就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児がきばる原因と対処方法をご紹介!泣くほど苦しいときはどうする?

乳児がきばる原因と対処方法をご紹介!泣くほど苦しいときはどうする?

自分で寝返りをうてる生後6カ月頃までの赤ちゃんは、息をつめて力を入れる「きばる」ことをします。起きている時だけではなく、眠っている間も顔を真っ赤にしてきばる姿を見て、焦ってしまうママも多いでしょう。ここでは、そんな赤ちゃんの「きばる」という行為について、原因や対処方法をいくつかご紹介したいと思います。

乳児がきばる原因はどんなもの?

授乳後にすっきりとゲップが出ない

新生児期は、おっぱいやミルクが上手に飲めず、空気も同時に大量に飲み込んでしまいます。赤ちゃんは胃に空気が溜まりやすく、自分で上手にゲップを出すことができません。飲んだ後、そのまま胃が膨らんで、苦しくなってしまうのです。

また、生後1カ月頃までは、ママも赤ちゃんも授乳に慣れておらず、お互いに適量が分かりません。こうした理由から、赤ちゃんが母乳やミルクを飲みすぎてしまうことが原因のようです。

特に母乳の赤ちゃんはゲップが出にくいと言われており、10回中5回出れば良い方と言われています。ミルクの場合は調乳の際の泡も飲んでしまいがちなので、可能であれば授乳の後は毎回ゲップを出させるようチャレンジしてみましょう。

腸にガス(おなら)が溜まっている

ゲップは上手く出せていても、赤ちゃんがきばることがあります。原因として、お腹の中にガスが溜まっていることが考えられます。母乳やミルクをお腹の中で消化する時に、微量のガスが発生しますが、便通がスムーズでないと腸内にガスが溜まり、お腹が張ってしまいます。

新生児期は、胃腸が未発達の状態なので消化不良を起こしやすい傾向が見られます。しかも、この時期は思うように身体を動かすことができないのでお腹のガスが動かず、どんどん溜まって苦しくなってしまいます。

赤ちゃんがきばった時は、お腹を触って張っていないか確認しましょう。腸内のガスをおならとして外に出すためにも、お腹をマッサージしたり、身体をねじったりするなど、刺激を与えてあげるとよいでしょう。

腹筋を使えずうんちが上手く出せない

生まれてすぐの頃は、ミルクや母乳を飲む度にうんちを出していたのに、1日に数回しか出なくなったという状況をよく耳にします。生後1カ月頃からほとんどの赤ちゃんに見られるようになります。

生まれてすぐの頃は、排便機能が備わっていたために、母乳やミルクを飲む度にうんちが出ていましたが、その機能は生後1カ月頃からだんだん弱まってくると言われています。うんちの回数が減ってくると心配になり、「便秘かも?」と悩むこともありますが、これは正常な発達過程のひとつなので心配する必要はありません。

この頃の赤ちゃんの腹筋は弱く、上手くうんちを排出することができません。そのため、便秘になりやすく、お腹が苦しくてきばることがあるのです。

乳児がきばったときの対処法

授乳後のゲップの出し方が不十分なとき

ゲップの出し方は2種類あります。

1、 肩に担ぐ方法
まず、タオルやガーゼを肩に敷きます。そして、両手を赤ちゃんの両脇に入れて、自分の肩に赤ちゃんの顔が乗るようにします。片方の手で赤ちゃんのお尻を支え、片方の手で赤ちゃんの腰から背中周りを「トントン」と軽く叩き、優しくさすってあげます。首が据わっていないので、縦抱きにすると首がグラグラしますので、思い切って担ぐのがポイントです。

2、 ママの腿に座らせる方法
もう一つは、赤ちゃんをママの腿に座らせる方法です。ママの腿に座らせて、ママの片手を赤ちゃんの脇に入れて上半身を起こしながら行います。赤ちゃんの体重が増えて担ぐのが大変な場合や、夜間の授乳で疲れている時などはこの方法がおすすめです。

腸にガスが溜まっていて苦しそうなとき

赤ちゃんのお腹を触って張っていると感じた時は、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。

●「の」の字を描くようにマッサージ
赤ちゃんのおへそを中心に「の」を描くように時計まわりに指をすべらせてみましょう。腸のぜん動運動を促すことでおならが出やすくなります。

●軽い体操
腸の動きを活発にするためには軽い運動が効果的です。ママが赤ちゃんの両足を持ち、お腹の方へ折り曲げます。そのまま両膝を左右に開き、円を描くように移動させ、再び両足を揃えましょう。

●腰を軽くひねってみる
赤ちゃんの膝を曲げ、ゆっくりと左右に動かして腰のあたりを軽くひねってあげるとよいでしょう。

●温めたタオルをあてる
タオルを温湿布にして、お腹を温めてあげましょう。

便秘でお腹が必要以上に張っているとき

きばっている原因が便秘と思われる時は、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。

●おしりをマッサージ
赤ちゃんの肛門のすぐ上あたりを指で押し、軽く「トントン」と叩いてマッサージをします。

●足のストレッチ
赤ちゃんの腿と膝で赤ちゃんのお腹を押すようにマッサージします。仰向けに寝かせた状態で両足首を優しく持ち、左右に両足を交互に動かします。

●綿棒浣腸
綿棒の先に、ベビーオイルやワセリンをたっぷりつけます。仰向けに寝かせた赤ちゃんの膝を曲げ、おむつをお尻の下に敷き、綿棒をお尻の穴に少しずつ入れます。

先端だけでなく1~2cm程度入れ、前後に動かして刺激します。硬いうんちの場合でも少し出れば、それが刺激となって出てくることがあるようです。

乳児のきばり、こんな時はどう対処する?

きばりながら「泣き出して」しまったら?

夜中に突然目を覚まし、顔を赤らめてきばり、大声で泣き出す赤ちゃんもいます。生後1カ月頃の赤ちゃんは、きばって泣いた時に、ヘソに腸がはみ出てしまう「臍ヘルニア(でべそ)」になる効能性もゼロではありません。きばり過ぎて赤ちゃんが泣きだした時は、すぐに抱っこして落ち着かせてあげてください。

腹筋が発達する1~2歳頃になると、自然と治ることがほとんどと言われています。しかし、泣く度にヘソが赤くなるなどの症状が現れた時は、小児科に相談することをおすすめします。

原因がひどい便秘の時は、小児科で浣腸などの治療を施してくれることもあるようです。赤ちゃんの健康には十分注意し、心配な時は医師に相談することをおすすめします。

きばりながら「汗」を掻いていたら?

寒くなると風邪を心配して、室温を必要以上に暖めてしまうママも多いようです。そのうえ、赤ちゃんに厚着をさせてしまっては、さすがの赤ちゃんも暑くて苦しいはずです。

赤ちゃんの基礎体温は高く、体温調節機能も未熟なので、暖かくしたらその分ぐんぐん体温も上がってしまいます。あまりに暑いと赤ちゃんも嫌がるので、きばることでママにそれを伝えようとすることもあるようです。赤ちゃんは手足が冷たくても、身体の中心が温かければ、大丈夫。様子を見て苦しそうにしていなければ、適温と見てよいでしょう。

夏なら26~28度、冬なら22~23度くらいの室温が赤ちゃんにとってベストと言えます。後は乾燥しないように、加湿器をつけるくらいでよいでしょう。

便秘などの理由以外で大きな声を出す時は?

赤ちゃんがきばるのは、ゲップが上手に出ない、お腹にガスが溜まって苦しい、便秘で苦しいなどの理由がほとんどですが、ごく稀に言葉遊びのひとつとしてきばる赤ちゃんもいるようです。

聴覚が徐々に発達してくる生後5カ月頃は、自分の声が聞こえることを不思議に思うこともあり、色んな声を出して遊び始めることでしょう。その過程できばり、奇声を上げる赤ちゃんもいるようです。

きばっているのに赤ちゃんが全く苦しそうにしていない、顔も真っ赤にしていなくて楽しそうにしていたら、特に心配することはありません。自分の声が聞こえることが嬉しいと感じているだけなので、自由に遊ばせて問題ありません。突然の声にびっくりしてしまいますが、おおらかに見守ってあげましょう。

まとめ

赤ちゃんがきばる原因や対処方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。赤ちゃんがきばる原因には、様々なことが関係しているので、様子を見ながら丁寧に対処しましょう。

まだ言葉を話せない赤ちゃんにとって「きばる」という行為は、ママに身体の状態を伝える大切なメッセージのひとつです。赤ちゃんが何を伝えたがっているのか、見守ってあげてください。

赤ちゃんが必死にきばる様子を見て、何とかしてあげたいママは多いはず。しかし、時期が来たら徐々におさまりますので、必要以上に心配しなくても大丈夫ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP