就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働き家庭の夕食問題。子どもに手早くご飯を出すためのテクを伝授!

共働き家庭の夕食問題。子どもに手早くご飯を出すためのテクを伝授!

多くの働くママが帰宅後に真っ先に取りかかる家事、それは夕食作りではないでしょうか。なるべく子どもを待たせずに夕食にしたいけれど、時間のやりくりはなかなか難しいものです。そこで今回は、働くママにとって憂うつな『夕食問題』を解決できるアイデアを紹介していきたいと思います。

毎日の夕食を少し楽にするためにできること

毎日の夕食のおかずを少しだけストックする

毎日食事を作っているとおかずやご飯が残るときがありますよね。それを冷凍保存しておきましょう。

子どもがグズると、ママも焦ってしまい料理どころではありません。夕食が入らなくなると分かっていながらも、空腹がかわいそうだとついお菓子をあげてしまうママも少なくないはずです。

そこで便利なのがストックおかず。解凍するだけで食卓に出せますし、お菓子と違って栄養満点なのでママも罪悪感を抱かずに済みますね。毎日少し多めに調理するだけなので、手間がかからないのが忙しいママにとってなにより嬉しいところです。

今日から始められる方法ですのでさっそく試してみてはいかがでしょう。おかずのストックが難しいときは、おにぎりのストックがイチ押しです。

子どもは取り分けメニュー。別で作らない

子どもが小さいうちは個別で離乳食を用意するのも手間がかかって大変です。離乳食を冷凍保存しているママもいるでしょうが、気付いたらストックが切れていた!なんて大慌てすることも。

そんなとき覚えていると便利なのが取り分けメニューです。わざわざ1から離乳食を作るのではなく、大人の食事を作る途中に取り分けするだけなので忙しいママを助けてくれること間違いなし。

例えばカレーを作る場合、具材を煮てカレールウを入れる直前に分けておきます。それに子ども用の味付けをして食卓に出すだけで1品の完成です。

焼魚のときは焼いた魚を取り分け、子どもが食べやすいようにとろみを付けるだけでOK。そこにレンジでチンした刻み野菜を足せば野菜不足も補えますね。

休日に余裕があれば常備菜を作り置きする

余裕があれば常備菜の作り置きもおすすめです。1週間分の献立を考え、それを元におかずを作っていきます。

週末にまとめて買い出しするので平日買い物に行く時間も省けますし、献立を考える煩わしさからも解放されて一石二鳥。特に、毎日メニューを考えるのが重荷に感じるママも珍しくないので、それがたった1日で解消できるなら嬉しいですね。さらに買い物に行く回数が減ると無駄遣いも減るので、家計にとってもプラスになるでしょう。

しかしママには子どもを見ながら台所に立ち続ける時間の確保も難しいと思います。はじめは1~2品からチャレンジしてみましょう。常備菜作りに慣れてきたり、パパに子どもをお願いできたら、何品かまとめて作ってみてはいかがでしょうか。

帰宅後の戦場を勝ち戦にする時短テク

その日の献立を事前に決めておく

帰宅後もママには休まる暇はありません。とにかくできる限り早く夕食を作らなければ、その後のお風呂や寝かしつけの時間に影響が出てしまいます。

帰宅後、効率よく時間をやりくりするためのカギを握るのが献立です。事前に決めておけば買い出し中なにを買おうか悩まずに済みますし、献立によっては買い物に行く必要がないかもしれません。

メニュー決めが苦手なママは、1週間の『献立ルーティン』を決めてしまうのも一つの手です。選択肢が多いと迷ってしまいがちです。

月曜日は洋食、火曜日は中華とジャンルを絞ったり、月曜日は揚げ物、火曜日は煮物と調理法を決めてしまう方法もあります。自分に合ったやり方が見つかると、夕食作りがグンと楽になりそうですね。

料理の段取りを考えて動く

メニューが決まったら次は段取りです。まず最初に取りかかるのは時間がかかるご飯。炊飯器に入れてスイッチさえ押せばあとは放っておくだけなので、その間別の料理が作れます。

お味噌汁やスープなどの汁物も具材に火が通るまで時間がかかるので、お米研ぎと同時期に開始するのが理想です。これも準備が終われば火にかけておくだけでOKです。

ご飯と汁物の次は主菜の下ごしらえです。肉や魚に下味をつけ、その間に調理道具の片付けができれば完璧。そしてサラダや小鉢などの副菜を作り、ご飯が「蒸らし」に入った頃に主菜に火を通します。汁物も仕上げに入りましょう。

このように平行して作業するイメージを持っておけば、次に何をするか立ち止まらずに済みますね。

【番外編】惣菜の日や外食があったっていい

日中一緒にいてあげられないから、食事だけはちゃんと作ってあげたいと思うママも多いのではないでしょうか。しかし頑張りすぎてママが体調を崩してしまったり、心に余裕がなくてイライラしてしまっては元も子もありません。たまにはママも息抜きをしてお総菜や外食に頼りましょう。

保育園帰りに子どもと一緒にお総菜を選ぶのもコミュニケーションの一つですし、外食は片付けの手間がないのが魅力です。あとはお風呂に入って寝るだけ(翌日の保育園の準備がありますが)と思えば気持ちも軽くなりますね。

ママ業はただでさえ大変です。そのうえ働くとなると全部を理想どおりにやろうなんて難しいですよね。たまにはどこかで息抜きをして頑張っている自分をねぎらってあげましょう。

時短を可能にする万能グッズを手に入れよう

レンジで調理が完成!スチームケース

忙しいママの味方になってくれる時短アイテムの一つがスチームケース。下味を付けた野菜や肉、魚を入れてレンジでチンするだけで簡単に1品完成します。

火のとおりが早い葉野菜の副菜ならわずか5分で1品できちゃいますし、パスタをゆでることもできる優れものなのです。レンジでチンしている間にもう1品作れるところもスチームケースのよいところですね。

また食材に熱がムラがなくつたわり、うまみを閉じ込めて仕上がるので素材の風味を存分に楽しめるというメリットもあります。さらにスチームケースは可愛いデザインのものが多く、レンジから取り出してそもまま食卓に出せます。調理器具とお皿が一つで済めば皿洗いの手間も省けてママにとっては嬉しいことだらけですね。

ほったらかしで料理ができる保温調理鍋

2つめのおすすめ時短アイテムは保温調理鍋。1度火にかけるだけで、あとは放っておくだけでよいのです。余熱でじっくり食材に熱がとおるため、おでんや角煮なども簡単に作れると評判ですよ。

料理に時間がかけられないからと、煮物を諦めているママもいるでしょう。しかし、この保温調理鍋さえあれば、朝下ごしらえをして保温容器に入れておくだけで美味しい煮物ができあがります。

肉や根菜などの具材も柔らかく仕上がるので、小さい子どもがいるお宅にもってこいのアイテムです。短い加熱時間で調理が終ること、また、長い間保温されることからも、自宅で使うだけではなくキャンプやバーベキューなどアウトドアのワンシーンでも活躍すること間違いありません。

時短にベストパートナーはオーブンレンジ

最後に、ベストパートナー・オブ・時短グッズとして紹介したいのがオーブンレンジです。最近のオーブンレンジはさまざまな機能がついているのはご存知ですか?

異なる食材を同時に調理できるオーブンレンジもあるので、上手に利用すれば短時間で数品も夕食ができあがります。同時に調理が終わると温かいご飯が食べられるのでよいですよね。

また、調理時間の時短だけではなく、フライパンや鍋を使わないので洗い物も減りますし、コンロも使わないので台所掃除も随分楽になりますよ。

機種によっては同時にトーストとベーコン、目玉焼きを調理することも可能なので、夜だけではなく忙しい朝にもママの強い味方になってくれるでしょう。朝の5分はとても貴重ですものね。

まとめ

ママにとって悩ましい夕食問題。朝起きてからずっと「今日の夕食はなににしよう」と悩む日もありますよね。まずはすぐに始められる冷凍ストックから試してみてはいかがでしょうか。

ほかの物と比べると保温調理鍋やオーブンレンジはお値段ははりますが長く使えますし、なにより時短効果は抜群です。調理時間の短縮だけではなく食器洗いの手間が減るものなど、今回紹介した以外にもいろいろな料理グッズが出ているので、ママが使いやすいものが見つかるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018