもよいですね。

もちろん、すべてを手作りする必要はないのですが、やはり手作りのお料理はなにものにも代えがたい、最高のおもてなしになります。

作り置きが用意できていると、お客様との時間も楽しめますし、スマートにさっとお料理を出すことができるママに感動されることでしょう。何より、おもてなしのあと、ママが疲れきってしまうことがないですね。

楽しく続ける上級者さんのテクニック

おしゃれで機能的なラベル使い

冷蔵庫のなかに整然と並ぶ保存容器にファスナーつきビニール袋、なんだか味気ないですよね。おうちの中と同様に、冷蔵庫のなかもおしゃれにアレンジしてあげましょう。

かといって、高い保存容器である必要も、すべてが同じシリーズの保存容器である必要もありません。マスキングテープや手作りのラベルシールを用意し、作った日付やどんな味付けにしたのか、どうやって最終の調理をするのかを記載しておきましょう。

冷蔵庫のなかは意外に奥行があり、ちいさな保存容器はどんどん奥のほうに行ってしまい、その存在を忘れてしまうこともあり得ます。せっかく作った作り置きを忘れてしまわないためにも、同じシールを二つ作って、ホワイトボードなどに貼っておくのも一つの手ですね。

慣れてきたらレベルアップ

こうして作り置きに慣れ、レパートリーも増え、家族の生活パターンや食事の量から、作る量も決まってきますね。

今度は栄養価も考えて作り置きを進めていきましょう。現在、野菜は平均的な成人で1人あたり1日350g摂取しましょうといわれています。これは、大人の両手に乗るくらいの量になります。単色野菜だけでも、緑黄色野菜だけでもなく、両方摂ることが望ましいとのことです。

肉類は、手に入りやすい鶏、豚、牛、魚介類を日替わりで、大豆製品も忘れずにメニューに加えましょう。

詳しい栄養価はわからなくても大丈夫です。できるだけ多くの食材を使い、多くの色がテーブルに乗るようにすることを心がけると、自然と多様な栄養成分がとれるようになっていきます。

ライフスタイルに合わせて楽しもう

いくら専業主婦のママでも、子どものことや地域の行事など、忙しいですよね。働くママならなおさらのことでしょう。

食材をまとめ買いしたから、何がなんでも作り置きをしなければならないわけではありません。メニューを考えていたけれど、暑くなったから急きょ冷麺に、急に寒波が入ってきたから、やっぱりお鍋にしましょう、という日も、もちろんあります。

そのままだと傷みやすい食材一つ、下ごしらえに手間がかかる食材一つから、作り置きを始めてみるとよいですね。作り方やアレンジ方法を書いたフセンを作り置きに貼って保存しておくと、飲み会で遅くに帰ったパパが1人で夜食を作ることもできるでしょう。

作り置きのキーワードは「無理せず臨機応変に」ですね。

まとめ

作り置きで時短、節約、アレンジすることで広がるメニューのレパートリー、いろいろなメリットがあることがわかりましたね。

家族の人数や子どもの年齢、食べる量も本当にさまざまです。ママの負担が軽くなる作り置き、少しずつ続けていくと習慣になっていきます。日々料理にかけていた時間を使って子どもと過ごす楽しい時間が増えるとよいですね。

子どもが大きくなってきたらすこしずつお手伝いしてもらって、一緒に作り置きができると楽しいですよ。食卓に上る一生懸命お手伝いしたお料理、きっと最高においしいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018