就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

テニスで子どもの体やメンタルが育つ!習うメリットや適齢期を知ろう

テニスで子どもの体やメンタルが育つ!習うメリットや適齢期を知ろう

テニスは、年齢や性別を問わず人気があるスポーツです。広いコートを走り回るので運動神経が磨かれるのはもちろん、脳の発達にも役立つとされ、子どもの習い事としても注目を集めています。この記事では、テニスを習うメリットとともに、レッスン内容や必要な道具、費用などについてご紹介していきます。

テニスは子どもの心身を育めるスポーツ

体を動かすことで身体能力や脳が育つ

テニスは、ボールを打つためにコートの中を走り回り、適切なフォームで打ち返す動きを反復するスポーツです。そのため、子どもの持久力や動体視力・反射神経などの身体能力が高められます。

それだけでなく有酸素運動のテニスは、脳を育てる効果もあることをご存知ですか?実は、色々な研究で、記憶を司る海馬は有酸素運動によって大きくなることや継続的な運動は脳の認知能力を高めることがわかっています。

さらに、運動には認知能力を強化するために必要な神経結合を増やす作用や、ドーパミンやセロトニンなど感情や思考に関係する神経伝達物資の分泌を促す効果があるとされています。テニスを習えば、身体能力だけでなく脳の働きも高められるでしょう。

練習や試合を通して精神的にたくましくなる

チームプレーが欠かせない野球やサッカーなどのスポーツに比べ、テニスは孤独な個人競技だと感じるママもいるかもしれません。しかし実際のスクールでは、同学年や学年を越えた仲間と触れ合いを通じて、相手を思いやる気持ちが育まれ、コミュニケーション能力が高まります。

またテニスの試合の多くは長丁場になるため、その間、集中力を欠くことなく試合を続ける力が必要になります。さらに、ミスしたときにどのようにカバーするのか、ピンチが訪れたときにどう立て直して攻めていくのか、自分で考えて自分を制していく力も不可欠です。

このように、テニスは練習や試合を通してメンタルが鍛えられ精神的にたくましく成長できるスポーツです。

テニスを習い始める適齢期と練習内容は?

音楽で個性を伸ばす!子どもの表現力をはぐくむ音楽教室のすすめ

PR

英会話やプログラミングなど、子どもにさせる習い事の傾向が少しずつ変化していますが、根強く人気を保っているのがピアノやリトミックなどを学べる音楽教室です。今回は、子どもの個性を伸ばすために音楽教室を選ぶメリットについて、約60年の歴史を重ねる「カワイ音楽教室」のレッスンを取材してきました。

テニススクールは4歳ころからの募集が多い

テニスはラケットを使用してボールを打ち返すので、ある程度の体力や体をコントロールする力を必要とします。そのため、多くのテニススクールでは4歳ころから募集しているケースが多いようです。

就学前のタイミングで始めると、初めからいきなり本格的なテニスをするわけではありません。まずはテニスの楽しさを知るため、遊びながらラケットを使った簡単な動きを練習するスクールがほとんどです。小学生以上になれば、ラリーやボレーといったボールを打ち合う練習や実際の試合が始まってくるようです。

テニススクールでは見学会や体験会を行っているところもあるので、申し込む前に一度体験してみるとイメージがつかみやすく安心して始められるでしょう。

成長に合わせてレッスン内容も変わってくる

前述のように、テニススクールのレッスン内容は子どもの成長に合わせて変わっていきます。テニスを始めるタイミングが4~5歳ころであれば、プレーに必要とされる基本的な身体能力が育ってくる時期とされています。

そのため、最初はテニスに親しむことに重点を置き、遊びの中でテニスの動きにつながる動作や感覚を身につけられるような指導が中心となるでしょう。小学校入学となる6歳以降は、個々人の筋力や体格・レベルに合わせた内容に発展していきます。

成長するほどテニスの細かなルールを覚えられるようになり、コーチのアドバイスもきちんと理解できるので、対戦形式を取り入れながら技術や精神力を磨いて本格的にテニスを楽しめるようになるでしょう。

テニスを習うのに必要な道具やかかる費用

子どもの体に合ったラケットやシューズ

テニスを習うなら、ラケットとシューズ、練習着などの用意が必要です。基本的な相場として、子ども用のラケットは5,000~10,000円、シューズは4,000~10,000円、練習用ウエアは3,000~5,000円ほどと考えておくとよいでしょう。

これらは、どれも子どもの体に合ったものを選ぶことが大切です。特にシューズは転倒などの怪我を防止するためにも、足のサイズにぴったりと合ったものを選んでください。

一式揃えるにはそれなりに費用がかかりますが、スクールによっては入会特典としてラケットやシューズのプレゼントがあったり、レンタルが可能だったりします。こうした特典を活用すれば、費用を抑えて習い始められるでしょう。

年齢やレベルに比例して費用も上がる

テニススクールの月謝は、だいたい週に1回、月4回のレッスンで4,000~6,000円ほどが相場です。しかしこれも、学年やレベルが上がっていくのにつれて7,500円・10,000円などと段階的に金額が上がっていきます。

また小さいうちは力が弱いため、ガット(ラケットに張る糸)が切れることはほぼありません。しかし、成長とともに力がついてくるとガットが切れやすくなり、張り直しが必要になります。さらにシューズも、日々の熱心な練習によって靴底が摩耗します。靴底のグリップ力は不可欠なので、サイズアウトしていなくても靴底がすり減れば購入の頻度が上がってしまうのです。

このように、月謝以外に細々と費用がかかっていくことは心得ておきましょう。

まとめ

個人プレーが基本のように感じられたり、かかる費用も決して安くはなかったりするテニスですが、実際は練習や試合を通して多くの仲間と出会い触れ合って、体だけでなく精神面も磨くことができるスポーツです。子どもの心身の向上に役立つので、できるだけ早いうちから始めたいですね。

多くのテニススクールは4歳ころから受け入れているため、見学会や体験会、入会キャンペーンなどを積極的に活用し子どもの様子を見ながらスタートしてみてください。
20 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版