就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 夫婦で子どもの教育方針を考えよう!教育費や家庭で教えること

夫婦で子どもの教育方針を考えよう!教育費や家庭で教えること

大切な子どもの人生のために、最高の教育を用意したいですね。子どもが成長してくとともに必要な教育費の具体的な金額をまとめました。「家庭ではどこまで教えればいいの?」「夫婦の意見の違いはどうすればいいの?」教育についてじっくり話し合いましょう。

子どもの教育費はいくらかかるの?

幼稚園入園から小学校卒業まで

文部科学省では、2年に一度「学習費総額」を調査しています。「学習費総額」とは、学校へ支払う教育費や給食費、学校以外の塾や習い事などすべての合計金額のことです。

平成28年度の調査結果では、1年間の費用は、公立幼稚園23万4千円、私立幼稚園48万2千円、公立小学校32万2千円、私立小学校152万8千円と発表されています。幼稚園も小学校も公立で9年間通うとおよそ263万円で、どちらも私立だと1,061万円かかります。大きな金額ですね。

特に小学校は6年間ありますので、公立と私立で大きく金額が変わります。ちなみに、全体の半分以上が私立である幼稚園に比べて、私立小学校はなんと全体の1%しかありません。

中学校入学から高校卒業まで

中学校になると、私立に通う割合が7%に増えます。それでも少ないイメージですね。「学習費総額」は、公立で47万9千円、私立で132万7千円ですので、3年間だと公立が143万円、私立が398万円になります。

高校でも、私立の割合は25%程度です。「学習費総額」は、公立で45万円、私立で104万円で、3年間では公立が135万円、私立が312万円かかります。1カ月で考えると、公立が3万7千円、私立が8万6千円です。

幼稚園から高校までずっと公立に通った場合、15年で540万円程度かかります。現在、高校進学率は98%以上ですので、子ども1人につき、少なくても540万円は必要ということになりますね。

大学入学から卒業まで

いよいよ大学ですが、まず、受験費用がかかります。国公立のみを受験したとしても3校で7万円ほどかかります。私立3校だと10万円は超えてしまいます。さらに、受験会場までの交通費や宿泊代などもかかりますので、大学受験費用の平均は24万円程度になります。

4年間の学費の平均は、国公立だと243万程度ですが、私立文系で386万円、理系で522万、医学部なら6年間で2,000万円から4,000万円と、かなりの差があります。そして遠方へ進学する場合、寮やアパートの費用が別に必要です。

子どもの希望通りの大学へ進学させてあげたいけど、経済的負担は相当なものですね。早いうちに準備を始め、よく相談しておきましょう。

家庭で子どもに教育するのはどこまで?

学校の勉強に関すること

学校の勉強について親がどこまで関わるべきなのか、とても悩むところです。家で勉強をする習慣がつくまでは関わるとか、小学校のうちは関わる、子どもから求めてきたときだけ関わるなど、いろんな考え方があります。

「勉強しなさい」などと一度もいわれたことがないし、勉強を教えてもらったこともないけど、成績がよく、東大にいく子どももいます。逆に、小学校のころから毎日宿題をチェックして、理解するまで教えても、なかなか成績があがらず、勉強を好きにならないという子どももいます。

大切なのは、我が子に合った関わり方です。それを見極めるのはとてもむずかしいですが、一つの方法だけに固執せず、様子をみながらその都度考えてあげましょう。

あいさつなどしつけに関すること

朝起きて、「おはよう」といっていますか?パパやママ、家庭での習慣がそのまま、子ども習慣になります。子どもにはあいさつするけど、パパにはいわないのでは、本当の意味では習慣になりません。子どものしつけを考えたとき、まず家族がそれぞれの習慣を振り返ることが大切です。

大人と子どもは、違います。大人はお酒を飲んでもいいし、夜9時をすぎても寝なくて大丈夫です。それにはきちんと理由があるので、子どもに説明もできます。でも、大人はスマホを見ながら食事をしているのに、子どもはテレビを見ながら食事をしてはいけないという理屈はありませんよね。

すべてを完璧にすることはできませんが、どうしてもしつけたいことは、家族でがんばってみましょう。

周りとの付き合い方について

子どもには、子どもの世界があります。幼稚園や学校という小さいけれど、子どもにとっては大きな社会です。そこで、集団生活や他人との関わり方を学びます。

友達とけんかをしたり、意地悪をしたりされたりと、毎日いろんなことが起きて、つらい思いもします。そんなときは、相手の家に怒鳴り込みたくなるかもしれません。そこまでではなくても、子どもに起きた問題をすべて解決してあげたくなりますが、子どもは、子どもなりに自分で考えて解決します。

子どものSOSを見逃さないように、話を聞いたり、アドバイスをしたり、自分の経験を話してあげたりしましょう。いじめなどの大問題を見過ごしてしまわないように、話しやすい家庭環境を用意してあげたいですね。

教育方針の違いで夫婦間で対立しないために

夫婦間できちんと話し合う

育った環境が違うので、子どもの教育について意見がわかれるのは当たり前です。普段は相手に合わせることができても、子どものことだけは譲れないということも多いです。それでも、夫婦が別々の方向を向いていては、子どもは混乱してしまいます。

ただ、両親がそれぞれ違う考えがあるからこそ、自分の意見を子どもに押し付けずに済むということもあります。違う見方をして、ブレーキをかけてあげることも夫婦で子育てをするメリットです。

教育方針は、子どもに合わせて何度も変更してよいと思います。夫婦でその都度話し合い、子どもにとって一番よいと思う方法を探して下さい。何のためにその方法にするのか、期待する結果や目的をはっきりさせることも大切です。

子どもの考えも尊重する

子どもの教育について、夫婦で話し合いをはじめると、ついつい子どもの気持ちを置き去りにしてしまいます。子どものためを思って色々考え、夫婦で衝突したりするのですが、いつのまにか世間体や理想の押し付けになっていたら本末転倒です。

小さいうちは、基本的に親が方針を決定してしつけをしていきますが、中学・高校と成長していけば、子ども自身で決定することが増えていきます。子どもの意見を頭から否定するのではなく、そこに至った理由を聞いたり、リスクやメリットを話し合ったりして、子どもが納得して自分の進む道を選んでいけるといいですね。

子どもは、別の人格をもっていて、親の思い通りにはなりません。子どもの人生は子どものものです。

他人の意見を聞くことも大切

親は子どものことになると冷静な判断ができないときがあります。子ども本人以上に当事者になってしまうのですね。そんなときは、第三者に相談してみるのもよいでしょう。地域ごとに、無料の相談窓口やホットラインが用意されてますし、民間でもたくさんありますので、気軽に利用できます。

進路について家族で話し合っても平行線で、なかなかまとまらないときは、実際にその道を歩いてる人の話を聞いてみるのもいいですね。直接聞ける人がいなくてもインターネットである程度の情報は集まります。ただ、すべてが正しいわけではないので、情報の取捨選択も大切です。たくさんの意見に耳をかたむけ、客観的に考えてみると思わぬヒントがみつかるかもしれません。

まとめ

人生は選択の連続です。子どもが迷子にならないように、大怪我をしたりさせたりしないように、少し離れたところから見守りましょう。たった一本のレールを敷くのではなく、たくさんの可能性や選択肢を見つけるお手伝いをしてあげたいですね。

パパとママの人生が、おじいちゃんやおばあちゃんの人生が子どもの人生の参考書になります。子どものために、家族でたくさん話し合ってください。それが家庭でできる最高の教育ではないでしょうか。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj