就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期のスキンシップは子どもに効果的?親子の絆を深める方法

幼児期のスキンシップは子どもに効果的?親子の絆を深める方法

子どもとふれあうスキンシップは、親子の愛情を深めるために欠かせません。さらに、子どもの心を満たし、精神的な自立を促して成長の土台をつくる効果もあります。この記事ではスキンシップ不足が招いてしまう弊害とともに、上手なスキンシップのとり方を紹介していきます。

スキンシップが足りないとどうなるの?

子どもが愛情不足を感じてサインを出す

子どもが愛情不足からさみしさや不安を感じると、それを直接言葉でいうのではなくさまざまなサインに変えて訴えかけてきます。

・わがままをいったり、イタズラをしたりする
・爪噛みや指しゃぶりをしたり、夜泣きやおねしょをしたりする

前者はわざとママを困らせることで気をひこうとしているがゆえの行動です。そして、後者はストレスや不安から起こっているケースがあります。また、表情が乏しい、黒い絵を描くといった場合は深刻な愛情不足に陥っているかもしれません。

愛情不足を感じている子どもは自尊心が乏しく、甘えること自体を苦手としているなどの特徴もあります。親以外の大人に甘えるというのも、親からの愛情不足を他人で補おうとしていることによる行動です。

思春期に非行に走るか不登校になりやすい

もともと思春期は誰でも不安定になりやすい時期で、好奇心から非行に走るケースもありますが、幼児期に愛情不足を感じたまま成長した子どもの方が非行に走るケースが多いとされています。

タバコや飲酒、万引きなどからはじまり、そのうち器物損壊や他人に怪我をさせる傷害などの犯罪をおこしてしまうこともあります。これは、十分に愛情を受けることができなかったストレスを発散させる手段であり、人に迷惑をかけることで自分に対する親の愛情を試しているのです。

また愛情不足から不登校になるケースも目立ちます。遅刻や早退の回数が増え、やがて学校に行かずに引きこもるように。不登校になれば、親が自分を気にかけてくれるという考えから起こるといわれています。

大人になると病気や依存症になりやすい

親からの愛情不足を感じながら大人になると、境界性パーソナリティ障害になりやすいといわれます。この病気は「過度の気分屋」という表現が当てはまり、自分の感情をコントロールできずに人間関係のトラブルを起こしやすいです。ひどくなると精神疾患を招き、自傷行為をくりかえすケースも。

また、人間関係のトラブルを起こしやすいのが特徴。アルコールやタバコ、薬物などに対する「物質依存」、ギャンブル、買物、盗癖、ネット、性などに対する「行為、プロセスの依存」、恋愛、DV、ストーカーなど特定の人との関係に対する「人、関係の依存」などさまざまな依存症があります。

これらは、子どものころに満たされなかった愛情を、代わりのもので満たそうとすることが原因で発症します。

スキンシップが親子ともに大切なワケは?

スキンシップは幸せや愛情を感じる脳を作る

愛情あるスキンシップによって脳から「オキシトシン」というが分泌されます。これは愛情ホルモンとも呼ばれる脳内物質の一種です。人との関係を密接に深める、絆や愛情を強くする、安らぎや幸福感を高めるといった働きをしてくれます。

このオキシトシンは、抱きしめたり頭をなでたりといった愛情のこもったスキンシップを5~10分程度するだけで分泌されて、しかもその効果が1時間ほど続くとされます。さらに、オキシトシンを子どものころによく出しておけば成長してからもオキシトシンを出しやすい脳になります。

つまり、子どものころに十分なスキンシップをし、愛情をしっかり注がれた子どもの脳は、一生にわたり愛情や幸福感を感じやすくなるということです。

スキンシップが子どもにもたらす効果とは?

親が子どもに優しく触れることで、子どもは「人というのは温かくて安心できる心地よい存在である」ということを覚えます。こうして、人への信頼感を育てていくのですね。

さらに、「自分は生きている価値を持った存在である」といった自尊心を持てるようになります。スキンシップによって心が満足するので、自立心もアップ。そのため、安心して他者を信頼し良好な人間関係を築くことができるようになるのです。

また、スキンシップが多い子どもほど、「キレやすい」などの攻撃性や衝動性が低くなり、高い社会性のある子になることもわかっています。これらは、社会の中で幸せに生きていくために必要な要素で、スキンシップによってこうした要素が育っていきます。

スキンシップは親にも効果がある!

スキンシップによって、親も愛情ホルモンのオキシトシンが分泌されます。そのため、親にとっても安らぎやストレス解消といった効果があるのです。

効率よく分泌させるには、ママは子どもを抱っこしたり優しく触れたりする程度で十分ですが、パパの場合はこれでは効果が弱いとされています。パパは、大きく体を動かすような少し刺激的な触れ方のほうがオキシトシンが分泌されやすくなります。

たとえば、ママは子どもをやさしく抱きしめたり、寝る前に頭をなでてあげたりするのが効果的で、パパは体を動かす遊びを兼ねたふれあい方が効果的です。

ちなみに、ママとのスキンシップは子どもの情緒を安定させ、パパとのスキンシップは子どもの社会性を高めるといわれています。

子どもに効果があるスキンシップの方法は?

日常の中に少しずつ取り入れよう

毎日忙しくて、子どもとゆっくり向き合う時間がないというご家庭も多いかもしれません。ですが、基本的にスキンシップというのは肌と肌がふれあえばOKで、長い時間をかけて大げさなことをする必要はないのです。

ギュッと抱きしめてあげるだけでも、子どもは大きな安心感を得ます。幼いながらに、自分はママとパパに愛されているんだと自信を持てるのです。このときに、「ママはあなたのことが大好きだよ」と一緒に伝えてあげるとさらに効果的ですよ。

ふとしたときに、ハグをしたり頭をなでたりするくらいなら、簡単にできるのではないでしょうか?ちょっとだけ意識して、子どもとの毎日の生活の中で少しずつ取り入れていきましょう。

親子で遊びながら楽しくスキンシップ

スキンシップをとる上で大切なことは、楽しみながらやさしく触れ合うことです。いちばん簡単な取り入れ方は、子どもとの遊びです。

たとえば、コチョコチョくすぐり合って遊ぶだけで効果抜群。お医者さんごっこやマッサージごっこをして遊ぶことも肌の触れ合いが生まれます。親子で手を合わせるような手遊び歌で遊ぶのもよいですね。

子どもをひざの上にのせて、本を読んであげることも立派なスキンシップです。一緒にお風呂に入って、お風呂で遊ぶことも素晴らしい効果があります。

コミュニケーションをとりながら笑いあって楽しくふれあうことで、オキシトシンがたくさん分泌されます。スキンシップについて難しく考えずに、親子の時間を楽しむことが大切なのですね。

子どもが求めてきたときに優しくスキンシップ

スキンシップでオキシトシンを増やすには「子どもが求めているとき」に優しくスキンシップをとることがポイントです。逆に、子どもが求めていないのに無理に抱きしめたとしても、子どもの脳からはオキシトシンは分泌されません。

子どもが「抱っこ」を求めたり、くっついて甘えてきたりしたら、抱っこしてあげたり、やさしく頭や頬をなでてあげたりしましょう。また、子どもがもっと遊びたい様子だったり遊びに熱中していたりするときは、そのまま続けさせてあげてください。

子どもが不安を感じたときに満たしてあげることで、子どもは安心感を得るのです。親子でお互いにやさしい気持ちを持ってふれあうことで、互いのオキシトシンが増えますね。

まとめ

幼児期に十分なスキンシップをとることで、子どもが愛情をしっかり感じ、さらに幸福感を感じやすくなり結果的に自立を促してくれます。いわばスキンシップは心の栄養です。

逆に、子どもはスキンシップが足りないと愛情不足を感じて様々な弊害を招いてしまいます。そうならないためにも、できるだけ日常にスキンシップを取り入れたいですね。

じっくり時間をとれなくても、日々のちょっとしたふれあいを重ねることで子どもの心は満たされていくので、無理せず楽しみながら親子でスキンシップしていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018