就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの集団生活の大切さを知ろう!学べることや集団遊びのアイデア

子どもの集団生活の大切さを知ろう!学べることや集団遊びのアイデア

子どもに集団生活をさせる理想の時期について悩んでいたり、集団生活をすることで身につくことやメリットについて知りたかったりするママも多いことでしょう。ここでは、集団生活の大切さや集団生活で学べること、また集団で遊ぶ方法についてもご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもの集団生活はいつから?やることは?

多くの保育園が生後2カ月から預けられる

多くの保育園では、子どもが生後57日(生後2カ月)以上から預けることができます。これは、労働基準法により、ママが産後休業8週間は休業しなければならないと義務づけられているためです。

ただし、保育施設によって対象になる月齢が異なりますので注意が必要です。4カ月や6カ月から、といったように、同じ0歳でも月齢が少し進んでから受け入れ可能になる保育施設が多くあります。

これは、同じ0歳でも首がすわったり、ハイハイができたりと、発育が少し進んでから受け入れることで、集団での保育がより安全に行われるように配慮されているためだといわれています。そのほかには、1歳児から受け入れをしているような保育施設も多くあります。

保育園に預ける理想的な時期

保育園に預ける理想的な時期は決まっておらず、各家庭によって違うといってよいでしょう。昔は3歳までは母親が育児に専念しないと子どもの成長に悪影響を及ぼすといわれていましたが、近年の調査では合理的な根拠がないとして否定されています。

そのため、0歳のうちから保育園に通っても、3歳になってから通っても、子どもの成長に大きな差はないといわれています。保育園に預ける時期は、その家庭の状況に合わせて決めた時期が最適な時期だといってもよいでしょう。

保育園に預ける時期は、家庭でよく話し合って決めるようにしましょう。パパやママの仕事の状況や、教育方針などとの兼ね合いも話し合っておくと安心です。

仕事や家事、育児との両立が無理なくできる時期を考えてみてくださいね。

集団生活に向けてやるべきこと

保育園に通わせることを決めたら、通わせたい保育園のピックアップをしましょう。自宅から通園可能な範囲の園を探し、登園方法が徒歩になるか自転車になるかも確認しておきましょう。

そして、申し込みをする前に保育園の見学をしておくとよいですよ。実際に行ってみないとわからない雰囲気などを確認し、選考基準なども聞くとよいでしょう。

申し込む保育園が決まったら、申し込みの時期や方法について確認をしましょう。認可保育園の場合は、申し込み時期や方法が自治体により異なります。

事前に自治体の保育科の窓口で確認をすると安心ですよ。また、認可外保育園は独自に募集を行っていますので、それぞれの園に入園方法を確認してみるとよいでしょう。

集団生活で学ぶ子どもの成長とは?

あいさつなどの生活習慣が身につく

集団生活では園の先生や友達と接しながら、たくさんのことを吸収します。次のようなことを習慣として身につけることができますよ。

・あいさつ 
気をつけをしてあいさつをしたり、歌って楽しくあいさつをしたりと、さまざまなやり方で毎日行うため自然と身につきます。

・手洗い
食事の前やお絵かきをしたあとなど、頻繁に手洗いをするので忘れにくくなります。自分でタオルを持ってきて手を拭けるようになる子もいます。

・お片付け
園では出したら片付ける、を徹底しているので、習慣として覚えることができます。

・トイレ
園では2~3歳ごろにトイレトレーニングをすることが多く、幼児用のトイレもあるので挑戦しやすい環境です。友達を見て、自分もやる!とやる気になるケースも。

ルールを守ることや日ごろのマナーを覚える

集団生活では、社会で生活する上で必要なルールやマナーも覚えることができます。身につけられる代表的なものをご紹介します。

・人の話を聞くことを覚える
先生の話や絵本の読み聞かせなど、話を聞く機会がたくさんあります。また、友達がどうやって聞いているのか見ることでも、話を聞く姿勢を学びます。

・ありがとうといえるようになる
友達や先生になにかをしてもらう機会が多いため、感謝する気持ちを覚えることができます。また、人のことを助けてあげるという優しい気持ちも育ちます。

・ごめんなさいと謝れるようになる
毎日遊んでいると悪気なく友達を泣かせてしまうこともあるでしょう。友達が誰かに謝っているのを見ることでも、悪いことをしたときに謝る大切さを学ぶことができます。

コミュニケーション能力が身につく

集団生活を始めると、同じ年齢の子どもや園の先生などと接する機会ができ、初対面の人との接し方や遊び方なども少しずつ学ぶことができます。また、いろいろなお友達や先生と接することで、人見知りを改善させる効果も。

このように、大勢の人と同じ時間を共有することで、子どものコミュニケーション能力は高まります。そして、集団生活では、大勢のなかで自分の考えを話したり、人の話をしっかり聞いたりなど、家庭ではなかなかできない経験ができるというメリットもあります。 

毎日の遊びや定期的に行われる発表会など、さまざまな経験を通して子どもの能力が高まります。小さいうちからある程度のコミュニケーション能力を身につけておくことで、その後の対人関係もうまく行きやすくなりますよ。

子どもが育つ集団でできる遊びとは?

2歳の子どもができる集団遊び

2歳は自我が芽生え、イヤイヤ期の真っ最中という子も。運動能力が上がり、それまでより体をたくさん使った遊びができるようになりますよ。

集団で遊ぶときも、たくさん体を使って遊ばせてあげるとよいでしょう。2歳児におすすめの遊びをご紹介します。

・ボール遊び
運動能力が上がるので、みんなで追いかけながら蹴ったり投げたりすることができるようになります。ボールを使ってみんなでサッカーをしたり、的当てなどの簡単なゲームをしたりして遊ぶとよいですよ。

・追いかけっこ
鬼役を交代しながら遊びましょう。相手のこともよく見ていなければならないので、夢中になって遊ぶ子もいます。 体をたくさん動かすことでストレス発散にもなりますよ。

3歳の子どもができる集団遊び

友達への意識が芽生え、集団遊びが楽しいと感じるようになる時期です。ゲームやリズム遊びなどをたくさん取り入れると、楽しく遊べる子が多いですよ。

・だるまさんがころんだ
室内でもできるおすすめの遊びです。急に走り出してしまう子がいるので、忍者歩きをルールに加えるなどして、ぶつかり防止策を加えるとよいでしょう。

・ストップゲーム
ピアノなどの音に合わせて歩き回り、音が止まったら動きを止めます。また音がなったら歩く、というゲームです。「音が終わるまでにお片付けが全部終わるかな?」など、目標を決めるとより楽しめます。

・動物リレー
2チーム以上に分かれ、動物の動きで競争をします。ウサギ、猿、アザラシなどいろいろな動物の種類でやってみましょう。

頭や身体を上手に使えるようになったら

頭や身体を上手に使えるようになったら、次のような遊びをしてみると面白いですよ。

・おしり競争
体操座りをして、よーいどん!でお尻をつけたまま足を上げ、腕を振って前に進みます。先にゴールについた方が勝ちです。おしり鬼ごっこにしたり、後ろに進んで競争をしたりしても楽しめます。

・からだじゃんけん
グーは体育座りをする、チョキは手足を前後に大きく広げる、パーは手足を横に大きく広げる、というようにルールを決め、全身でじゃんけんをします。ポーズを自由に変えてみても楽しく遊べます。

・すわりずもう
2人組で向き合い、体操座りをしたら「はっけよーい、のこった!」の合図でお互いに押し合います。床に手をついたり、おしりを浮かせたり、倒れたりした方が負けです。

まとめ

子どもに集団生活をさせる理想の時期は特に決まっていません。その家庭の状況や教育方針により、自由に決めてもよいでしょう。

いつからどのような集団生活をさせるか迷っている場合は、子どもや家族にとって最善の方法をぜひ考えてみてくださいね。子どもが集団生活をすることで、家庭だけでは学ぶことが難しいことを身につけることができます。

特に、大勢の子どもたちや先生方と触れ合う機会は、子どものコミュニケーション能力を高めます。集団生活を通して大きく成長する子どもの姿を、温かく見守ってあげてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018