就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの知育にオススメ!子どもから大人まで楽しめるボードゲーム

子どもの知育にオススメ!子どもから大人まで楽しめるボードゲーム

アプリやテレビゲームなど、子どもが夢中になるゲームはたくさんあります。ただ視力が悪くならないか、ゲーム中毒になってしまうのでは、などテレビゲームのやりすぎには不安も感じるもの。今回は、ゲームはゲームでも「ボードゲーム」に注目!家族や友達と遊べるボードゲームでいろんな力を身につける機会にしてみませんか?

子どもの力を楽しく育てる「知育ゲーム」

知育おもちゃ、知育ゲームとは?

「知育おもちゃ」「知育ゲーム」という言葉を聞いたことがある人が多いと思います。子どもを賢く育てるための教育のイメージがある「知育」ですが、それは一面でしかありません。「知育」には、子どもの「考える力を育む」目的があります。

考える力が育つと、何か問題が起こったとき、状況を正確に把握し、過去の経験や自分の考え方などと関連付けながら、一番よい答えを導き出そうとすることができます。ただ「考える」ためには、脳のシナプス量や神経回路の複雑さも必要で、それを作るためには、脳が成長する幼児期に脳に刺激を与えることが大切なのです。

「知育おもちゃ」「知育ゲーム」は、子どもが興味を持って、楽しみながら、脳を刺激できるよいアイテムなのです。

知育ゲームにはどんなものがある?

「知育」には、積み木、おままごと、ブロックなどはじめ、知育カードやボードゲーム、テレビゲーム、アプリなど種類は多岐にわたり、メリットもそれぞれあります。

昔から「知育おもちゃ」としてオススメされている積み木の場合、集中力、想像力、バランス感覚を育てるといわれています。また、アプリやテレビゲームなどのデジタル分野では、知育カードのように絵と名前を覚えたり、これから先の需要が見込めるプログラミングの基礎を楽しく学べるものなども揃っています。

「知育おもちゃ」「知育ゲーム」については、専門で取り扱うお店も多く、子どもにあったものを選んでくれるところがほとんどです。「知育」に興味がある人は、お店に行って話を聞いてみましょう。

ボードゲームで育つ力はどんなもの?

今回は、いろいろなゲームがある中で、デジタル機器に頼らず、ちょっと違った「知育」のアイテムである「ボードゲーム」をピックアップします。

「ボードゲーム」はボード上にコマやカードを置いたり、動かしたり、取り除いたりして遊ぶゲームで、小さな子どもから大人まで、家族みんなで楽しめるものです。よく知られているオセロや人生ゲームなどもボードゲームの1つです。

ゲームに勝つために、運だけでなく、戦略や戦術が必要になるため、先を読む想像力、周囲への観察力、洞察力、戦略を考える発想力、チャンスを見逃さない判断力など「考える力」を身につけることができます。普段の生活の中だけでは身につかない力を、ゲームを通じて楽しく育むことができます。

子どもの年齢で選ぶ、おすすめボードゲーム

2歳から楽しめる知育ゲーム

子どもは2歳くらいから、大人のやることをマネをするようになります。大人の行動をマネすることで、少しずつ「周りの人」と「自分」を分けて認識できるようになり、社会性や協調性が育っていく時期です。順番を待ったり、ルールにあわせて遊ぶことも、何度も遊ぶことで身についていくようになります。

体や言葉も発達する時期なので、大きなコマをつかんで動かしたり、色や形を使ったゲームがおすすめです。ただ発達に個人差が出たり、子どもの自我が育ち始め、好みも生まれる時期なので、子どもの興味を考えながら、無理なく集中できるものを選んであげるとよいですね。

ゲームを通じて「できた!」という達成感を感じると、またやりたい気持ちにも繋がります。

3・4歳から楽しめる知育ゲーム

身体機能の発達がより進み、いろいろなジャンルの遊びができるようになります。ものを比べる力が身につき、物や色、形、大きさなど正しく答えられる子も増えてきて、簡単なことならすぐに覚える学習能力も育っています。

この時期は、周りの環境から様々なことを学ぶ時期で、ゲームをして遊ぶ環境の中で「順番を守る」など、遊びの基本ルールを知り、ルールを守って遊ぶことの楽しさをみつけられるようになります。また「負けて悔しい」などの感情の体験をしたり、コミュニケーション能力も育っていきます。

ボードゲームでは、小さい子でも楽しめる「運」の要素が強いゲームから、記憶力や判断力などの「力」が必要になるゲームも少しずつ楽しめるようになります。

5・6歳から楽しめる知育ゲーム

5・6歳になると、基本的な生活習慣も身につきはじめて、様々なことを自分で考える思考力や認識力が発達します。

集団生活の中で自分の意見を伝えたり、人の意見を聞くなどのコミュニケーション能力が大きく育ちます。遊ぶゲームも、規則やルールがしっかりしていたり、数人のグループでできるゲームを楽しめるようになります。手先の運動も確実になり、自分の頭の中で考えたイメージを表現できる立体パズルなども人気です。

論理的な思考をするようになり、学ぶことの楽しさもだんだん知っていく時期で、知的な興味を満たす遊びにも興味を示します。小学校に上がる前になれば、身体能力も成長し、スピードや手先の器用さ、判断力などが必要なゲームも楽しめます。

ボードゲームを親子で楽しむためのポイント

短時間で一緒に遊べるものを選ぶ

ボードゲームには、たくさんの種類があり、選ぶのも迷ってしまいます。ただ多くのゲームには、対象年齢や何歳から遊べるかがゲームのパッケージに記載されているので、目安として購入の参考にするとよいです。

楽しくゲームをプレイするためには、体や言葉の発達段階にあったものを選ぶのが一番です。またゲームのプレイに必要な人数も、2人で遊べるものから4人以上いた方が楽しいゲームなどいろいろなので、遊ぶシーンや遊べる人数によって選ぶのも1つです。

1回のプレイ時間は、5分しかかからないものもあれば、30分近くかけてじっくり遊ぶタイプのものもあります。集中力がない子の場合、短時間で勝敗が決まるものだと、飽きずに楽しめるのでおすすめです。

ルールは子どもに合わせてアレンジ

ゲームの説明を子どもに伝えるのはとても難しいですね。初めてゲームをするような小さい子どもの場合、言葉だけの説明では伝わらないケースもあります。

そこでゲームに参加している大人が、「こうやってやるんだよ、見ててね」と説明するより、実際に見てもらうほうが子どもは理解できます。細かいルールについても特に伝えず、そのシーンがやってきた状況で、少しずつ伝えていくようにするとよいです。ルールがわかってないときは、同じことを何度でも繰り返します。

少し大変かもしれませんが、その度ごとに伝えてあげることで、だんだん覚えていきます。慣れないうちは、細かいルールを省いて、簡単にしてオリジナルルールで遊ぶことも長く楽しむ1つの方法です。

大人も子どもと一緒に楽しむ

子どもが遊ぶゲームとなると、大人は、遊んでいる子どもを見守るかたちになりがちですが、できれば一緒にゲームに参加して、楽しむのがポイント。ゲーム中に、ヒントを出してあげたり、一緒に考えたりしながら楽しみましょう。子どもの性格を再認識したり、コミュニケーションをとったりする機会にもなります。

子どもだけで進めていると、順番に詰まってしまう、他ごとに興味を持ってしまいゲームが滞ってしまうことがあります。ゲームの雰囲気を保ち、最後まで楽しく遊ぶためにも、大人が場の雰囲気を作ってあげることも大切です。「次は〇〇ちゃんだよ」と促すことでテンポが生まれるので、子どももどんどん集中し、ゲームの世界に没頭していくことができます。

まとめ

子どもの知育ゲームの1つである「ボードゲーム」ですが、子どもだけでなく、大人も夢中になる素敵なアイテムです。

ただ、体験を通じて、様々なことを学んでいく子どもにとっては、外で遊ぶのも同じくらい大切なことです。

天気が悪くて外に遊びに行けないとき、家族や友達が集まった誕生日会や季節のイベントのとき遊ぶようにするなど、屋外の遊びと屋内の遊びをバランス良く取り入れながら、楽しく過ごしてほしいと思います。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

南 朝子

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント