就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児には褒めることが効果的!的確な対応でママの愛情を伝えよう

5歳児には褒めることが効果的!的確な対応でママの愛情を伝えよう

5歳になれば子どももママの言葉を理解するようになり「良いこと、悪いこと」も少しずつ分かるようになるでしょう。悪いことをしたときの叱り方も難しいですが、よいことや素晴らしいことをしたときの褒め方も迷うところです。そこで、ママの愛情を伝えられる的確な褒め方をご紹介します。

子どもを適切に褒めるメリットとは

子どもが親を信頼するようになる

一般的に「子どもは親からの無償の愛を無条件に受ける存在」といわれており、その考えに共感するママは多いでしょう。この無償の愛は、ママと子どもの信頼関係を築く礎となります。

ママが日常的に褒めると、子どもは愛情を実感します。それと同時に認められているという安心感にも繋がるのです。子どもの信頼を得るには「3歳まで」「未就学児まで」などと期限を決めて褒めればよいわけではなく、子どもが成長しても変わらず温かく見守り愛情を注ぐことが大切でしょう。

また、小さい子どもには「言葉」できちんと表現することが大切です。子どもは大人と違い裏の言葉を読み取ることができず、まっすぐに受け取ります。そのため、褒めるときは曖昧ではなく分かりやすくはっきり伝えましょう。

積極性や向上心が養われる

ママに褒められた子どもは、色々なことに挑戦する積極性が生まれてきます。その子の性格にもよりますが、いつも叱られたり否定されたりしていると、新しいことをするのが怖くなるものです。それにより「これをしたらママに怒られちゃうかも」というためらいが子どもの心の中に芽生えてしまいます。そのことが原因で、消極的な性格になっても不思議ではないでしょう。

ママも仕事などでマイナス面ばかりを注意する上司より、よいところを認めてくれる上司の方がやる気が出ますよね。また、パパに料理が美味しいと褒められると次も頑張ろうというモチベーションになるのではないでしょうか。

子どもも同じで、ママに褒められることは積極性を培ったり向上心を養ったりすることに繋がります。

自己肯定感が育まれて自信を持てるように

「自己肯定感」という言葉をご存知でしょうか?自己肯定感とは、他人と比べるのではなくあるがままの自分を認めて受け入れ、自分の価値を肯定することをいいます。他人と比べず自分を受け入れることができる人は、他者を尊重したり、受け止めたりする力も育まれていくでしょう。

この自己肯定感を育むために有効なのは、褒めることです。子どもは褒められることで「自分は認められている」と認識します。認められていると確認することは、子どもの自信へと繋がっていくのです。

自信は、その後の子どもの性格にも影響します。褒められた記憶の存在は、同じことをもっと続けようという努力の基礎となりますし、もっと難しいものへと挑戦する力となるでしょう。

5歳児にはどのように褒めるとよい?

子どもに伝わるように本音で褒める

5歳になるとママが口先だけで褒めているかどうかを見抜く子どもも出てきます。そのため、上辺の言葉を使うのではなく、具体的に本音で褒めるようにしましょう。

本音で褒めるのは難しいと思うママがいるかもしれません。そんなママは、日常生活の些細なことから始めてみましょう。

例えば、お友だちと喧嘩して仲直りをした後に「自分からごめんなさいって言えて偉かったね」と抱き締めたり、食器をキッチンまで持ってきてくれたときに「ママが頼む前にお手伝いをできるなんてすごいね」と伝えたりします。ほかにも「1カ月前より上手に服を畳めるようになったね」などもよいでしょう。

大切なのは兄弟姉妹やお友だちと比べず、子どものよかったところを具体的に褒めることです。

結果だけではなく努力してきた過程も褒める

褒めるときには結果だけに目を奪われがちですが、それまでの過程もよく見ておく必要があります。なぜなら、それまで一生懸命取り組んだり、練習を重ねたりしていても残念な結果になることはあるからです。

もしママが結果だけを重視して、それまでの努力を評価してくれないと感じたら、それで子どものやる気が失せることもあります。体操教室の跳び箱を頑張って練習しているけれど、進級するために必要な段数を跳べない、または本番だけ失敗することもあるでしょう。

そのときに、結果だけを見て叱られたり失望されたりすると、子どもはがっかりしてしまいます。そこでママがしなければならないのは、それまで真面目に取り組んできたことや苦手なことにも挑戦し続けた姿勢を認めて褒めることですよ。

感謝や感動の気持ちを素直に伝える

子どもを褒めるときに「合格おめでとう」「ありがとう」などの言葉だけではなく、具体的にママがどう感じたかを添えて褒めるとよいですよ。例えば「今日のクロールの息継ぎは前より上手にできていてママびっくりしちゃった」「玄関の靴を靴箱にきれいにしまってくれてママ助かったよ」など、ママが感動したことや助かったという感謝の気持ちを添えます。

ママが喜んでくれるポイントが分かると、子どもは次も頑張ろうと考え始めるでしょう。明日も靴箱にしまっておこうと思ったり、違うお手伝いをしようと考えたりするかもしれません。また、息継ぎを褒めたときに「この息継ぎなら◯◯mくらいすぐに泳げそうだね」とつけ加えておくと、次は挑戦してみようと思うのではないでしょうか。

5歳児の対応に手を焼いたら褒める対処を

思いどおりにいかないと泣き叫ぶ

子どもは自分の思いどおりにならないと泣き出したり、かんしゃくを起こしたりします。そうなるとママも困るでしょう。特に、外出先では早く収めたいと思いますよね。

5歳といえば、幼稚園などでは誕生日を迎えた年中~年長の年齢ですから、泣けばよいという考えを小学校入学に向けて改めてほしいと思うママは多いでしょう。

子どもが泣き落としをする原因は、泣けば自分の要求がとおると思っているからです。最初は泣き続ける態度をママも叱りますが、長引いたり、外出先だったりすると周りに迷惑が掛かることになります。その結果、ママが先に折れて要求に応じることになり、味を占めた子どもが繰り返すという悪循環に陥るのです。

このような状態に困っているママも多いかもしれませんね。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版