就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦ママはどんな靴を会社で履く?重視したい要素とこだわりたい靴

妊婦ママはどんな靴を会社で履く?重視したい要素とこだわりたい靴

妊娠がわかると、洋服などを買い替えるママは多いようです。足がむくんでしまったり、お腹が大きくなって重心が変化したりするので、会社で履く靴も買い替えたいですよね。そこで、今回は会社用の靴で妊婦ママが求めたいことや、おすすめの人気靴をご紹介します。

会社用の靴で妊婦ママが求めたいこと

カジュアルすぎないデザイン

妊婦ママにとって、靴選びは大切です。もし高いヒールを履いていて転んでしまったら、大変ですよね。

妊娠すると、ママの身体はバランスが取りにくくなります。お腹が大きくなって前に重心が移動するからです。また、足元が見えにくくなるのも妊婦ママの特徴です。

ですから、妊娠中は安全を第一に考えて靴を選びましょう。安定感のあるフラットシューズや、低いヒールの靴がおすすめです。

会社用の靴を選ぶときには、フラットシューズでも華やかなデザインやカラーのものを選べばカジュアルすぎず、コーディネートしやすくなります。低反発クッション入りのインソールや、超軽量で柔らかなソールのものを購入すれば、妊婦ママの足にもフィットすることでしょう。

歩きやすさと疲れにくさの機能性

妊娠中はお腹が大きくなるだけではなく、めまいや貧血などで転ぶ可能性があります。歩きやすい、疲れにくいなどの機能性を重視した靴を選ぶようにしましょう。

ハイヒールはバランスを崩しやすく、妊婦ママには歩きにくい靴です。どうしてもヒールがある靴を履かなければいけないときには、ヒールの部分が太くて低いものであれば安心です。

また、体重の増加とともに足がむくむ妊婦ママもいます。クッション性の高い靴を選べば、疲れにくいのでおすすめです。

さらに、産後の赤ちゃんとのお出かけを考えれば、歩きやすくて疲れにくい靴であれば重宝します。赤ちゃんを抱っこしてのお出かけのときのために、安全で歩きやすい靴を探しておくとよいでしょう。

滑りにくい靴底と着脱しやすい安全面

会社用の靴を選ぶときには、靴底に滑り止めがついていれば安心です。通勤のときに雨が降って地面が滑りやすくなっていても、滑りにくい靴底であれば転ぶ心配はあまりありません。

妊婦ママの靴にふさわしいとされているフラットシューズの中にも、靴底がツルツルしていて滑りやすいものがあります。選ぶときには、ゴム素材の靴底かどうかも確かめた方がよいでしょう。

また、脱いだり履いたりが簡単な靴を選ぶことも忘れてはいけません。お腹が大きくなると、しゃがむ動作が辛くなるからです。

紐靴やファスナーの靴は、しゃがんで結び直したり閉めたりしなければなりません。妊婦ママには、立ったままでも脱いだり履いたりが簡単にできる、履き口が広い靴がおすすめですよ。

社内で履き替えられるなら選択肢も増える

妊娠初期から靴を切り替えるママは多い

妊娠がわかっても、おしゃれには手を抜きたくないというママも多いのではないでしょうか。しかし、お腹の赤ちゃんと自分の身体を守るために、おしゃれを楽しみつつ妊娠初期から靴を切り替えるママは多いようです。

妊娠初期は、体調が大きく変化する時期です。お腹の膨らみは目立たないものの、つわりや貧血で苦労するママは決して少なくありません。このような時期にハイヒールを履いていると、ふらついて転倒したり階段を踏みはずしたりすることがあります。

たとえ妊娠初期であっても、転倒した衝撃でお腹の赤ちゃんやママが大事に至る可能性があります。ローヒールやフラットシューズでもおしゃれなものが多いので、お気に入りの靴を探しましょう。

社外はスニーカー、社内はキレイめ靴もあり

接客業や営業の仕事をしている人の中には、勤務中はヒール靴を履かなければならいないケースもあります。明確な規定はないものの、暗黙のルールで働くときの服装に縛りがある企業は多いようです。

このようなときには社内ではヒールなどのキレイめ靴を履き、通勤時など社外で履く靴をスニーカーにするという方法もあります。人混みや段差の多いところでは、スニーカーを履くことにより安全で歩きやすくなるのでおすすめです。

スニーカーは横幅がゆったりしているものが多く、足がむくんでしまっても窮屈さを感じずに履くことができます。デザインやカラーも豊富に揃っているので、おしゃれなスニーカーをみつけて通勤時などに履いてみてはいかがでしょうか。

カジュアルな社風ならナース靴も

働くときの服装や靴は、業種や社風によってさまざまです。金融系などのお堅い業種ではきっちりとしたコーディネートが基本ですが、最近ではカジュアルスタイルの企業も増えてきています。

もし勤務先がカジュアルな社風なら、ナース靴にしてみてはいかがでしょうか。ナース靴は、長時間の立ち仕事でも負担なく動き回れるように開発されたシューズです。通気性に優れていて疲れにくいナース靴は、妊婦ママにはぴったりです。

ナース靴は、一般的にはシンプルなデザインのものが多いようです。しかし、スポーツメーカーなどが開発したナース靴の中にはデザイン性の高いものが多く、周りの人にはナース靴だとわからないものもたくさん販売されています。

妊婦ママが会社で履きたいおすすめ人気靴

定番のバレエシューズは会社でも使える

働く妊婦ママにおすすめのフラットシューズの中でも、定番で人気が高い靴がバレエシューズです。サブリナ・シューズとも呼ばれていて、会社でも使うことができます。

シューズの底が平らであることに加え、足を入れるところが広いので履きやすいのが特徴です。お腹が大きくなってしゃがむ姿勢が辛い妊婦ママでも、楽に履くことができます。つま先が丸みを帯びたデザインになっているので、足がむくんでしまった妊婦ママでも安心です。

バレエシューズはデザインとカラーが豊富で、どのような服でも合わせやすい靴です。素材も革製や布製、エナメル、合皮など種類も数多くあります。ビジネスシーンだけではなくフォーマルな場面など、様々なシーンで履くことができて便利です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC