就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんにかかるお金を知ろう!子育てにかかかる費用の平均額

赤ちゃんにかかるお金を知ろう!子育てにかかかる費用の平均額

子育てをすることはお金がかかることだとは分かっているけれど、具体的に何にどのくらいのお金がかかるのかが分からない方は多いですよね。今回は毎月かかる赤ちゃんの生活費はどのくらいなのか、子育てをしていく上での節約術、親には有り難い補助金などをご紹介します。

赤ちゃんの誕生で増加する平均費用の内訳

粉ミルクや紙オムツなどの食費や消耗品

赤ちゃんが誕生するとまずかかるお金が、粉ミルクや紙オムツなどの食べ物や消耗品です。粉ミルクはママの母乳の出る量によって費用が大きく変わってきます。

完全母乳だとミルク代は0円で済みますが、ミルクのみで育てている方だと新生児の頃でも1カ月に1万円くらいの費用がかかります。また、赤ちゃんは月齢が進むにつれて体も大きくなるので、ミルクを飲む量もすこしずつ増えていくのでその分出費も増えていきます。

オムツも多いときでは1日に10枚ほど使うこともあるので、1カ月に約5,000円くらいはかかります。また、おしり拭きもオムツ替えのたびに使うので、1カ月に2,000円くらいかかることもあります。

ほかにも、ミルクの消毒液などの消耗品に毎月いくらかお金が必要です。

生活に関わる光熱費などの各種料金

赤ちゃんとの生活が始まると、食費や消耗品以外にも光熱費や水道代などの料金が上がることが多いです。特に、水道代は出産前と比べると目に見えて高くなったというママもいますよ。

水道代が上がる理由は、赤ちゃんの沐浴にお湯をたくさん使うことや、哺乳びんなどの洗い物が増える、赤ちゃんの洗濯物を別で洗う、加湿器を常につけているなどの理由で、料金が一気に高くなります。

また、布オムツを使用している家庭は、更に水道代が高くなります。布オムツは洗濯の回数が増えるので、1カ月に約5,000円ほど水道代が高くなる可能性があります。

ほかにも、家にいる時間が長くなるので電気代やガス代も夫婦2人のときと比べると、高くなる家庭がほとんどです。

その他のベビー用品費用

オムツやミルク以外にも、赤ちゃんと生活していくために必要なベビー用品はたくさんあります。たとえば、ベビーバスや大判バスタオルなどの沐浴セット、ベビーベッド又はベビー布団、車移動の方はチャイルドシート、ベビーカー、抱っこ紐、赤ちゃんの衣類、おもちゃなど、しっかり費用を確認しないとかなり高額になってしまいます。

ベビー用品の中でも高額なものは、チャイルドシートとベビーカーです。チャイルドシートは新生児の頃から6歳まで長く使えるものは、お値段も高いものが多いです。

ベビーカーは、約3万円ほどのものを購入する方が平均的に多いそうです。こちらも新生児の頃から使えるA型タイプのもののほうが、お値段が高いものが多いです。

赤ちゃんの子育てにかかる費用の節約術!

高額で試用期間が短いものはレンタルする

赤ちゃんの子育てに必要なものをすべて購入すると、家計の大きな負担になることもあります。「すべて購入すると家計がしんどい」というママは、ベビーグッズのレンタルを検討されてもよいかもしれません。

ベビーベッドは新品を購入すると5万円くらいするものが平均的ですが、大体の子が1歳前後くらいで使わなくなることが多いです。ベビーベッドは使わなくなったときに収納に困り手放す家庭もあるので、レンタルするとよいかもしれませんね。

また、お宮参りに使う着物も購入すると高額になります。最近では写真館などでもお手頃価格でレンタルできるので、料金を調べてみてはいかがですか。ほかにも、バウンザーやベビーバスなどは試用期間が短いので、レンタルをするのもよいかもしれませんね。

高価なものは代用品を探して対応する

ベビー用品の購入に失敗しないためにも、妊娠中から必要なものリストを作って、予算をしっかりたてて購入するか検討することをおすすめします。

友人Aさんは、欲しいベビー用品をすべて揃えると予算をかなりオーバーしたため、買えないものは代用品を探して対応することにしたそうです。ベビーベッドは高額なため購入を諦めて、お手頃価格のベビー布団を買ったと話してくれました。

ほかにも、バウンザーは購入せずに日中はマットの上に寝かせたり、オムツ専用のゴミ箱は高いので蓋つきのバケツを買い、新聞紙でオムツを包んでから捨てたりなど、工夫すればお金を出して購入しなくても、育児に困ることなく楽しくすごせていたそうですよ。

まとめ買いをしてお得に購入する

赤ちゃんに必要なものは、一つ一つの値段は高くてもまとめ買いすることでお得に購入できるケースが多いです。たとえば、紙オムツやおしり拭き、粉ミルクはたくさん消費するので、セールのときにまとめ買いしておくと便利ですよ。

オムツなどの消耗品は、ショッピングセンターやスーパー以外にも、ネット通販でまとめ買いするとかなりお得に購入できることがあります。ネット通販だとお家まで届けてくれるので、まとめ買いするときには助かりますよね。

まとめ買いするときの注意点は、おしり拭きは長く使えるのでたくさん購入してもよいですが、オムツはサイズが変わる可能性が高いです。買いすぎて使えなくなってしまうと無駄遣いになるので、消費量を確認しながら購入しましょう。

子育ての補助金や助成金を知っておこう!

中学生までずっともらえる児童手当

子育てにはお金がかかるので、子どもを出産してからも「ちゃんと養っていけるのか」とお金に対して不安を抱えているパパやママも多いのではないでしょうか。子どもを出産してから知る方も多いですが、国や自治体がパパやママの子育てを支援してくれる制度がいくつかあります。

児童手当は、0歳から中学校卒業まで(15歳)の子どもがいる家庭を対象にした制度です。0歳~3歳未満は1カ月に1万5,000円、3歳~15歳までは1カ月に1万円ずつ支給されます。親の所得によって制限があり、所得制限限度額以上の家庭は一律して1カ月5,000円の支給になります。

児童手当は申請しないともらえないので、赤ちゃんを出産したママはなるべく早く住んでいる役所に手続きに行きましょう。

病気の際にもらえる乳幼児医療助成金  

小さい子どもがいると風邪などの病気になることも多く、大人よりも病院に行く回数が増え医療費が高くなることもあります。小さい子どもが病院に通いやすいように、乳児医療助成金という制度があります。正しくは、乳幼児医療費助成制度や、子ども医療費助成制度と呼ばれているものです。

こちらの制度は、乳幼児が病気にかかったときにかかる医療費が、無料になるか、一部の費用を補助してくれるものです。対象年齢は、4歳までの所や中学生までの所など住んでいる地域によって違うので、しっかり確認しておくと安心ですね。

申請は、赤ちゃんの健康保険加入の手続きが終わらないとできないので、早めに健康保険の手続きをすることをおすすめします。

ひとり親世帯を支援する児童扶養手当

夫婦2人でも子育てにかかるお金の不安があるのに、ひとり親の方はそれ以上に不安を抱えていることが多いです。ひとり親世帯を支援するために、児童扶養手当というものがあります。

こちらの制度は、離婚や死亡などの原因で母か父、どちらかが1人で子どもを養育しなければならない家庭に、手当が支給されます。シングルマザーだけでなく、シングルファザーの家庭でも申請が可能です。

親の所得によって支給される金額が変わり、全額支給の場合は、1人目で1カ月4万2,500円支給されます。2人目の子どもには、全額支給の場合1カ月1万40円、3人目は1カ月6,020円支給されます。

ひとり親になったらなるべく早く申請するようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんが生まれると、日々の生活でお金がかかることが増えていきますよね。妊娠前からベビー用品の予算をしっかり決めじっくり検討することで、無駄遣いが減りそうですね。また、工夫すれば購入しなくても育児がやりやすくなる方法はたくさんあるので、工夫しながら楽しく育児をしましょう。

また、補助金などをうまく活用したり貯金したりすることで、お金の不安が無くなりパパやママにももっと笑顔が増えるかもしれませんね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018