就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

紫外線対策はママにも大切!紫外線対策のタイミングやアイテムを紹介

紫外線対策はママにも大切!紫外線対策のタイミングやアイテムを紹介

肌ダメージを防ぐためにも紫外線対策はしっかりしたいところですが、家事や育児に忙しいママの毎日の中ではおろそかになりがちです。そこで今回は、多忙なママにも手軽に紫外線対策ができるアイテムをご紹介していきます。上手に取り入れて、紫外線対策にお役立てくださいね。

ママの紫外線対策はどんなときに必要?

洗濯やゴミ出しなどのちょっとした家事の間

独身時代はしっかりと紫外線対策をしていたというママも、子どもが生まれて家事に育児にと忙しくなると自分のことをつい後回しにしてしまって、紫外線対策も油断しがちではありませんか?

特に、洗濯物を干したりゴミ出しをしたりと忙しい朝は、なおさら紫外線対策を忘れてしまいますよね。

しかし、このようなちょっとした家事の間にも紫外線は肌に降り注ぎます。しかも、洗濯物やゴミ出しは毎日のことです。それぞれにかかる時間は短くても、毎日少しずつ積み重なっていくことで、気がつかないうちに肌に大きなダメージを与えてしまいます。

このように日常に潜むママの「うっかり日焼け」はできるだけ防ぎたいものですね。紫外線対策は朝からしっかり行いましょう。

子どもとの散歩や買い物などお出かけの間

スーパーへの買い物などは、午前中に済ませるというママも多いでしょう。買い物のついでに子どもを散歩に連れ出して、公園で少し遊ばせるということもよくあることではないでしょうか?

しかし、朝10時頃から昼の12時頃にかけての時間帯は、1日の中でもっとも紫外線の量が多い時間帯となるので気をつけたいですね。

また、暖かくなりはじめる4~5月頃は、散歩などの外出に適した時期でお出かけの機会も増えますが、実は紫外線量が急上昇する時期でもあるため、これもまた注意が必要です。

さらに夏から秋頃まで紫外線量の多い状態は続きますから、子どもとの散歩や買い物など、外へお出かけしている間の紫外線対策は欠かすことができません。

実は室内にいるときも紫外線を受けてしまう

紫外線の影響を受けるのは屋外だけではないということをご存知ですか?実は、室内にいても紫外線は窓から差し込んでくるのです。

特にUV-Aと呼ばれる紫外線A波は波長が長いので、雲や窓ガラスを透過して肌の奥にまで届くといわれています。そのため、曇りの日に自宅にいても紫外線を受けてしまうというわけです。

実際、室内にどのくらい紫外線が入るのかという実験では、屋外で浴びる約80%のUV-Aが室内にも入るということがわかっています。室内にいるから安心というわけではないのですね。

このUV-Aは肌の中まで到達し、たるみやシワなどの原因になるともいわれているので、室内にいても日焼け止めは忘れず塗りましょう。

【グッズ】ママの紫外線対策の人気アイテム

「リボン帽子」キュートに紫外線カット

紫外線対策グッズとして、つばの広い麦わら帽子は欠かせないアイテムです。麦わら素材はそれだけでナチュラルなイメージがありますが、アクセントにリボンがついた「リボン帽子」はキュートな印象も加わって、女心を忘れたくないママに人気です。

また、リボンタイプでもバリエーションはさまざまです。リボンの部分が大きめなデザインのものなら、よりフェミニン度が増しますし、幅のせまいリボンならカジュアルなコーディネートにも合わせやすいでしょう。

まとめ髪のときでも深くかぶることができるよう、後ろがカットされたデザインのものもあります。帽子のベースカラーとリボンのカラーの組み合わせによってもイメージが変わるので、お気に入りのものを見つけてくださいね。

「サングラス」目から受ける紫外線もカット

紫外線は目に入ると、目からの情報として脳に伝わって脳が反応し、直接紫外線が当たったときと同じように肌に日焼けの反応を起こします。しかし、目は肌とは違い日焼け止めを塗ることができないため、紫外線を防ぐにはサングラスが有効です。

樹脂素材のセルフレームのサングラスなら、カジュアルな普段使いにぴったりです。デザインもシンプルなものを選べば、さまざまなコーディネートに合わせやすいでしょう。

また、女性らしい印象のものが好みなら、少しクリアがかった軽やかな素材感のセルフレームがおすすめです。特に、明るめのブラウン系なら印象が柔らかくなります。

目からの紫外線対策として、UVカット機能のついたサングラスを一つは持っておきたいですね。

「羽織」でお洒落に紫外線をカット

UVカット機能つきのパーカーやロングカーディガンなどの「羽織」は、肌への直射日光を防げるので日焼け対策に役立ちます。

袖が長くて、親指の部分にサムホールがついているものなら、手の甲部分までカバー可能です。自転車に乗るときやベビーカーを押すときなど、手の甲は意外と紫外線を浴びやすい部分なのでうれしい機能ですね。

首回りの紫外線対策には、スタンドカラーになっていてファスナーで首の上までしめられるものがよいでしょう。また、ストールやカーディガンなど、ボタンの留め方次第で幾通りにも形を変えて使えるケープなら、お洒落に紫外線をカットできます。

薄手の羽織アイテムは、クーラーが効きすぎた室内では防寒アイテムとしても役立つでしょう。

【日焼け止め】ママの紫外線対策のアイテム

「おしろいミルク」紫外線対策と下地が合体

「紫外線対策が重要なことはわかるけど、毎朝忙しくてきちんとケアしている暇がない」というのが、子育てママの本音ではないでしょうか?そんな悩みには、朝の時短メイクが叶うアイテムとして人気の、資生堂エリクシール「おしろいミルク」がおすすめです。

これは、下地がいらない朝用乳液として話題となっていて、SPF50+と高い日焼け止め効果が期待できます。紫外線対策とメイク下地が合体した乳液なので、朝、洗顔したあとに化粧水で軽く肌を整えたら「おしろいミルク」を塗るだけでOKです。

もちろんメイクアイテムとしても優秀で、この1本で肌のツヤ感と透明感がアップしますよ。洗顔料だけでオフできる点も、毎日忙しいママにぴったりですね。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版