就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の生活リズムはどう作ればいい?月齢別生活リズムの作り方

乳児の生活リズムはどう作ればいい?月齢別生活リズムの作り方

人間の体には、もともと体内時計が備わっています。朝は太陽の光で目が覚め、夜は外が暗くなってくると自然に眠たくなる…とはいっても、乳児は大人のように1人で寝たり起きたはなかなかできないので、大人のサポートが必要になってきます。今回は、パパとママができる月齢に合わせた生活リズムの作り方をまとめてみました。

生活リズムって何?どう作ればいい?

生活リズムってなんで必要?

乳児の頃から生活リズムを整えてあげることで、その後の乳児の成長や、幼児期、学童期の生活に大きな影響を与えます。

小さい頃に「昼は起きて活動し、夜は休む」という基礎のリズムを身につけてあげましょう。そうすることで、子どもの発達や発育にとてもよいといわれています。日中にたくさん体を動かし、夜はグッスリ深~く眠ると質の良い睡眠がとれて、成長ホルモンを分泌し、成長を促しているそうです。眠りは脳や体を育てるためにとっても重要なんですね。

自由な時間に寝たり起きたり遊んだり、それじゃダメなの?と思っているパパやママもいるかもしれませんね。お子さんの健全な発達、発育のためにも、ぜひ生活リズムを作ってあげるお手伝いをしてあげてくださいね。

いつから作り始めればいい?

乳児の生活リズムって、いつごろから作り始めたらいいのか悩んでいるママも多いはず。〇カ月から始める!といった決まりはないので、ゆっくりと始めていきましょうね。

産まれたばかりの新生児の頃は、まだまだ赤ちゃんのペースに合わせてあげてください。朝はカーテンを開けて光を入れたり、夜は部屋を暗くするなど、ごくごく普段通りの生活で十分です。

だいたい生後1~2カ月頃までは昼夜関係なく寝たり起きたりの繰り返しなので、無理矢理リズムを作らなくても大丈夫。焦らずいきましょうね。

生後3~4カ月になると、昼夜の区別がなんとな~く分かってくる頃です。このくらいの時期から徐々に生活リズムを整えていってあげるとよいといわれています。

どうすればいい?生活リズムの作り方のコツ

さて、我が家も今日から生活リズム作りを始めてみよう!でもやり方が分からない…どうしたらいいの…と疑問に思っているママもきっといると思います。まずはできることから始めてみましょう!

1番最初に取り組みたいのは、やはり昼夜の区別をつけてあげることですね。朝は部屋に太陽の光を入れて、夜は電気を消して暗くする。そしてなるべく大きな音をたてないよう静かにしてあげましょう。

乳児が眠りにつきやすい環境を、パパやママが作ってあげてください。そうするとだんだん夜はぐっすり眠るようになり、それが習慣になってきます。とはいっても、いつまでもそれだけを続けていては、十分とはいえません。乳児の成長過程に合わせて、生活リズムを整えていきましょうね。

月齢別!生活リズムと作り方のポイント

0~3カ月の生活リズム

まずは新生児期。この頃はまだ2~3時間おきに寝たり起きたりの繰り返しで、昼夜関係なくオムツ交換や授乳をしたりと、乳児もママも慌ただしい時期です。無理にリズムを作ってあげる必要はありませんよ。乳児に合わせた生活で大丈夫です。

生後2〜3カ月くらいになると、朝は朝、夜は夜、と少しずつメリハリをつけてあげることが大切になってきます。
・朝は部屋を明るくする
・顔を拭いたり、おむつを替えたりして優しく起こす
・なるべく就寝時間の2時間前にはお風呂に入る
・部屋を暗く、静かな環境を心がけ、入眠を促す

この時期に作られた「早寝早起き」の習慣は、後にお子さんの成長過程の中ですごく役立ってくるのでぜひ取り入れていきたいですね。

4~6カ月の生活リズム

この頃から、起床や就寝の時間がだいたい決まってきたり、夜の睡眠時間が安定してくるなど、乳児はだんだん自分でリズムをつかめるようになってきます。引き続き規則正しい生活のリズム作りを心がけていきましょう。

・起床と就寝の時間をなるべく統一する
・毎日同じ時間帯にお昼寝をさせる
・毎日同じ時間帯にお風呂に入れる

授乳時間や回数もなるべく同じがいいとされていますが、相手はまだまだ小さい乳児。今は授乳の時間だから!と、寝ているのに無理やり起こして授乳したり、何でも決め決めにしてしまうと、ママもストレスを感じてしまいますよね。せっかくの育児が楽しくなくなってしまいます。あまり神経質にならず、無理のないようにしてあげてくださいね。

7~11カ月の生活リズム

生後7~8カ月になってくると、午前と午後に1回ずつお昼寝をするようになったり、決まった時間に離乳食や授乳ができ、日中のリズムがついてきます。

しかし、夜泣きが始まる時期でもあるので、乳児もママもちょっとお疲れ気味。せっかくのリズムが乱れがちになってしまいますが、引き続き無理をせず、できる範囲で生活リズムを整えていきましょうね。

生後9~11カ月になると、つかまり立ちができるようになり行動範囲がどんどん増えていきます。体をたくさん動かすことで夜間の寝つきもさらによくなり、離乳食も3回に増え、朝、昼、夜にちゃんと食事をさせてあげることで、より1日のリズムが整ってきます。この時期は、生活リズム作りに絶好の黄金期ですよ。

生活リズムの疑問を解決!疑問点や注意点

睡眠リズムはいつから整ってくる?

乳児は一般的に、生後3、4カ月の頃から少しずつ夜間まとまって眠るようになり、生後5~6カ月の頃から昼夜の区別がついて、睡眠のリズムが整ってくるといわれています。

生後7カ月頃になると、これまで以上にまとまって寝てくれるようになりますが、多くのお子さんが夜泣きをするように。夜泣きには個人差があり、月齢の低いときから始まる子もいれば、1歳を過ぎてから始まる子、中には夜泣きをしない子もいます。

リズムが狂いがちになってしまうかもしれませんが、小さいうちから朝と夜の区別をちゃんとしてあげていれば、夜泣きでリズムが狂ってしまっても、ちゃんと「夜は眠くなり、朝は目が覚める」という体内時計は働いてくれますよ、安心してくださいね!
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC