就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋は赤ちゃんにスリーパーが便利!使うメリットと季節に合った選び方

秋は赤ちゃんにスリーパーが便利!使うメリットと季節に合った選び方

赤ちゃんは大人に比べると寝ている間に体をよく動かします。寝返りの回数も多く、きちんと布団をかけてもいつの間にかずれてしまっているということがありますよね。こんなときは「着る布団」ともよばれるスリーパーが便利です。今回はスリーパーのメリットや選び方を紹介します。

秋に赤ちゃんがスリーパーを使うメリット

布団を蹴ってしまうときの寝冷え対策に

寝ている間も盛んに体を動かしている赤ちゃんは、寝ているときに布団を蹴ってしまうことがよくあります。さらに、体が小さく体温調節機能も未発達なため、寝冷えをしやすく風邪をひくこともありますね。

朝晩の肌寒さを感じるようになる秋は、大人でも寝冷えをしやすい時期です。そのため、夜中に何度も起きて赤ちゃんが寝冷えをしないよう布団をかけ直しているママも多いのではないでしょうか。

しかし、これではママは安心して眠ることができず、睡眠不足になってしまいます。

スリーパーは寝がえりをうったり、足を動かしたりしても布団のようにずれることなく赤ちゃんをしっかり温めてくれます。赤ちゃんの寝冷え対策はもちろん、ママのストレスや負担の軽減にもなりますよ。

そのまま布団へ!寝かしつけが楽になる

寝ぐずりをしてなかなか寝ない赤ちゃんをあやして、なんとか寝てくれたとホッとしたのもつかの間、布団に寝かせたら突然起きてしまったということはありませんか。

寝かしつけた赤ちゃんが起きてしまう理由はさまざまですが、よくいわれるのは「布団が冷たいから」ということです。

スリーパーを着ていると赤ちゃんの体が布団に直接触れなくなりますので、布団の冷たさを軽減することができます。急に体が冷えると目が覚めてしまいますが、スリーパー越しであれば目を覚ますことも少なくなりますよ。

また、寝かしつけのときに体が冷えることを防ぐこともできます。スリーパーがそのまま布団の役割をしてくれるので、寝かしつけが楽になりますよ。

乳幼児突然死症候群の予防効果も

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、それまで元気だった赤ちゃんがなんの前触れもなく、眠ったまま死亡してしまう病気です。

原因は不明ですが体温が上がりすぎることが関係していると考えられています。このことから厚生労働省は、あお向けよりも熱がこもりやすい「うつぶせ寝」と体の温めすぎの原因となる「衣類の着せすぎ」を避けるよう指導しています。

スリーパーは赤ちゃんの体を布団のように頭までおおってしまうということがありません。体を適度に温めながら、熱がこもる環境になってしまうことを防ぐことができますね。

また、冷え対策についやってしまう「布団のかけすぎ」も防ぐことができるので、布団による窒息のリスクも下げることができます。

赤ちゃんが秋に使うスリーパーの選び方

通気性と保温性のある素材を選ぼう

赤ちゃんは大人に比べると代謝がよいため、寝ているときもたくさん汗をかきます。スリーパーの通気性がよくないと、汗がうまく蒸発せず体が冷えてしまいますよ。

また、熱がこもってしまうとSIDSの発症リスクも上がってしまいます。スリーパーを選ぶときは保温性と通気性のある素材の物を選びましょう。

スリーパーにはさまざまな種類がありますが、それほど気温が低くない秋は通気性を重視したガーゼやタオル地のスリーパーがおすすめです。適度な保温性と柔らかさがあるので赤ちゃんの肌を傷つけません。

昼も夜も冷える日は、冬にも使うことができるフリース製のスリーパーが最適です。適度な通気性があり保温性もよく、軽いので体を動かしやすいですよ。

首元が大きすぎないものを選ぼう

スリーパーは服の上から着るということから普通の衣類よりも大きめに作られています。サイズに余裕があると寝返りも打ちやすくなりますね。

しかし、元々大きめに作られているとはいえ、体に対して大きすぎるスリーパーを使用してはいけません。とくに首元が大きすぎると寝返りを打ったときにスリーパーがずれて鼻や口をおおってしまい、呼吸を阻害する危険性があります。

また、脇に紐がついているタイプは、サイズが大きすぎると足が紐に引っかかってケガをするかもしれません。さらに、大きすぎると体の間に隙間ができやすくなるので保温効果も下がってしまいます。

事故やケガを防ぐためにも、スリーパーは体に合ったサイズを選んでくださいね。

日中も使うなら丈はジャストサイズを選ぼう

秋の朝晩や冬の時期など、スリーパーを部屋着として使いたいという場合は、赤ちゃんが立ったときに足が隠れてしまわない丈のスリーパーを選ぶとよいでしょう。

丈が長すぎると立ち上がるときや伝い歩きのときに裾をふんで転んでしまうことがあります。また、家具やおもちゃなどに裾が引っかかる可能性もありますね。

丈が短いと寝るときに足が冷えることが気になるママは、夜寝るとき用とお昼寝用で丈が違うスリーパーを用意しておくとよいでしょう。

複数購入すると費用がかかってしまいますが、つかまり立ちや伝い歩きをする頃はサイズの変化も緩やかになります。また、活動的になると汚してしまう機会も増えますので、洗い替えがあると安心ですね。

スリーパーの使用時期と使うときのポイント

動きが活発になる3カ月頃からあると便利

スリーパーを使い始める時期に決まりはありませんが、赤ちゃんの動きが活発になって布団を蹴ってしまうことが増える3カ月頃からが目安です。

スリーパーには頭からかぶって着るタイプと、肩や脇を紐などででつないだ前後セパレートタイプ、一般のベストのような前開きタイプがあります。赤ちゃんの発達段階に合わせて選ぶとよいですね。

例えば、座ってお着替えが難しい3カ月ごろであれば、寝かせたまま着脱ができる前後セパレートタイプや前開きタイプがおすすめです。座れるようになったら頭からかぶって着るタイプもよいですね。

また、スリーパーには股下にボタンがついたタイプもあります。足を動かしたときにスリーパーがめくれあがるのを防いでくれますよ。

スリーパーの下に服を着せすぎない

布団に比べると薄いスリーパーは保温効果が低そうに見えるかもしれません。ママは不安になって服をたくさん着せたくなるかもしれませんね。

しかし、スリーパーの保温効果は意外と高く、布団と組み合わせて使えば寝冷えすることもありません。冬でも暖房を使う場所では厚着させる必要もなく、薄着で問題ありません。

むしろ、たくさん服を着せることで寝汗をかいてしまうと体を冷やしてしまいます。また、「服の着せすぎ」はSIDSの原因の一つと考えられていますので、できるだけ避けてください。

スリーパーを着て寝ている赤ちゃんが寒そうだと感じたときは、布団の厚みを変えてみましょう。ときどき背中を触って汗をかいていないかチェックしてくださいね。

動きをじゃましない袖なしがおすすめ

スリーパーには袖ありタイプと袖なしタイプがあります。袖があると腕が冷えることを防いでくれるので、より保温効果が高くなりますね。

しかし、ハイハイや伝い歩きなどを始めた赤ちゃんが日中もスリーパーを着る場合は、体の動きをじゃましない袖なしタイプがおすすめです。袖がないのでおもちゃを取ろうとして袖を引っかける心配もありませんね。

また、袖なしタイプは体の動きをじゃましないというだけではなく、着替えさせやすいという特長もあります。

赤ちゃんが寝ている間に、おむつが漏れて着替えさせる必要があるときなど、袖があると着替えに手間取って赤ちゃんが起きてしまうかもしれません。袖なしタイプなら赤ちゃんが起きる確率が低くなりますよ。

まとめ

赤ちゃんの寝冷え対策に便利なスリーパーにはさまざまなタイプがあり、素材、着せ方、サイズなど、赤ちゃんの成長と使用シーンに合わせて選ぶ必要があります。

体に合っていないスリーパーはケガや事故の原因にもなりますので、サイズ選びはとくに注意してくださいね。

また、薄着の赤ちゃんを見ると「もっと服を着せなさい」という年輩の人もいますが、現在と昔では育児法や環境が違うこと、着せすぎはSIDSの発症リスクを高めることなどを説明するとよいでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018