就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの落書きには理由がある!子ども心に沿った関わり方と対処法

子どもの落書きには理由がある!子ども心に沿った関わり方と対処法

落書き発見!消す方法を素材別に解説

油性マジックの落書きを消す方法

油性マジックで落書きされると落ちないのではないかと焦りますよね。インクが染みこむ前だと落ちやすいのですが、落書きを見つけた時にはもう染み込んでいる場合がほとんどだと思います。

油性マジックは文字通り油なので、油を浮かせて落とすクレンジングオイルや油を分解して落とす台所洗剤を使うと効果的です。また、これと一緒にメラミンスポンジを使うとよいでしょう。

落とし方は、クレンジングオイルか台所洗剤どちらかを落書きに染み込ませ、メラミンスポンジで軽く擦ります。この時、メラミンスポンジを水につけてしまうと水と油が反発してしまうので、水はつけずに乾いた状態で使って下さい。最後に残った油分に重曹スプレーをかけて拭き取ればきれいに落ちてくれますよ。

クレヨンや水性ペンの落書きを消す方法

水で落とせるクレヨンや乾く前の水性ペンだと水拭きだけでほとんど落ちてくれる事が多いのですが、普通のクレヨンや乾ききった後の水性ペンだと、拭き取る時にクレヨンが伸びて広がってしまったり、きれいに落ちきれない事ってありますよね。簡単に落とせそうな筆記具ですが、実際やってみるとなかなか厄介です。こういう場合には歯磨き粉を使ってみましょう。

歯磨き粉には、細かい研磨剤と漂白成分が含まれているので、クレヨンや水性ペンの落書きには効果的です。落とし方は歯磨き粉を歯ブラシにつけて優しく擦り、最後にティッシュや布巾で拭き取るとしっかり落ちてくれます。

身近なもので簡単に落とせるので、落書きされてしまってもすぐに消す事ができて助かりますね。

ボールペンの落書きを消す方法

普段親がよく使うボールペンは、子どもにとって使ってみたくなる筆記具ですよね。子どもがボールペンを見つけて、とりあえず目につく家具や壁に落書きしてしまったなんて事も多いと思います。ボールペンの落書きって頑張って擦っても、薄くなるだけでなかなか落としきれないですよね。

まずボールペンには水性と油性があります。水性ボールペンの場合はガラスクリーナーを使用し、油性ボールペンの場合は除光液を使用してみて下さい。落とし方は、水性と油性どちらも同じ方法です。綿棒にガラスクリーナーか除光液を染み込ませて、少しずつ落としていきます。急いで一気に布巾などで拭き取ろうとすると、全体に伸びて広がってしまうので大変でも丁寧に落としていく事がポイントです。

まとめ

子どもの落書きは、親にとってストレスになってしまうと思います。でも子どもにとっては大切な成長過程であり、良い事もたくさんあります。子どもの気持ちを理解しながら上手に落書き対策をして、ストレスを軽減できれば子どもとの関係も少し変わってくるかもしれませんね。

子どもの落書きも成長してしまえば見られなくなります。上手く落書き対策をしながら、その時々の子どもの絵を親も一緒に楽しめるようになれるとよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版