就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳のやきもちに悩んでいるママへ。理由や心がけたいことを知ろう

6歳のやきもちに悩んでいるママへ。理由や心がけたいことを知ろう

子どものやきもちに悩んだことはありませんか。子どもが小さなうちは微笑ましく思っていたママも、6歳となっても続くやきもちへの対応に困ることがあると思います。6歳なんだからという言葉で済ませるのではなく、やきもちを妬く理由やそのときの対処方法を考えていきましょう。

6歳のやきもち、それ赤ちゃん返りかも!

6歳のやきもち、それ赤ちゃん返りかも!

子どもが6歳になっても、やきもちが続いていることに困っているというママもいますよね。そのやきもちは、もしかすると赤ちゃん返りかもしれません。

赤ちゃん返りと聞くと、自我が芽生え始める2~3歳頃に起こる現象と考えられがちですが、環境や状況によっては1~6歳の幼児期にも見られます。特に、自分に弟や妹が生まれたり、保育園や幼稚園に入園したりして環境が変わると生じることが多いようです。

ほかにも、引っ越しやママの仕事復帰、トイレトレーニングなどがきっかけになる場合があります。環境が新しくなり不安な状況になると、ママやパパの愛情を確かめたくなり、赤ちゃんのようにかまってもらいたくなるといわれています。

年齢が大きくても赤ちゃん返りはするもの

赤ちゃん返りは年齢によって少しずつ行動に違いがあるようです。弟や妹が生まれた場合、年齢差が3歳頃までの子どもが赤ちゃん返りをするイメージですが年齢差が大きくても赤ちゃん返りをします。

年齢差が小さい場合は、自分より赤ちゃんに関心が向いているママに対して「もっとこっちを見て」という要求が気持ちの大部分を占めています。また、嫉妬心から赤ちゃんに直接ちょっかいを出すような行動をとることも多いです。

年齢差が大きい場合は、ママのいうことも理解できますし自分がお兄ちゃんやお姉ちゃんになるという自覚もあるので直接赤ちゃんにちょっかいは出しませんが、抱っこを要求したり、自分でもできることをママにしてほしがったり、というような行動をとるようです。

年齢が大きいからこそ繊細な対応が必要

大きい子どもは、甘えるような年齢でもないし、ママから見ても頼りになるので、赤ちゃん返りはしないと思うかもしれませんね。お兄ちゃんやお姉ちゃんになった子どもがわがままをいったり、必要以上に甘えてきたりするとママは戸惑うこともあるでしょう。

年齢が大きくなると、ママの気持ちを考えたり、まわりの状況を理解したりと自分の感情だけで行動することを我慢することがあります。下の子と年齢差が大きい子どもの赤ちゃん返りは、ママに甘えたい気持ちと赤ちゃんを大切にしたい気持ちで揺れ動いている複雑な心境といえます。

年齢差が大きいほど長い間ママの愛情を独占してきたので、寂しい気持ちも芽生えるでしょう。どのような状況でも優しい気持ちで受けとめたいですね。

「上の子可愛くない症候群」について知ろう

「上の子可愛くない症候群」とは?

「上の子可愛くない症候群」という言葉を聞いたことはありますか。下の子が生まれてから、ママが上の子に対してイライラしたり怒ったりして、上の子を可愛いと思うことができない現象をいいます。

ひとりっ子の場合は家庭のなかで比べる対象や必要がなく、可愛いという感情のまま接することができます。しかし、第二子が生まれるとそういうわけにもいきませんね。

ママは生まれたばかりの赤ちゃんに対して守ってあげたいという本能が芽生えますが、上の子に対しては「静かにしてほしい」「グズらないでほしい」などの期待を無意識に抱く傾向にあり、その期待から外れることがイライラにつながるようです。

この現象は多くのママに見られ、珍しいことではないそうですよ。

可愛く思えなくても自分を責めないで

もしママが上の子が可愛く思えないことがあっても自分を責めないでくださいね。

赤ちゃんは無条件に可愛いですし、赤ちゃんを守ろうとすることは本能です。産後の育児の疲れからホルモンバランスも崩れやすく、気持ちに余裕がなく不安定な場合もあります。

このタイミングで上の子がグズったり、ママの気を引きたくて赤ちゃん返りをしたりすると、ママは煩わしく感じ、上の子を可愛くないと思ってしまうかもしれません。まだ幼くて甘えたい上の子には、ママの気持ちを理解するのは難しいですよね。

しかし赤ちゃんがイヤイヤ期や行動が活発になる頃には上の子も成長し、ママを助けてくれるかもしれません。上の子を可愛く思えないのは一過性のものだと捉えて頑張りましょう。

上の子を傷つけないためにできること

上の子を可愛く思えないのは一過性とはいえ、傷つけないためにママができることを紹介しますね。

1.上の子を抱きしめる
ママとのスキンシップが大好きな子どもは、ママの抱っこを独占していたことでしょう。ママに余裕がない場合は3秒だけでもよいですし、寝る前にぎゅーっと抱きしめるでけでも子どもは安心しますよ。

2.ママと2人だけの時間を作る
パパや祖父母に下の子を預けることができる場合は、上の子と2人の時間を楽しんでください。近くのスーパーや公園を散歩するだけの短時間でも、上の子はママが自分だけを見てくれていることに喜びを感じます。

3.つらい気持ちを打ち明ける
パパや祖父母、ママ友などに打ち明けて気持ちをすっきりさせましょう。

甘えることは子どもの成長に欠かせない行為

子どもと向き合って思いっきり甘えさせよう

子どもがママに甘えるのは信頼と安心があるからです。甘え方もさまざまですが、下の子ができた場合を例に甘える理由や対処法を見てみましょう。

・わがままをいう
ママはどこまで自分のわがままを受け入れてくれるのかという愛情の確認をしているケースが多く、例えば子ども自身がいけないとわかっていながら、下の子のお世話の最中にママに自分の要求をせがんだりします。この場合は、叱らずに上の子との時間を作ることで気持ちも安定するでしょう。

・弟や妹にちょっかいを出す
今まで自分を見ていたママが赤ちゃんに注目し、やきもちを妬いていることが多いです。もっと自分を見てほしいという気持ちの表れなので上の子との時間を大切にし、いつも見ているよと伝えましょう。

「甘え」「甘やかし」の違いを知っておこう

「甘え」と「甘やかし」の区別は難しいですよね。この違いを知って子どもの接し方への参考にしてみてくださいね。

「甘え」とは、簡単にいうと子どもの心理的欲求を受け入れることです。例えば、ママのスキンシップや助けを求めてきたり、寂しかったりするときにしっかりと向き合い、優しく応えてあげることです。

甘えさせることは子どもの成長にとって大切なことです。ママに大切にされているという実感が自分自身を認め、さらにその思いがまわりの人を大切にするということにつながります。

「甘やかし」とは、子どもができることをさせずにすぐ大人が助けたり、我慢をさせずにすぐに要求を受け入れたりすることです。特におもちゃやお菓子は典型的な例といえるでしょう。

子どものやきもちはママが大好きなサイン

ママは子どもにとって安心できる存在です。生まれる前からママのお腹の中ですごし、生まれてからもママと一緒の時間をすごすことで気持ちが安定するそうですよ。

そんなママが自分以外の人と仲よくしていたり、下の子のお世話をしていたりすると、子どもはやきもちを妬いてしまうことがありますね。これは赤ちゃんの頃からママと一緒にいた子どもが、自立に向かって成長を始めるときに「ママと一緒がいい」「ママを独り占めしたい」という感情を抱くからです。

もしママがおしゃべりを楽しみたいときや、下の子のお世話のときなどに子どもがやきもちを妬いたら、一度ぎゅっと子どもを抱きしめてあげてはいかがでしょうか。ママも大好きだよと伝えると子どもは安心すると思いますよ。

まとめ

いくつになっても子どもはママのことが大好きですよね。年齢が大きくなっても、ママに気にかけてもらいたい思いから赤ちゃん返りをしてみたり、わがままをいってみたりするというように、理由がわかると、なんとなくママの心にも余裕ができるのではないでしょうか。

子どもは心も体も成長して、いずれママから自立する日がやって来ます。赤ちゃんや年齢が幼い子どもだけではなく、少し大きくなった子どもがママに甘えてきたときにも優しい気持ちで対応して、思う存分、甘えさせてあげたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018