就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

アルカリ性洗剤でのやけどの対処法!特性や安全に使うための注意点

アルカリ性洗剤でのやけどの対処法!特性や安全に使うための注意点

アルカリ性洗剤が素手につくと、やけどと同じような炎症を起こすといわれています。実際、やけどまではいかないものの、うっかりアルカリ性洗剤に触れてしまい手が荒れたというママもいるかもしれませんね。ここでは、アルカリ性洗剤の特性や、万が一やけどをしたときの対処法を紹介します。参考にして安全に使いましょう。

アルカリ性洗剤の特性とやけどの原因

アルカリ性洗剤は油分に強い特性を持つ

アルカリ性洗剤を触っただけでやけどをすると聞くと、かなり強い洗剤をイメージしてしまうかもしれませんが、洗濯用や食器洗い用として市販でも出回っています。意識して買ったことがなくても、実際に使っている家庭は多いでしょう。

一般的に洗剤は、アルカリ性に傾くほど洗浄力が増すといわれています。特に、アルカリは油脂の成分である脂肪酸と反応して一種の石鹸となりそれが汚れを落とすので、油汚れを落としやすいことが最大の強みでしょう。

そのため、ガスコンロや換気扇の油汚れを落とすためのキッチンクリーナーとしても広く使われています。また、垢や血液、食べこぼしなどのタンパク質汚れにも強いので、洗濯用洗剤としても人気です。

アルミの缶に入れ替えると水素ガスが発生

洗剤のボトルに「ほかの容器に移し替えないでください」という表記があるものは多いですが、あまり気にしたことがないママも多いのではないでしょうか。しかし、アルカリ性洗剤を使う場合は、アルミ缶に入れてしまうと中で水素ガスが発生し、爆発する恐れもあるようなので注意が必要です。

また、爆発はしなくてもアルミ缶自体が溶けてしまうので、必ず専用のボトルで使うようにしましょう。

特に、大型スーパーなどへ行くと業務用サイズの洗剤が販売されていることがあります。価格的にはお買い得でよいのですが、詰め替えるボトルを間違える可能性もあるので、正規品のボトルも買ってそこに詰め替えていくと安心ですね。多少費用はかさみますが、確実に安全な方法を取りましょう。

皮膚のタンパク質を溶かしてやけどになる

アルカリ性洗剤が皮膚につくと、皮膚の中のタンパク質を溶かしながら浸透していき、徐々に深部組織にまでダメージを与えてしまうといわれています。これは、やけどをしたときと同様の炎症です。洗剤がついた皮膚は蒼白でなめし皮のようになり、かなりの痛みをともなうでしょう。

高温のものに触れて起こるやけどは、触れた瞬間に痛みや熱さを感じるため反射的に原因物質から離れますが、化学熱傷の場合、触れたときの刺激が弱いので気づかずに処置が遅れることもあるでしょう。接触から時間が経ち、やけどが重症化することは避けたいですね。

また、直接皮膚につかなくても、着ている衣類につくことで間接的に皮膚に触れてしまうことがあるので注意が必要です。

アルカリ性洗剤でのやけどの症状や対処法

アルカリ性洗剤でのやけどは皮膚が変色する

アルカリ性洗剤が皮膚につくと、すぐには何も感じないかもしれませんが、時間が経つとともに赤みやほてりが生じます。徐々に皮膚への浸食が始まっているので、痛みやしびれも出てくるでしょう。

やけどの症状や重さは、洗剤の濃度やどのくらいの時間皮膚に付着していたかによって変わってきますが、普通のやけどよりも時間の経過とともに皮膚深部へ損傷が進行しやすいことが特徴です。

皮膚の深部まで炎症が進むと、水ぶくれを生じたり、皮がむけたりし、ひどい場合には皮膚の潰瘍や壊死に繋がることもあります。ここまで進むころには、強い痛みや皮膚の変色も生じているでしょう。しかし、これはあくまで時間が経ってしまった場合なので、早めに対処して症状の悪化を防ぐことが大切ですね。

多量の水で洗い流しすぐ病院へ行く

アルカリ性洗剤が付着したことによる化学熱傷は、原因となる物質をいち早く取り除くことで重症化を防ぐことができます。直接皮膚についただけでなく、衣類にもかかっているときはすぐに脱ぎ、できるだけ皮膚に付着する時間を短くしましょう。

次に、アルカリ性洗剤がついた皮膚を多量の水道水で洗い流します。アルカリ性洗剤は皮膚につくと表面がぬるぬるします。それを目安に洗い忘れのないようにしましょう。少し水で流したくらいでは落としきれないため、ぬめり感がなくなるまでしっかりと洗い流すことが大切です。

洗い流したらやけどの範囲に関わらず、早めに病院を受診しましょう。その際、原因となった洗剤をボトルごと病院へ持って行くと、発症の経緯を先生に伝えやすいですね。

目に入ってしまったら10分以上水で流す

アルカリ性洗剤は目の表面だけでなく深部にも浸透し、角膜や内部組織に深刻なダメージを与えるといわれています。目に入ったときは痛みでまぶたを開けられないかもしれませんが、原因物質を早く取り除くためにも、指でまぶたを押さえて目を10分以上水で洗うようにしましょう。

冷たい水では余計に目を開けにくいという場合は、常温か少しぬるめの水で行ってみてくださいね。十分洗い流したら、すみやかに眼科を受診しましょう。

目を化学熱傷してしまうと、視力低下や失明の恐れがあるという情報もありますが、家庭用の洗剤ではそれほど大きな後遺症が残るケースは少ないようです。事後対応は大切ですが、心配しすぎず落ち着いて適切な対処ができるようにしたいですね。

アルカリ性洗剤の注意点や安全な活用方法

子どもが誤飲しないように保管場所に注意

洗剤類の誤飲は乳幼児の事故の中でも多く発生しているようです。特にアルカリ性洗剤を誤飲すると、粘膜や皮膚組織への侵襲が強いため、短時間のうちに嘔吐や腹痛などの症状が現れるでしょう。

もしも、子どもが誤飲した場合は無理に吐かせず、牛乳や卵白を飲ませて粘膜の保護を行うことが大切です。その上で、すみやかに医療機関を受診しましょう。

このような事故を起こさないためには、洗剤の保管場所に注意する必要があります。キッチン用の漂白剤や洗濯用洗剤は、使う頻度が高いこともあり取り出しやすいところに置いている家庭が多いかもしれませんね。その場合にも子どもが届かない高さの場所に保管し、別の容器に詰め替えることはしないようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC