就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

業種変更を考えるワーキングマザーへ!失敗しない心がけと求職方法

業種変更を考えるワーキングマザーへ!失敗しない心がけと求職方法

子育てをしながら仕事を続けていると「今の仕事は時間の融通はつくけれどやりがいはないな」「時間的に厳しいから転職したいな」と思い、異業種への転職を考えるママもいるのではないでしょうか。ここでは、異業種への転職で気をつけておくべきことや成功の秘訣などをご紹介します。

業種変更のための転職に失敗しない心がけ

なぜ転職したいのかしっかり考える

職場で何か嫌なことが続いたり、毎日単調な業務でやりがいを感じなかったり、給料が少なかったりなど、転職を考えるママにはそれぞれ理由があるでしょう。

業種変更をしてまで転職するのなら、こういった不満を解消できないと転職のメリットがありませんよね。「やはり転職してよかった」と思えるように、なぜ転職したいのかをしっかりと考えることが大切です。

この理由をしっかりと考えることで転職先を選ぶときの条件も明確になり、転職活動がしやすくなりますよ。ただ、転職したい理由は一つとは限りませんよね。すべてが条件どおりの転職先はなかなか見つからないと思いますので、いくつかある理由の中から、優先したいことを絞るとよいでしょう。

憧れやイメージで新しい業種を選ばない

同じ業種への転職でも会社が変わると、仕事内容や会社の雰囲気などが予想していたものと違い戸惑うことがあります。経験のない業種への転職となると「どのような仕事内容なのか」「給料事情はどれぐらいなのか」など、詳しく知らないことが多いですよね。

「ママに人気の職業ランキングに入っていたから」「やりがいを持てそうな仕事だな」など、憧れやイメージで新しい業種を選ばないようにしましょう。友人ママの中にも小さいころからの憧れでパン屋さんで働いている方がいますが、作業を分担しているので初めから仕上げまではできないのが残念だと言っていました。

「やりたい仕事はほとんどさせてもらえない」「前の職場のほうがよかった」と思うことのないようにしたいですね。

転職先のリサーチを怠らない

業種変更での転職に失敗しないためには転職先のリサーチは欠かせないでしょう。リサーチ不足で失敗した方の体験談をご紹介します。

・憧れの業種へ転職してやりがいは感じたけれど、想像以上に忙しく子どもとの時間を作れなかった。

・人材派遣会社からの紹介で「子育てしながらでも働きやすいですよ」という言葉を信じてしっかりと調べずに転職したら、急な休みに対応してくれないし、定時に帰りづらい雰囲気だった。

・保育園のお迎えがあったので、時短勤務を使えることを条件に選びましたが、早めに退社した分はほかの日に残業しなければならなかったり、休日出勤もあったりして大変だった。

求人情報だけを参考にすぐに決めてしまうと後悔するケースが多いようです。

ワーキングマザーが転職先を探す方法

ママに特化した求人サイトで探す

転職先を探すときに「保育園の送迎ができる時間で」というように、子育てに配慮してくれることを優先して選ぶママが多いのではないでしょうか。

ただ、たくさんある求人情報の中から気になる業種を見つけて、そこからさらに条件や待遇などを細かく見ていくとなると時間がかかり大変ですよね。

最近では、以下のようなママに特化した求人を掲載しているサイトも存在しますので、利用すると希望の仕事をみつけやすいかもしれませんよ。

・しゅふJOBパート
・おしごとレシピおしごとレシピ
・女の転職type
・ママの求人

ほかにも、自分で探すのが難しい方のために、相談や面接対策などのサポートをおこなってくれる求人サイトもありますので利用してみてくださいね。

マザーズハローワークに相談する

マザーズハローワークは、子育てをしながら仕事を探しているママ向けの就職支援施設です。前の仕事を辞めてからブランクがある方や子どもの保育園の送り迎えで時間に制限がある方はもちろん、在職中で転職を希望している方も利用することができます。

受付で求職申込書に名前や希望する仕事、収入、休日などを記入すると、それをもとに相談員の方が改めて今の状況や就きたい職種を聞き取りながら、コンピューターにデータを登録してくれるので、気軽に利用してくださいね。

自分で求人検索することもできますし、相談員の方に個別で相談することもできます。

子どもを連れて行っても、保育士さんのいるキッズスペースやベビーベッド、授乳スペースなどもあるので安心です。

知人や友人、前の会社のツテも利用する

求人情報や企業のホームページなどを見ると、勤務時間や福利厚生などを知ることはできても、社内の雰囲気や人間関係などまでは知ることができませんよね。

転職を成功させるためには、そういった情報から読み取れないことを知っておくことも大切です。そこで、知人や友人、前の会社のツテなども利用してみましょう。より詳しい情報を収集することができますよ。

また、友人から会社の詳しい情報を聞いた上で「この会社は実際に小さい子どものいるママも働いているし、雰囲気もよくて働きやすいよ」などとアドバイスをもらえると安心ですよね。

前の会社のツテで紹介してもらった場合、企業側にとってもどのような人材なのかということを事前に把握できるのでメリットがあります。

異業種への転職を成功させるためのポイント

未経験者が受け入れられやすい職場を探す

最近は、企業側が即戦力となる人材を求めていることが多いです。求人情報に「未経験者歓迎」「未経験OK」と掲載されている場合でも、あまりにも違う業種からの転職だと採用されにくいかもしれません。

業種変更での転職では、業種は違うけれども今までしていた仕事に関連のあることを選ぶパターンが多いようです。たとえば、今までは美容商材の法人営業をしていた方が化粧品メーカーの営業に転職するというように、何か関連性があると受け入れられやすいでしょう。

また、転職情報サイトの調べによると、未経験者を歓迎している企業は多く、中でも特に多いのは美容系や販売系、配送、保育などのようです。割合の高い業種ほど採用されやすいかもしれませんね。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版