就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児のぐずりはどんなとき?ぐずったときの対処法と心がけること

4歳児のぐずりはどんなとき?ぐずったときの対処法と心がけること

4歳児のぐずる原因はなんでしょうか。ぐずったとき、どう対処したらよいのでしょう。頻繁にぐずる子どもに悩み、対処法を知りたいというママも多いかもしれませんね。ここでは、どんなときに子どもがぐずるのか、ぐずらなくなるためにできる対処法などをご紹介します。

どんなときに4歳児はぐずってしまうのか

気持ちを上手く伝えられないとき

4歳になると、体は大きくなり言葉もたくさん覚えてくるので、ママは子どもがなんでも分かっているような気になってしまいますよね。しかし、ママが思っているほど気持ちを上手に伝えることがまだまだできない年齢です。子どもがどれくらい理解しているのか、言いたいことは何なのか、普段からよく観察していると子どもの気持ちの変化に気づきやすいと思います。

何かをしようとしたのに思いどおりにできなかった、今しようと思っていたことが妨げられた、失敗を叱られたなど、もどかしい気持ちを抱えているかもしれません。また、自分でどうしてイライラしているのかが分からないときも多いようです。

もやもやする気持ちの原因が分からないのに、それを相手に伝えるのが難しいのは当たり前ですね。

自分の思いどおりにいかないとき

お腹が空いてご飯の前だけどお菓子が食べたいときや、まだまだ公園で遊んでいたいのにママが「帰ろう」と言ったとき、テレビを見ていたいのにお風呂の時間になってしまったときなど、自分のやりたいこととママやパパの要望が違う場合も、ぐずることが多いです。

特に夕方に眠くなってくると、この気持ちに拍車がかかり、ますます機嫌が悪くなります。夕方は主婦にとって忙しい時間帯なので、ママは困りますよね。

この年齢になると、小さなころのように抱っこしてその場から移動させるのも難しくなっていますし、力も強いので暴れると大変です。大人と同じようになんでもやってみたい気持ちが強いので、思いどおりにならないと気持ちが爆発してしまうのかもしれません。

周りの人に甘えたいとき

4歳ごろになると妹や弟ができる子が増えてくるので、赤ちゃん返りをして甘えたい気持ちが強くなる場合もあるでしょう。どんなに大きくなっても、まだ生まれてたったの4年です。まだまだママとパパに甘えたい盛りですよね。

4歳は着替えや食事、お風呂など、なんでも自分の力でできるようになります。幼稚園や保育園ではしっかりしていても、お家ではママに手伝ってもらいたいときもあるでしょう。多くの子どもが母子分離を経験する時期だからこそ、お家では甘えたいのかもしれませんよ。

特に赤ちゃんがいる家庭では、ママを独占できない寂しさや、なんでもお世話してもらっている赤ちゃんを羨ましく思う気持ちから、ぐずりの傾向が強く出る子も多いようです。

4歳の子どもがぐずったときの対処法とは

体を使ってぐずってきた場合

4歳くらいの子どもは、カーッとなると言葉よりも手が出てしまい、ママやお友だちのことを叩いてしまうことが少なくありません。だんだん力が強くなってくるので、お友だちにけがをさせてしまっては大変ですよね。

子どもが感情的になっているときは、大声で叱りつけないほうがよいでしょう。深呼吸をして怒りの気持ちをぐっとこらえ、冷静に対応することが大切です。「何があったの?どうして叩いてしまったの?」と問いかけてみてくださいね。

もしかすると、遊んでいたおもちゃを取られてしまったなど、何か理由があるかもしれません。理由を聞き出せたら「嫌だったんだね」と共感して、気持ちを代弁しましょう。そして「嫌なときは口で言おうね」と、対処法をアドバイスするとよいですよ。

口を使ってぐずってきた場合

成長とともに話し口調は大人と同等になってきて、パパやママにも口答えをするようになります。おもちゃを片づけるように注意すれば「今からやろうと思ってた」と答えたり、「お風呂に入ろう」と誘えば「嫌だ」と反抗したりなど、ときには「ばか」という汚い言葉が飛んでくることもあるかもしれません。

片づけをするときは「じゃあ、お願いね」と声をかけてみる、お風呂を嫌がったときは「ご飯を先に食べる?」と選択肢を与える、「ばか」と言われたときはその言葉には反応せずさらっと受け流すなど、上手に対応をしましょう。

口を使ってぐずぐず言ってくると腹が立ってしまいますが、まずは心を落ち着けて冷静に言葉をかけるように心がけたいですね。

寝るときや起きるときにぐずる場合

眠くなってくると感情のコントロールがきかなくなり、ささいなことで泣いたり、暴れたりするときがあります。幼稚園などに行き始めると、園生活の疲れやストレスから帰宅後にぐずる子も出てきますよ。

そんなときは、子どもの話を聞いて落ち着くように促しましょう。眠る前の行動は、毎日決まった順番や時間で行うと眠りに入りやすいです。

朝起きるときにぐずる場合は、気持ちよく起きることができるように環境を整えましょう。起きて欲しい30分前にカーテンを開けてお部屋を明るくする、朝ご飯の仕度を始めて生活音を聞かせるなどの工夫で、脳が起きる準備をするのだそうです。就寝時間と起床時間はなるべく毎日同じ時間にして、生活リズムを身につけましょう。
36 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版