就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものいびきの原因を知ろう!睡眠無呼吸症候群の症状や治療法

子どものいびきの原因を知ろう!睡眠無呼吸症候群の症状や治療法

お子さんは「いびき」をかきますか?多くのママがYESと答えるのではないでしょうか。「たくさん遊んで疲れたのね」とほほえましく思えるかもしれません。しかし子どものいびきには適切な処置や注意が必要なものもあるのです。子どもの睡眠はとても大切なもの。質のよい睡眠のためにも、いびきについて考えてみましょう。

子どものいびきの原因って何なの?

扁桃腺やアデノイドが大きくなる

いびきとは睡眠時、空気の通り道がなんらかの原因で狭くなり、呼吸するたびに生じる音のことです。狭くなった気道を空気が通ろうとするので、粘膜などが振動し音が出ます。では子どもにおいて気道が狭くなる原因はなんでしょうか。

まずは扁桃(扁桃腺)やアデノイドが大きいという理由です。扁桃、アデノイドとは喉や鼻の奥にあるリンパ組織の一種でバイ菌などに対して感染防止の役割を担っています。子どもは骨格がまだ小さいので、この二つが大きくなりすぎると気道をふさぐ原因となります。

大きくなり過ぎた状態を扁桃肥大、アデノイド肥大と呼びます。扁桃は5歳から7歳、アデノイドは3歳から6歳が大きさのピークで、その後縮小傾向を示すといわれています。

鼻の病気での鼻づまりによるもの

次に「鼻」が原因の場合です。風邪やアレルギーによる鼻炎や鼻づまり、副鼻腔炎からいびきを引き起こすこともあります。寝ているときに鼻からの呼吸ができず、口で息をする「口呼吸」になると、喉や舌の筋肉が緩み気道が鼻呼吸より狭くなります。このことがいびきにつながっているのです。

子どもは大人に比べて鼻の発達が未熟です。そのため軽い鼻水が出始めただけでも、いびきの原因になることがあります。鼻づまりが慢性的なものか、よく観察しましょう。

鼻づまりが治らず長引くと口から呼吸をする癖がついてしまい、鼻づまりが治っても口呼吸のままの可能性もあります。長引く鼻づまりがある場合は、早めに耳鼻咽喉科や小児科に相談しましょう。

肥満や二重あごで喉に脂肪がつく

なんとなく太っていると、いびきをかくイメージがありますよね。肥満が原因でのいびきは、子どもにもあてはまります。

太って脂肪がつくところといえば、お腹周りやおしりといったところが思い浮かぶのではないでしょうか。しかし舌や喉の内側にまで脂肪はつくのです!この脂肪がついて大きくなった舌や、首周りの脂肪が気道を圧迫し、いびきを引き起こします。

また二重あごは喉に脂肪がついているだけではなく、喉を支える筋肉や、舌の筋肉の筋力低下も考えられます。筋力が低下すると寝ているときに舌の落ち込みが大きくなり、ひどいいびきにつながります。肥満になると寝方も横向きより仰向けで寝る方が楽なため、口が開きやすくなる傾向にあります。

病気の可能性?睡眠時無呼吸症候群について

そもそも睡眠時無呼吸症候群って何?

みなさんは「睡眠時無呼吸症候群」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ニュースなどで取り扱われ、耳にされた方もいらっしゃるかもしれません。詳しくはどのような症状のことでしょう。

簡単にいうと、睡眠中に何回か呼吸が止まってしまう睡眠障害のことです。2種類あり、呼吸を調節している呼吸中枢の問題による中枢性と、気道が物理的に狭くなり呼吸が止まってしまう閉塞性です。

呼吸が一時的にとまり心臓や血管、脳など様々な部分に負担をかけます。大人では寝ている間に10秒以上呼吸が止まってしまうことを「無呼吸」と呼び、無呼吸ではないが、それに近い弱い呼吸は「低呼吸」と分類されるようです。一時間あたりの「無呼吸・低呼吸」を検査し、一定の指数を超えた場合「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。

子どもの場合、閉塞性の無呼吸症候群が多くを占めるようです。無呼吸になる原因や判断基準において、大人とは多くの違いがあります。子どもの「睡眠時無呼吸症候群」は年齢などによって単位時間あたりの呼吸数も違いますし、専門医師による詳しい診察が大切になります。

子どもに与える影響とは?

睡眠時無呼吸症候群は0歳でも起きる可能性があるものです。その原因も、無呼吸による影響の出かたも、大人と子どもでは違いがあります。大人は睡眠時無呼吸症候群を起こす原因の多くが肥満であるのに対して、子どもでは扁桃やアデノイドの肥大によるものが多くを占めています。
子どもの場合、大人ほどいびきと無呼吸の関連が認知されておらず、判断基準も診断も違ってくるので、専門医での診察が大切です。

子どもにとっての睡眠は休息の意味だけでなく、この時期特有の成長ホルモンを分泌し、成長を促す時間でもあります。心と体の成長と発達のために欠かせないものなのですね。そのため質のよい睡眠が得られないと、色々な影響が出るといわれています。

例えば
・落ち着きのなさ
・情緒不安定
・集中力の欠如
・長時間の昼寝
・朝の寝起きの悪さ
・成長ホルモン分泌不足による低身長
・夜間のおもらし
・長期化することで肋骨や胸骨の変形

これ以外にも口呼吸のために、喉の渇きや、歯並びが悪くなるなど、幅広い面で子どもに悪影響を与えてしまいます。

子どもの睡眠時無呼吸症候群の症状

毎日いびきをかいて寝ている

ではママはどういった点に注意すればよいのでしょうか。睡眠時無呼吸症候群を疑う症状がいくつかありますので、参考にしてみてください。

まずは慢性的に毎日いびきをかいているかどうか。睡眠時無呼吸症候群の症状として代表的なものが「いびき」です。子どもの鼻や喉はまだ発達途中ですので、風邪をひいたとき、または眠る体勢によっても一時的にいびきをかくことはあります。一時的か慢性的かという点が、見分けるポイントになります。

いびきをかくということは息をするときに気道が狭くなっているところがあるということです。いびきをかかないことが正常であることを忘れないでください。毎日いびきをかくようなら一度専門医に相談をしてみる方がよいでしょう。

子どもにしては寝息が荒く大きい

次に寝ているときの呼吸はどうでしょうか。スースーと鼻から呼吸をし、胸からお腹にかけて膨らんだりへこんだり上下している場合は心配はいりません。

しかし呼吸が不規則だったり、早く浅かったり、吸うときに勢いよく吸っていたりする場合は注意してください。一度胸とお腹の状態を見てみましょう。息をすったときに、お腹は膨らむのに喉の下や胸の中央がへこんでいないでしょうか。もしへこんでいるなら陥没呼吸という状態にあるかもしれません。陥没呼吸は気道が閉鎖、または狭まっているときに起こる呼吸ですので心配です。

あごが上り、首がそっている状態で寝る場合も息がしにくいためそのような姿勢になっていることがありますので、注意して見てください。

寝起きが悪くなかなか目を覚まさない

最後に朝の寝起きをチェックして見てください。睡眠時間をしっかりとっているのに、何度起こしても起きなかったり、起きてもボーっとしている時間が長かったり、慢性的に寝起きが悪くなってはいないでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群は呼吸が止まっている時間があるので、通常より酸素不足になります。そのため、全身に疲れがたまりやすく、多くの酸素を必要とする脳も活発に動くことができません。睡眠時間をとっているにもかかわらず、十分な睡眠が得られていない状態なのです。

また息苦しさで頻繁に目が覚めてしまっているかもしれません。いずれにせよ、寝ているのに眠れていないのです。慢性的ないびきや呼吸の状態とあわせて寝起きも観察すると、原因を探ることができます。

子どものいびきを防止する効果的な対策

マウスピースをはめて就寝する

簡単にできる軽度のいびき対策をお伝えしようと思います。まずはマウスピースです。いびきにマウスピースは意外に思う方もいらっしゃるかもしれません。マウスピースは歯ぎしり防止のイメージが強くないでしょうか?いびきに対処するマウスピースもあるのです。

いびき専用のマウスピースは下あごを少し前に出した状態に固定できる形になっています。下あごを前に出すことで寝ているときでもあごが下がらず、気道を確保することができます。インターネットでも商品を見つけることはできますが、子どもの場合は、歯科などで相談の上作ってもらうのがよいでしょう。

口の中に入れて寝なくてはいけないので、子どもによっては嫌がることもあると思います。無理じいはしないでください。

子どもに合った高さの枕で寝る

つぎは「枕」です。枕は本来まっすぐ立ったときの頭と体の位置を、寝た状態でも保つためにあるそうです。まだ小さな子どもの場合は、直立した場合であっても大人のように枕が必要な骨格にできあがっていないので無理に枕をしなくても大丈夫だとか。

一緒に眠るとき、ママの枕で寝てしまっているなんてことありませんか?あわない枕で眠るといびきを引き起こす原因にもなります。

高すぎて前に頭が出た状態になっていないでしょうか?首に負担がかかって気道を圧迫する可能性があります。それとも低すぎて反っていないでしょうか。口が開きやすくなり、口呼吸になる可能性が高まります。わが子にあった枕の高さやサイズを選んであげると、いびきの原因も解消されるかもしれませんね。

横向きの状態で寝させる

最後は「横向きの状態で寝させる」です。これは実際にママがパパで実感したことがあるかもしれませんね。子どもでも同じく横向きにするといびきが軽減されます。

これはいびきの原因である気道が狭くなるのを、横向きにすることで防ごうとしているからなのです。仰向けで寝ると、重力により舌や喉の筋肉が落ち込みますが、横向きではその落ち込みが少なく、空気の通り道がふさがりにくくなります。

また横向きに眠る体勢はママのお腹の中でいるときの姿勢に似ており、気分的にもリラックスできて気道も広がりやすくなるという相乗効果も期待できそうです。ぜひ今晩でもいびきが気になるようなら、横向きにして様子を見てあげるのもいいかもしれません。

子どものいびきに効果的な治療方法

まずは専門医院に診てもらおう

気になるいびきがある場合は、一度専門医院に行くことをお勧めします。専門医院を見つける目安は、「睡眠障害」を取り扱っているかどうかです。

睡眠障害は鼻の状態や扁桃腺の状態を見ることができる耳鼻咽喉科や、内科(呼吸器科・循環器科)などでも取り扱っているところがありますので、一度電話などで確認してみるのもいいと思います。もし見つからない場合は、かかりつけの先生に症状を伝え紹介してもらいましょう。

睡眠中の映像・音声を残しておき、診察時に見てもらうと判断しやすくなります。無呼吸症候群の可能性が高い場合には扁桃やアデノイド肥大があるか、下あごの大きさや睡眠時の脳波、心電図、眼動、鼻と口の気流の確認など様々な検査をあわせて判断していきます。

重度の場合は手術による治療方法

もし検査の結果、重度の扁桃肥大やアデノイド肥大がみつかると、手術による外科的処置をとる場合があります。具体的には肥大した部分を切除し気道を広げる手術になります。

免疫力が減ってしまうと心配に思うかもしれませんが、扁桃をとってしまったからといって風邪をひきやすくなったりするわけではないようです。免疫力は扁桃だけにたよっているわけではないので、なくなっても他の部分でカバーできるそうです。

入院は約1週間~10日程、全身麻酔のうえ手術となります。口をあけて、口からの手術になりますので首やあごに外側から傷口が残ることはありません。手術となると不安に思われるのが当然です。納得いくまで医師と相談し決めていけるといいですね。

薬や機械による保存的治療法

アレルギーによる鼻づまりや副鼻腔炎などが原因にあり、結果いびきにつながっている場合などはまず薬で様子を見る場合が多いのではないでしょうか。薬での治療とあわせて、ハウスダストの除去や適度な加湿など室内の環境も整えるようにしましょう。

いびきによる睡眠時無呼吸症候群が中度から重度と認められた場合、機械による治療もあります。CPAP(シーパップ)とよばれ、一般的には専用のマスクを鼻に付け、圧力をかけて空気を送り込みます。圧力により鼻から気道が広がり、無呼吸の状態を防ぐ働きがあります。

CPAPは長期の治療に用いられているもので、定期的な通院も必要となります。その点もあわせて治療法については医師と十分に相談してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。いびきに対する見方が少し変わったのではないでしょうか。「いびきで病院に行くなんて」と思われていた方もいるかもしれません。過度な心配は不要ですが、慢性的ないびきなどママが気になる場合は一度病院で診察してもらうと安心ですよね。

なにげなく聞いていることが多いいびきですが、寝ているときに呼吸がしにくいサインであることを忘れないでください。子どもの睡眠は、休息の意味だけでなく心身ともに成長するとても大切な時間です。質のよい睡眠で元気に大きくなってほしいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018