就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼稚園ママで感動的な合唱を!謝恩会までに準備しておきたいこと

幼稚園ママで感動的な合唱を!謝恩会までに準備しておきたいこと

卒園式が近づく季節、謝恩会を意識し始めるママも多いのではないでしょうか?特に初めてのママは、謝恩会がどういうものなのか、練習や当日の流れも気になりますよね。ここでは出し物として多い合唱について選曲のポイントなど紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

幼稚園の「謝恩会」でママたちの合唱を

卒園式後の「謝恩会」とはどんなもの?

謝恩会とは、卒園式の後などに今までお世話になった先生方に対して、感謝の気持ちを伝える会のことをいいます。私立、公立問わず、だいたいの幼稚園で毎年開催されています。謝恩会の主催者は保護者で、子どもたちと一緒に先生をおもてなしします。

初めてのママは、準備も含めてうまく流れについていけるだろうかと不安になってしまいますよね。謝恩会は基本的に役員に選出された数名の保護者たちによって企画運営されていくので、そのほかの保護者は意見を出し合い協力して練習を進めるところから始めていきましょう。

謝恩会は前半で盛り上げ、後半で感動を呼ぶ構成になっていることが理想的です。園児の成長を感じられる感動的な会にしたいですね。

謝恩会の出し物で注意しておきたいこと

卒園生の保護者全員で進めていく謝恩会では、必ずしも協力的な人だけではないことを念頭に置いて出し物を決める必要があります。夫婦ともに仕事をしていたり、下の子がまだ小さかったりと、保護者によって事情はさまざまです。そのため出し物はなるべく練習時間をとらないものや、どんな人でも取り組みやすいものがよいでしょう。

また、卒園生も参加する謝恩会では、一つの会場に大勢が集まる形になるので、会をスムーズに進めるためにもシンプルで進めやすい出し物がよいですね。

あくまでも目的は先生方へ感謝を伝えることですので、全員が安全で穏やかな時間を過ごせる会にしたいですね。「ありがとう」の気持ちが伝われば、きっと思い出に残る会になるでしょう。

ママの合唱で先生へ感謝の気持ちを伝える

謝恩会で行われる出し物で多いのが、ママたちによる合唱です。こちらは卒園生と一緒に取り組むこともできますね。また、園での生活の中で習った歌であれば子どもたちの成長を実感して、先生たちに感動してもらうことができるでしょう。

本番で素敵な合唱を披露するためには、練習が必要です。ですが、ママたちはそれぞれ状況も違い、特に私立の幼稚園であれば遠方から通っている家庭もあるでしょう。その中で全員が集まって何度も練習することは難しいですよね。

そこで、歌詞カードや歌のメロディを共有し、練習は各自自宅で行うようにしているママたちも多いようです。可能であれば、本番前に一度だけでも全員で合わせることができると、より自信をもって歌えるでしょう。

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。子どもが楽しく過ごせる園の特徴や独特の教育方針に迫ってみました。

幼稚園ママで合唱するための選曲ポイント

覚えやすく親子で歌いやすい曲

子どもたちも一緒に謝恩会に参加する場合、合唱で歌う曲は子どもでも内容がわかりやすいものを選ぶとよいでしょう。卒園する頃の年齢になれば、ある程度言葉の意味も理解できるようになります。歌の内容が理解できれば先生への感謝を、気持ちを込めて歌うことができるのでおすすめです。

また、最近では共働きの家庭も多く、練習の時間をとれないというママもいると思います。参加人数が多い場合は全員で合わせることも難しくなります。そのため、誰もが知っているような馴染みのある歌を選ぶことで、練習に要する時間をあまりかけずに合唱を完成させることができるでしょう。

先生方の年齢が若い場合には、そのときの流行の曲を選ぶと一緒に口ずさむことができおすすめです。

先生への感謝の気持ちを歌った曲

定番とはなりますが、ストレートに先生への感謝を歌う内容の曲を選ぶことで、謝恩会の目的である「ありがとう」の思いが伝わりやすくなります。また、「先生」というフレーズが歌詞に入っているとより親しみが湧くので、歌詞と子どもたちの成長を重ね合わせて感動を呼びやすくなります。

選曲する際も、「先生」や「ありがとう」という歌詞の入った曲はたくさんあるので、その中から子どもたちが知っている曲や歌ったことがある曲を選ぶと、練習も進めやすいですね。

先生方は、子どもたちやママが自分たちのために一生懸命歌ってくれていることだけでもとても嬉しく感じるでしょう。そこに重ねて、感謝の気持ちを歌に乗せ、さらに思い出に残る会にしたいですね。

先生と子どもたちとの思い出の曲

謝恩会で歌う曲を子どもたちに選んでもらうという方法もあります。子どもたちは、それまで長い時間を先生方と過ごしていますので、先生が喜びそうな歌や、思い出のある曲を自然と思い浮かべるでしょう。ママたちだけでは歌詞や卒園に合ったものを選びがちですが、子どもたちの視点を加えることで、さらに先生方の共感を得ることができるでしょう。

また、園での思い出を歌った曲もおすすめです。子どもたちやママも、それまでの園での生活を振り返りながら気持ちを込めて歌うことができますし、先生方もそれを聞いて子どもたちが乗り越えてきた多くのことを思い出すことができるでしょう。成長した姿を改めて感じ、感動してもらいたいですね。

感動的な謝恩会となる合唱曲を選ぼう

幼稚園の謝恩会でよく歌われている曲

まずは、保護者だけで合唱を行うときにおすすめの曲を紹介します。一つ目は、いきものがかり「ありがとう」です。歌詞は感謝の言葉がメインになっているので、ストレートに気持ちが伝わりやすく謝恩会にはおすすめです。二つ目は、レミオロメン「3月9日」です。卒業ソングの定番でもあり、知っている人も多いので練習にあまり時間をかけなくても完成させやすいでしょう。

次に、子どもたちと歌うのにおすすめの曲を紹介します。一つ目は「思い出のアルバム」です。定番とはなりますが、園での生活を思い出すことができおすすめです。二つ目は「ありがとうさようなら」です。友だちや教室、先生とたくさんの感謝を伝えることができ、感動的な謝恩会になるでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC