就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

小学校入学前にプレゼントを送ろう!子どもが喜ぶおすすめは?

小学校入学前にプレゼントを送ろう!子どもが喜ぶおすすめは?

小学校入学のお祝いにプレゼントを考えているけど、なにをプレゼントすればよいのかわからなくて困っている方に、子どもが喜ぶおすすめのプレゼントをご紹介します。どうせなら、勉強や生活に役立つプレゼントを贈りたいですよね。合わせて、お祝いをもらったときの失礼のない返礼の仕方もお教えします。

小学校入学前にプレゼントでお祝いしよう!

小学校入学祝いの相場はどれくらい?

一般的には、入学祝いは親しい身内だけに贈るものです。特別な事情がない限り、お付き合いが深い関係でなければ贈らなくても決して失礼にはあたりません。ですから、職場の同僚や近所の知人のお子さんが入学するときには、入学祝いを心配しなくても大丈夫です。

入学祝いの贈り手としては、親や兄弟姉妹、祖父母、叔父(伯父)や叔母(伯母)などです。ただ特に親の親しい友人の子どもであれば入学祝いを贈ってもよいでしょう。

小学校入学祝いは、祖父母であれば10,000~50,000円、親戚や友人・知人であれば3,000~5,000円が相場です。

入学祝いがあまりに高額すぎては贈られた相手が困ってしまいます。相場を参考にしながら、負担を感じさせない程度の金額にしましょう。

お祝い金はどのように贈ればいいの?

小学校入学のお祝い金は、のし袋にきちんと入れて渡すのが望ましいでしょう。10,000円以上であれば紅白の蝶結びの水引がついたのし袋で、10,000円以下であれば水引が印刷されたのし袋を使うのが一般的なようです。

できれば、お祝いの言葉を添えて直接手渡しをした方がよいでしょうが、遠方など事情があるときには添え状をつけて送る方法でも失礼にはあたりません。

のし袋の表書きには「お祝い」「祝 御入学」と書くのが一般的です。

入学祝いを渡すタイミングも重要です。最もふさわしい時期は、入学式の1カ月前頃が目安です。入学祝いの場合は、うっかり渡し忘れて入学式後になってしまっても失礼には当たりませんが、なるべく早い時期にお渡しするようにしましょう。

お祝いの返礼はどうすればいい?

入学祝いの返礼は、一般的には不要とされています。入学はあくまで身内のお祝いごとであり、家族や親族などのごく親しい関係の人が我が子のように接してきた子どもの入学を祝ってプレゼントをするものだからです。

だからといって、返礼の品物を送らないとしても礼状は出した方がよいでしょう。最近では、礼状の代わりに電話やメールなどでお礼を伝えることも多いようです。その際に、入学式の写真などを添付すると相手にとても喜ばれますよ。

ただし、お子さんがいない友人や知人からお祝いをいただいたときには、もらった金額の三分の一ほどのお返しをするのが一般的です。もちろん、お子さんがいる友人や知人であればお互い様という考え方もありますよ。

勉強に役立つおススメのプレゼントは?

自分だけの文房具「名前入りの鉛筆」

「名前入り鉛筆」は、小学校入学祝いとして定番の贈り物。子どもが学校で最もよく使う文房具で消耗品ですから、プレゼントをされた方はきっと喜んでくれるはずです。

小学校入学前に揃えるものの多くに名前を書く必要がありますので、名前入りの鉛筆であればなおよいでしょう。持ち物一つ一つに名前を書いたりシールを貼ったりする作業は、親にとって大変なのです。

一般的には六角形の軸で2BかBの濃さの鉛筆を選びましょう。鉛筆の濃さの指定やキャラクターなどのデザインのある鉛筆は禁止されている学校があるので、確認をしておいた方が無難です。

合わせて、「赤青鉛筆」を一緒にプレゼントするとよいでしょう。学校では赤鉛筆を多く使うので、「赤:青=7:3」の赤青鉛筆の方が便利です。

時間を意識して勉強できるように「時計」

小学校の入学祝いの贈り物として時計を考えているのであれば、目覚まし時計か腕時計がよいでしょう。

小学校の入学をきっかけにして朝1人で起きる練習をさせたいと考えているご両親にとっては、目覚まし時計は喜ばれるプレゼントです。小学校1年生は時計の見かたを学習しますので、ちょうどよい練習にもなります。

おしゃれでかわいい腕時計も、喜ばれるプレゼントです。放課後や休みの日に友達と遊びに出かけたときに、時間を見ながら行動できるようになるために必要なアイテムです。

また、腕時計は生活科の学習などで使うこともあります。校外でのグループ活動で必需品の腕時計を贈れば、ご両親はもとより、子どもも喜ぶこと間違いなしのプレゼントです。

新しいことに触れられる「図鑑」

図鑑は、特に男の子に喜ばれる入学祝いの贈り物です。乗り物や昆虫、恐竜などに夢中の子どもはとても多いようです。中には登下校のときや休み時間に図鑑を夢中で読んでいる子どももよく見かけます。

書店に行って図鑑を選ぼうとしても数多くの種類の図鑑が並んでいます。電車や飛行機、動物、植物、鳥、魚など、驚くほど豊富です。

図鑑を贈るときには、事前に入学をする子どもがどのようなジャンルに興味を持っているのか聞いておくことも大切です。また、すでに大好きな図鑑を持っているということもあるので、しっかりと確認をしておきましょう。

図鑑をいつも手元に置いて、興味のあることをいつでも調べるという習慣は「学び」の基本です。何冊かセットにして図鑑を贈るのもいいですね。

生活に役立つおススメのプレゼントは?

雨の日でも安心な「折り畳み傘」

コンパクトで持ち運びにとても便利な折りたたみ傘は、小学校の入学祝いにおすすめの贈り物。天気予報で降水確率の高い日には、ランドセルの中に入れておくと安心です。

小学校の中には、置き傘用として折りたたみ傘を用意する決まりがある学校もあります。

折りたたみ傘を選ぶ際には、大きさを確認しましょう。親骨が50~56cm程度のものだと、小学校1年生の子に丁度よいサイズです。親骨が短すぎるとランドセルや荷物が濡れてしまいますし、長すぎるとバランスを崩して危険です。

小学校に入学する子どもにとっては、折りたたみ傘を広げたり折りたたんだりすることは難しい作業です。簡単に折りたたむことができる折りたたみ傘を選んでください。透明なのぞき窓のあるものも喜ばれますよ。

遠足や習い事に最適な「リュックサック」

リュックサックも、小学校でよく使うものです。1年に1度の遠足や校外学習だけでなく、生活科や社会科の校外での活動や運動会のときにもリュックサックを使うよう指示する学校も多くあります。

小学校入学のときに準備するものは驚くほど多くあり、ご両親にとってはリュックサックの用意まではなかなか気が回らず、準備のリストから外れていることが多いでしょう。ですから、ご両親にとってはとてもありがたい入学祝いの贈り物となることでしょう。

リュックサックを選ぶときには、背負ったときのフィット感や軽さ、機能性、デザインなどを考えて選んであげましょう。なお、小学校によってはキャラクターのあるものを禁止している学校があるので、確かめてから選んであげましょう。

好きな本を買える「図書カード」

図書カードは、入学祝いとして年齢に関係なく贈ることができ、とても便利なプレゼントです。図書カードだけでもお祝いになりますし、ご祝儀と別に子どもに直接渡すこともできます。

贈る相手の好みがわからないときにも、図書カードなら安心して贈れます。

小学1年生にとって、自分で本を選ぶという経験は初めてかもしれません。贈られた図書カードを握りしめて親子で書店に出かけ、ワクワクしながら本を選んでくれる姿を思うと嬉しくなりませんか?

図書カードは、500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円と種類が豊富なので、予算に合わせたカードを選びましょう。図書カード有効期限も通常10年と長いので、好きな本が見つかったときに使用できます。

まとめ

小学校入学のお祝いに子どもやご両親が喜ぶおすすめのプレゼントをご紹介してきました。子どもの小学校入学は、その家族にとっては大きな節目です。

親しい間柄であれば、ぜひ一緒にお祝いをし、喜びを分かち合いたいですよね。なにをプレゼントするにしても、小学校入学のお祝いに最も大切なことは相手への心遣いです。

子どもやご両親の気持ちを大切にしながら、相手に気を遣わせすぎないプレゼントを選び、お贈りできるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018