就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳の女の子はどんな遊びが好き?特徴や5歳児ならではの遊び方

5歳の女の子はどんな遊びが好き?特徴や5歳児ならではの遊び方

5歳になると体もぐっと大きくなり、できることが増え、さまざまな遊びが楽しめるようになってきます。特に女の子は精神面の発達も早い傾向にあり、遊びのバリエーションが豊富になるようです。5歳の女の子はどのような遊びを好むのか、室内遊びと外遊び、それぞれ特徴をふまえてご紹介していきます。

5歳児ができるようになることや特徴とは

集団生活でルールを理解できるようになる

みんなと仲よく遊んだり、ときにはけんかをしたりしながら、思いやりの心や、自分の思うようにことが運ばなかったときの心の収め方を学んでいきます。このように、集団生活でのお友だちとのやりとりから、たくさんのことを吸収していくのが5歳児です。

友だちと深く交流したり、大勢で遊んだりということが楽しみになる反面、相手を嫌な気持ちにさせてしまったり、自分が悲しい気持ちになる場面も経験することがあるでしょう。これらの経験も、お互いの気持ちを学ぶよいきっかけといえます。

5歳くらいになると、幼稚園や習いごとなどの集団生活の中から人間関係を学ぶ機会があるため、本当の意味で社会や集団のルールを理解できるようになるのですね。

友だちとルールがある遊びを楽しむ

社会や集団のルールが理解できる5歳児は、友だち同士の遊びのルールも理解して、その決まりの中で遊びを楽しむこともできるようになります。

ルールのある遊びには、かくれんぼや鬼ごっこ、しりとりなどさまざまな種類があります。はじめのうちはルールがよくわからなくても、子ども同士で教えあうことで、いつの間にか笑いあって遊べるようになっているでしょう。

こうして簡単なルールのある遊びができるようになると、難しいルールのある遊びでも少しずつできるようになります。さらには、子どもたち同士で自分たちのルールを決めて遊ぶということもできるようになるのです。

ルールを理解して、それを守って友だちと仲よく遊ぼうとするのが5歳児の特徴です。

バランスがよくなり活発に動けるようになる

子どもは5歳頃になるとより一層活発になり、筋力や体力だけでなく、バランス感覚も発達してきます。個人差はありますが、平均台の上をバランスを取りながら歩くことができたり、片足飛びやスキップなどがうまくできたりするようになります。

ブランコをしっかりと漕ぐ、ジャングルジムに登れる、うんていやターザンロープができるなど、公園にあるさまざまな遊具も、今まで以上にできるようになり楽しめるでしょう。

室内でも屋外でも、たくさん体を動かすことで体力がついて、丈夫な体を育めます。5歳児にとって「遊ぶこと」は単純に「おもしろいこと」というだけではなく、身体能力を高めて健やかな体を育むためにも大切なことなのですね。

5歳児の女の子の室内での遊び方は?

やっぱりごっこ遊びが大好き!

さまざまな経験を通していろいろなことを吸収する5歳児ですが、特に女の子はママのやることを真似したがって、突然大人っぽい言動になったり、おしゃれをすることが大好きになったりする姿も見られます。

そんな5歳の女の子は、やっぱりごっこ遊びが大好きです。ごっこ遊びの設定も、パパやママがいて子どもがいて…という「家庭」だけでなく、先生や園児が登場する「幼稚園」、店員さんとお客さんが登場する「お店屋さん」など、よりリアリティのある内容になっていきます。

ママが一緒にごっこ遊びをする場合、大人からすると「おかしいな」と思うシチュエーションでも、子どもが一生懸命考えて作り出した世界観なので、水を差すことなく一緒に楽しむよう心がけたいですね。

ルールを覚えて楽しむボードゲーム

はじめは簡単なルールから、少し難しいルールの遊びもだんだんとできるようになる5歳児には、ルールを覚えて楽しむボードゲームも楽しめるようになるでしょう。

サイコロをふってコマを進めるすごろくゲームは、「数を数える」、「文字を読む」ことの練習にもなりますし、規則を学びそれに従うという社会性を遊びながら身につけることができます。

また、将棋やオセロなど、ルールを覚えることが少々難しいと思えるようなゲームでも、ルールを教えてもらいながら遊ぶことでコミュニケーション能力を高めるのに役立ちます。

ボードゲームは友だちや家族など大人数で楽しめるので、遊びを通して、人との関わり方を学べるアイテムでもあります。

メイキングトイやお手紙交換も楽しい

5歳の女の子は、手先が器用に使えるようになってきて、ハサミを使って自分の思うとおりの形に紙を切ることができたり、折り紙を折ることができたりするようになります。

そのため、少し複雑なことにチャレンジできるメイキングトイは5歳の女の子の創作意欲を刺激するようです。メイキングトイの中でも、特に、女の子らしいガーリーなモチーフのものや、キラキラしたパーツが入っているものなどが、おしゃれなものに興味を持つ女の子に人気です。

また、5歳になると少しずつひらがなやカタカナなどの文字を覚え、自分で文字を書いて気持ちを伝える楽しさに目覚めるでしょう。覚えた文字を使って、友だちとお手紙交換をする機会が増えるのもこの頃です。

5歳児の外での遊びにはどんなものがある?

冒険心広がるブランコやジャングルジム

先ほども述べましたが、5歳になると運動能力が高まるので、体を思いきり動かす遊びを好むようになってきます。

バランスの取れた動きができるようになるので、ブランコを大きく漕いだり、ジャングルジムの高いところまで登ったり、子どもの冒険心を満たす遊びもたくさんできるとよいですね。

子どもは、外で思いっきり体を動かして遊ぶことで全身の使い方や身体のバランスを自然に身につけていきます。同時に、危険についても学んでいきます。

「危ないから」といって親があれもこれもと制限することは、危険を学ぶ機会を奪ってしまうことにもなるため、ある程度子どもが自分で判断できるようにママやパパが一歩引いて見守るというのも大切です。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事