就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働き女性のメリットとデメリット!安定収入で平和に暮らそう

共働き女性のメリットとデメリット!安定収入で平和に暮らそう

夫婦二人のみの家庭、子どもがいる家庭、どちらの場合も共働きをしていることがもはや当たり前といってよいくらいになりましたね。しかし、共働きの場合、女性側になにかしらの負担がかかるケースが多いです。共働きをする女性のメリットやデメリット、負担を軽くするための方法を交えてご紹介していきます。

共働きすることでの大きなメリット

なんといっても収入が増えること!

共働きをするということの最大のメリットは、収入が増えるということです。女性の場合、パートタイム、正社員、契約社員などの雇用形態を自身の状況に合わせて選択しやすいので、どの程度収入が欲しいのかによって雇用形態を考えてみるのもよいでしょう。

正社員や契約社員であれば、もしかしたらパパと同じくらいの収入、もしくは職種によってはそれ以上の収入を見込める場合もあるかもしれません。パートタイムであっても働く時間によってはそれに近い収入を目指すことも可能になります。

収入が増えることはメリットではありますが、共働きは慣れるまでがとにかく大変です。これまでの生活リズムが激変しないように家族全員で協力し合うことも大切ですね。

育児だけに縛られなくて視野が広がる

これまで育児に専念していたママが仕事をするようになることで、急に世界が広がったように感じるそうです。育児中は、基本的には子どもと24時間向き合っているため、毎日の生活リズムや行動範囲もある程度決まってしまいます。

育児に縛られることは決して悪いことばかりではなく、いずれ子離れしてしまう我が子と過ごせる貴重な時間でもあります。しかし、育児中には社会との接点が極端に狭くなり、家族以外の人と会話をしないということも珍しくありません。

すると、なんとなく社会から孤立したような寂しさを感じたり、自分の存在を悲観してしまったりすることもあるようです。共働きをすることで、これまで接することのなかった人たちと接する機会も増え、日常生活での視野が広がります。

一馬力のリスクが軽減して安定する

パパだけの収入で十分に生活していける家庭もあるかと思いますが、それでも夫婦共働きで働くことは一馬力だから起こりうるリスクの軽減ができ、生活の安定が期待できます。一馬力だから起こりうるリスクとは、例えばパパが急な休業をする必要が出たり、退職しなくてはいけなかったりする場合です。

急な休業とは、けがや病気で長期入院や自宅療養の必要がある場合などです。その場合にも傷病手当金などである程度の収入はあるものの、それまでの収入より少なくなる場合もあるのです。

また、不景気な状態が続き、リストラの対象になる可能性も0ではありません。このような場合、共働きであればママの収入があるのでしばらくの間乗り切ることも可能になります。

共働きすることでの残念なデメリット

入るお金も増えるけれど意外と出費も増える

共働きをすると必然的に収入は増えることになりますが、それに比例して出費が増えてしまうことも珍しくありません。共働きをすることでママの負担は多くなり、それをカバーするために出費が増えてしまうのです。

一番増えやすい出費といえば、食費です。ママが仕事から帰宅する時間が遅い場合、夕食を作る時間がなかったり、疲れて作りたくないと思ってしまうこともあるでしょう。

こうなるとお惣菜を買ったり外食をしたりする機会が増え、食費が上がる可能性があります。そのほかには税金などでしょうか。

税金は収入が上がるとその分上がるような仕組みになっています。税金をしっかりと納めることで老後などの生活は安定しますが手元に残る金額は少なくなりますね。

家事や子どもと触れ合う時間が減ってしまう

専業主婦のときの生活リズムと、仕事をしてからの生活リズムは、まったく同じになることはありませんよね。家事や子どもと触れ合う時間を減らし、仕事をする時間にあてているためです。

これは仕事をしている以上、仕方のないことではありますが、このことがママや子どもたちにとってデメリットに感じてしまうことがあります。満足な家事ができないことや、子どもと触れ合う時間が短くなり寂しい思いをさせてしまうのでは、こんなことを感じるようになり仕事をしてよかったのかと疑問に思うママも多いようです。

共働きを始めてしばらくするとこの状態にも多少慣れてくるとは思いますが、最初のうちはママや家族にもストレスを感じさせてしまうこともあるかもしれませんね。

毎日が忙しくてママのストレスがたまる

共働きをするようになると、ママの毎日は本当に慌ただしい状態が続くようになります。仕事のある日には仕事、家事、育児を限られた時間のなかでこなさなくてはいけませんし、それができないときには休日にまわしてこなす必要があるので、実際には休日という名の稼働日となってしまう可能性が高いです。

なにもせずにのんびり過ごすということはママにとって難しいこととなる場合が多いので、毎日の忙しさによってママのストレスがたまりやすくなります。ママが頑張れば頑張るほど抱えるストレスは大きくなるばかりです。

子どもが小さい場合やパパの協力を得ることが難しい場合にはさらにストレスが大きくなってしまうことも考えられます。

共働きのデメリットを解消するための方法

家計管理をしっかりして無駄な出費を抑える

共働きをしていても出費が増えるデメリットを解消するためには、家計管理をしっかりして無駄な出費を最小限に抑えるように意識することが大切です。最近ではパソコンやスマートフォンで簡単に家計簿をつけることができます。

どんなものに対してどのくらいの出費があるのかを把握することで1カ月の収支がわかるようになります。収入が増えるとどうしても財布の紐が緩みがちになります。

小遣いの額や娯楽費などをかけすぎていないか、収入に対して十分な額を将来のための貯蓄に回せているのか。現状を確認することで、無駄な出費を抑えることができます。ただ、あまりにも家計簿を細かくつけすぎるとそれが負担となってしまう恐れもあるので、ざっくりでよいのでチャレンジしてみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC