就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとの冬のお出かけ!メリットや防寒具を知って親子で楽しもう

赤ちゃんとの冬のお出かけ!メリットや防寒具を知って親子で楽しもう

赤ちゃんとお出かけをしたいと思っていても、冬は寒くて赤ちゃんを外に連れ出すのは心配、という方は少なくありませんよね。しかし、寒い冬でもお出かけをするメリットがあるということをご存知でしょうか。ここではそんな冬のお出かけのメリットや防寒方法、おすすめのお出かけ先などについて、ご紹介していきます。

冬のお出かけのメリットや服装、外出先

寒い冬でも赤ちゃんがお出かけするメリット

赤ちゃんは大人と比べると体温調節が苦手なため、外の空気や服装などに影響を受けて体温が変化しやすいのです。そのため、寒い冬にお出かけすることで、その寒さが刺激となって赤ちゃんの体温調節機能の発達を促してくれます。

また、冬は起床時に体温が上がりにくく、すっきり起きることができない赤ちゃんは少なくありません。そんなときは、お出かけをすると適度な日光浴になり、昼夜の区別がはっきりして生活リズムが整うという効果もあります。

さらにはママの気分転換にもおすすめですので、赤ちゃんが泣き止まないときは外の空気を吸いにお出かけをしてみてはいかがでしょうか。場面が切り替わることですんなり泣き止んでくれることもありますので、ぜひ試してみてください。

冬のお出かけ、赤ちゃんの服装はどうする?

冬のお出かけはつい赤ちゃんに厚着をさせてしまいがちですよね。しかし、赤ちゃんは体温調節が苦手なため、服を着せすぎるとすぐに体温が上がってしまい、逆に薄着にするとすぐに体温が下がってしまいます。

そのため、室内で過ごす服装の上に、風をとおしにくい素材でできたカバーオールやジャンプスーツなどをプラスするようにしましょう。

また、赤ちゃんは手足が冷えやすく、しもやけになってしまうこともあります。そのため、足元はタイツやレッグウォーマーで、手元は手袋で防寒対策をしっかり行うようにしましょう。

お出かけ中は赤ちゃんの背中などをさわって、汗をかいていないか、逆に冷たくなっていないかこまめに確認するようにしてくださいね。

赤ちゃんと行く冬場のお出かけ先とは

冬の寒い時期は暖房がきいた屋内施設がおすすめです。

身近な屋内施設であれば、デパートやショッピングモールがおすすめです。授乳室やおむつ替えスペース、無料で遊べるキッズスペースなどがあるため、ママもゆっくり過ごすことができます。

また、地域の子育て支援センターや児童館であれば、おもちゃがたくさんあって赤ちゃんをたくさん遊ばせることもできますし、同じ月齢の赤ちゃんたちと交流させることもできます。

レジャー施設であれば、水族館がおすすめです。年間パスポートのなかには、2回以上行けば元を取ることができるものも多くあります。大きな水槽を泳ぐ魚を見ることでママの気持ちも癒されるため、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

寒い時期の赤ちゃんとのお出かけの注意点

冬でもしっかり紫外線対策をした方がよい

冬の紫外線量は、夏に比べると1/3程度といわれているため、つい紫外線対策を忘れてしまいますよね。

しかし、きちんと紫外線対策をしてから外で過ごす夏と、なにも紫外線対策をせず外で過ごす冬であれば、冬の方が紫外線が肌に当たってしまうのだそうです。そのため、紫外線が弱い冬でも、しっかり紫外線対策をしてお出かけするようにしましょう。

10~14時の間は、冬でも比較的紫外線が多い時間帯です。紫外線が多い時間帯にお出かけをする場合は、ベビー用のUVカットクリームを肌に塗り、赤ちゃんが嫌がらなければ日差しがカットできるよう帽子をかぶせてあげるようにしましょう。

また、ベビーカーでお出かけをする場合は、日よけをしっかり広げてくださいね。

気温差が少ない日中にお出かけしよう

赤ちゃんとお出かけをするとき、快適に過ごすことができる時間帯はあるのでしょうか。

冬は朝と夕方に一気に冷え込みますよね。その時間帯にお出かけをすると、室内から外へ出たときの気温差が大きく、赤ちゃんがびっくりしてしまったり、風邪をひいてしまったりすることがあります。

そのため、冬は比較的気温差が少ない、9~15時頃までの明るい時間帯を選んでお出かけすることをおすすめします。そのなかでも、特に一番気温が高くなるお昼過ぎにお出かけをすると、暖かく気持ちがよいのでおすすめですよ。

しかし、この時間は先ほどもご紹介したように紫外線が強い時間帯でもありますので、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

風邪が流行る冬は人込みを避けると安心

冬は空気が乾燥するため、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどが流行りますよね。赤ちゃんは大人より免疫力が弱いため、感染しやすいだけでなく、脱水などの症状がひどくなってしまうことがあります。そのため、冬は人混みを避けたほうがよいでしょう。

どうしても人混みが避けられない場合は、菌やウイルスを家に持ち帰らないことが重要です。お出かけから戻ってきたら、大人は手洗い、うがいをしっかり行いましょう。

うがいができない赤ちゃんは、喉をうるおすために水分補給を行います。特に、番茶やほうじ茶は抗菌効果のあるカテキンが含まれているので、おすすめですよ。

また、ウイルスは湿度が高いと活動が弱くなるため、部屋の湿度を50~60%くらいに保つようにしましょう。

冬場のお出かけは赤ちゃんの足元を温めよう

ベビーカーならフットマフで足元すっきり

ベビーカーでお出かけをする際は、フットマフで足元を温めましょう。

ブランケットは赤ちゃんが足を動かしたときに、ずれたり落ちたりする心配がありますよね。しかし、フットマフであれば足元はもちろん、体をスッポリ包み込んでくれるため、赤ちゃんが足を動かしても、ずれたり落ちたりする心配はありません。

また、フットマフにはさまざまな種類がありますが、特におすすめしたいものが、足元にチャックがついているタイプのものです。ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま屋内に入ったときに、チャックを開けるだけで体温調節ができるのでとても便利ですよ。

抱っこ紐用の防寒ケープとしても使用できる2wayタイプのものも、使い勝手がよいのでおすすめです。

抱っこのときはベビーキャリアカバーが便利

抱っこ紐は赤ちゃんとママが密着するため、比較的赤ちゃんが暖かく過ごすことができます。しかし、足は外に出ている状態ですので、冷えてしまいますよね。そのため、抱っこ紐を使うときは、足元を包むことができるベビーキャリアカバーを使うようにしましょう。

フットマフタイプのものや中綿素材のもの、防水加工がほどこされているものなど、ベビーキャリアカバーにもさまざまな種類があります。必要な機能を備えているものを選ぶようにしましょう。

ただし、特定のブランドの抱っこ紐用に作られているものや、フードを付け替えることができず前向き抱きには向かないようなものもあります。購入前に、手持ちの抱っこ紐に合うかどうか確認してくださいね。

レッグウォーマーやジャンプスーツを使う

ベビーカーでお出かけをする際は、ジャンプスーツもおすすめです。靴下が付いているようなものや、足元を折り返すと足元を覆うことができるようなものを選べば、防寒もできますし、赤ちゃんは自由に足を動かすことができます。

中綿素材など暖かい素材のものを選べば、薄手のブランケットをその上からかけるだけで十分暖かくなりますよ。

また、抱っこ紐でお出かけをする際は、レッグウォーマーもおすすめです。ベビーキャリアカバーを使っているときでも、靴下とレッグウォーマーを履かせておくと、足元が冷える心配がないのでおすすめです。

外に長時間いなければならないときは、足先まであるタイツをはかせておくと、より安心ですよ。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんと冬にお出かけをするのは少し気が引けるし心配と思っていた方も、冬にお出かけをするメリットや防寒方法などがわかり、これからはもっとお出かけをしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。

ママも赤ちゃんもしっかりと防寒対策をすることで、冬も快適にお出かけをすることができます。こちらでご紹介した内容を参考に赤ちゃんの体を寒さから守りながら、冬のお出かけも楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018