就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

よく聞くPayPayってなに?ママに嬉しい使い方やメリットを紹介

よく聞くPayPayってなに?ママに嬉しい使い方やメリットを紹介

近年急速に「キャッシュレス化」が進んできていますね。今後もさらにキャッシュレス関連のサービスは拡充していくようです。そんな中でもよく耳にする「PayPay」が気になっているというママも多いのではないでしょうか。今話題のPayPayとはどのようなサービスなのか、利用方法やメリットを紹介していきます。

今話題のPayPayとはなにか?

キャッシュレスのスマホ決済サービス

「PayPay(ペイペイ)」はスタート時に大々的なキャンペーン広告を打ったことで一気に知名度が上がりました。しかし具体的なサービスはよく知らないというママも多いでしょう。

テレビや雑誌、インターネットでも頻繁に目にするPayPayですが、簡単に言うと「買い物の際、現金を使用せずにスマートフォンで決済できるキャッシュレスサービス」のことです。

「キャッシュレス決済」といえば、広く浸透しているのが「クレジットカード決済」ですね。ほかにも「Suica(スイカ)」や「iD(アイディ)」や「WAON(ワオン)」といった電子マネーなども有名です。すでに様々なキャッシュレスサービスが存在しますが、PayPayは中でもお得度の高い、主婦に嬉しいサービスなのです。

QRコードかバーコードを読み取るだけ

店頭でPayPayを使って支払いたい場合、お店の人に「PayPayで支払います」と伝えましょう。店頭での決済方法には2通りあります。どちらもびっくりするほど簡単ですよ。

〈QRコード決済〉
1.お店にQRコードの掲示がある場合は、スマホのカメラで読み取る
2.表示された画面に、購入金額を自分で入力
3.入力した金額をお店の人に確認してもらって、「支払う」ボタンを押したら支払い完了

〈バーコード決済〉
1.PayPayアプリでバーコードを表示させる
2.お店の人がバーコードを読み取ったら、支払い完了

PayPay決済を導入している店舗なら、スマホ一つであっという間に支払いが完了しますよ。

支払いはチャージ払いなど3種類ある

店頭での支払い方法はコードを読み取るだけという、大変簡単なものですが、実際のお金はどこで支払うことになるのか気になりますよね。PayPayの支払い方法には3通りあります。

〈PayPay残高〉
銀行口座やヤフーカードを登録することでチャージする。ほかにもセブン銀行ATMやソフトバンクまとめて支払いなどでもチャージ可能

〈Yahoo!マネー〉
普段からYahoo!マネーを利用している人は、「Yahoo! JAPAN ID」と連携させることでPayPayにチャージすることなく利用が可能

〈クレジットカード〉
登録しておけばPayPayチャージせずに利用が可能

どの支払い方法にするかは、アプリ画面の「支払い方法の選択」から選ぶことができます。

PayPayを使うメリットを紹介

利用手数料など一切お金がかからない

クレジットカードには年会費、交通系のICカードにはデポジットなど、利用するためにはいくらかの費用がかかることも多いですね。しかしPayPayはこんなに簡単で便利なのにもかかわらず、利用料、手数料、年会費など一切かかることなく、すべて無料で利用することができるのです。

もちろん前提として、インターネット通信ができるスマートフォンを持っていることが必要となります。また、チャージや決済の際には通信が必要になるので、通常のパケット通信費はかかります。

スマホさえ持っていれば、利用するにあたってかかるコストは「ゼロ」です。手数料無料で、誰でも気軽に始めることができるというのは大きなメリットといえるでしょう。

アプリをダウンロードするだけで利用が手軽

PayPayの利用はとても簡単です。

〈PayPay利用方法〉
1.スマホにPayPayアプリをダウンロード
2.「電話番号とパスワードを設定」もしくは「Yahoo! JAPAN ID」でログイン
3.「PayPay残高」「Yahoo!マネー」「クレジットカード」いずれかの支払い方法を登録

「Yahoo! JAPAN ID」を持っていれば、1分程度で利用を開始することも可能です。ただし、支払い方法を設定する際に、銀行口座やクレジットカード情報などを登録するのには少し時間がかかるかもしれません。

いったん登録してしまえば、以後の利用は非常に簡単なので、PayPay残高チャージに必要な情報やクレジットカード情報は登録しておいた方がよいでしょう。

使える店舗数が全国で急速に増えている

PayPayはサービス開始当初は利用できる店舗が少なく、利用したくてもできないという状況もありました。しかし現在では使える店舗が全国で急速に増えており、街のいたるところで「PayPay」マークを見かけます。

〈利用可能な業種〉
・コンビニ
・百貨店
・スーパー
・ドラッグストア
・飲食店
・家電量販店
・ネットショップ など

コンビニやドラッグストアをはじめ、全国チェーン店での利用が可能になり、利便性が高まってきています。店舗側にも導入が手軽というメリットがあるため、街中の専門店や美容院など、個人経営の店でも利用できるところが増えてきています。使える店舗は今後も順次拡大していくということです。

還元率がよいPayPayはママも嬉しい

ママに嬉しいポイント還元がある

PayPayといえば、還元率のよさが大きな特徴です。サービス開始当初は20%還元など、高い還元率が話題になりました。現在(2019年8月時点)では0.5~3%ですが、現金で支払うよりも、お得感は大きいですね。

例えば月にかかる3万円分の食費をすべてPayPay残高払いにした場合、900円が還元される計算になります。仮にこれが1年続くと、10,800円もお得になるわけです。

ただし、還元率はPayPayの支払い方法によって変わります。3%還元にするには「PayPay残高払い」もしくは「ヤフーカード払い」を選択する必要があります。また、毎月様々なキャンペーンが実施され、対象店舗では10%還元などもあるので、チェックしてみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC