就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

早生まれの子の運動能力を知ろう!メリットや能力を伸ばすポイント

早生まれの子の運動能力を知ろう!メリットや能力を伸ばすポイント

「早生まれの子どもは遅生まれの子どもよりも運動能力が低い」といわれることがありますが本当でしょうか。パパやママが「早生まれだからしょうがない...」とあきらめてしまう前に、運動能力が低いといわれる理由について詳しくみてみましょう。また、早生まれのメリットや能力を伸ばすポイントについてもまとめてみました。

早生まれは運動能力が低いってホント?

プロスポーツ選手に早生まれは少ない

遅生まれと早生まれの差についてはいくつもの研究がされています。そのひとつで、Jリーグやプロ野球の選手に早生まれの人は少ないという結果があります。

4~6月生まれのJリーグ選手が全体の34.7%、プロ野球選手が32.8%いる一方、1~3月生まれの選手はJリーグで14.6%、プロ野球も14.2%しかいませんでした。この結果をみると「早生まれは運動能力が低い」と思われがちですが、早生まれの人がプロスポーツ選手になれないわけではありません。

例えば2018年サッカー日本代表でも長谷部誠選手(1/18生まれ)や長友佑都選手(3/12生まれ)、香川真司選手(3/17生まれ)、川島永嗣選手(3/20生まれ)などの早生まれの選手が活躍しています。

運動能力の差は体格と体力の差

運動能力の差は生まれ月の差よりも体格と体力の差であるという研究結果があります。

一般の小中学生の体力テストを4月~9月生まれの「前期」と、10月~3月生まれの「後期」にわけて調査した結果、男子は小学1年~中学3年の全学年で「前期」のほうが「後期」よりも体も大きく力もあり、運動能力の数値も高いことがわかりました。

一方、女子では小学1~4年では男子と同じですが、小学5年~中学3年では「前期」と「後期」で体格も運動能力ほとんど差がみられませんでした。

統計的なデータではこのようになりますが、早生まれでも体格がよい子はいますので、それぞれの子どもの体格や成長をみてさまざまな判断をする必要がありそうです。

運動音痴になる最大の原因は自己暗示?

スポーツ庁が毎年行っている「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」で、達成感・挑戦すること・自己肯定感は体力や運動習慣に関連があるという結果がでています。

「ものごとを最後までやり遂げてうれしかったことがある」「難しいことでも、失敗を恐れないで挑戦している」「自分には良いところがあると思う」という項目に肯定的な回答をしている子は、体力・運動習慣があり運動能力が高かったのです。

遅生まれの子は小さいころから選手として選ばれやすいため、経験や成功体験も多くなります。早生まれの子はよい素質を持っていても遅生まれの子どもと比べると選手になるチャンスが少なくなってしまい「運動能力がない」と思ってしまうようです。

早生まれの子どもの能力を伸ばすポイント

悔しい気持ちを受け止めてあげよう

子どもの感情を受け止めてあげることは自己肯定感を高めるといわれます。子どもが競争で負けたことや出来なかったことなどの悔しい気持ちを、まずはママやパパが受け止めてあげましょう。

子どもが泣いたり、グズグズしたりすると大人はイライラしてしまうことが多いのですが、そこで叱ってしまうと子どもは叱られたことで気持ちを抑えることになってしまい、次に頑張ろうという気持ちにつながっていきづらくなります。

また、大人は対策や解決策がわかることが多いのですぐにアドバイスをしたくなりますが、まずはぐっとこらえましょう。そして、子どもの話を最後まできいたり、子どもの感情や出てきた言葉をくりかえして言ってあげたりして気持ちを受け止めてあげましょう。

たくさん褒めて、笑顔で見守ろう

やる気を出すには褒めることがよいといわれます。出来たことに対して「よくできたね!」と褒めるのはわかりますが、結果がなかなか出ない場合はどうしたらよいでしょうか。

それは、努力していることや挑戦していることを褒めることです。これは子どもをずっとみているママやパパだからこそ出来ることでもあります。

「最後まであきらめずに走ったね」や「やってみようと思ったんだね。すてきだよ」といった言葉をかけることで、子どもは「また次も頑張ろう」という気持ちになれます。

ママやパパが怖い顔で怒ってばかりいるよりも、笑顔で見守っているほうが子どもはのびのびといろいろなことに挑戦することができます。褒めるポイントをたくさん見つけて、どんどん褒めてあげたいですね。

言ってはいけない言葉を知ろう

ママやパパは子どもをがっかりさせないために「早生まれだからしょうがないね」と言ってしまうことがありますが、これはかえってやる気をなくしてしまうことがあるようです。「できなくてもしょうがないんだ」と思ってしまい、がんばろうという気持ちがなくなってしまうのです。

「これから大きくなって出来るようになるよ」などと前向きな言葉をかけるようにしましょう。ママやパパが早生まれを気にして、子どものコンプレックスを作ってしまわないようにしたいですね。

また、周りの子と比べるのではなく、その子自身が出来るようになったことに注目して声をかけると成長していることを実感できて「自分も出来るんだ」という気持ちが自信につながるでしょう。

早生まれの子どもはメリットもたくさん

たくさん可愛がってもらえる

幼稚園や保育園の集団生活に入るときには「周りの子についていけるかな?」と心配になってしまいますね。そんなときは園の先生たちに「早生まれなので心配です」と不安な気持ちを伝えておくと安心です。

先生方はいろいろな面でサポートをしてくれますし、みるみる成長していく様子を一緒に喜んでくれたりします。知人の早生まれの子はプールのお着替えを園長先生に手伝ってもらってとても喜んでいました。

また、子ども同士もサポートしあって生活します。時間がかかったりうまくいかないことがあっても、面倒見がよいお友達が教えてくれたり、お手伝いをしてくれたりします。

お友達に助けてもらって嬉しい気持ちを感じると他の子にもやさしくすることができるようになります。

同級生のお友達をお手本にできる

「下の子は成長がはやい」とよく聞きます。お兄さんやお姉さんがいると、言葉や行動を真似して成長することができます。

特に小さい子は真似をしていろいろなことを覚えていきますので、身近なところにお手本がいるのはいい環境といえそうです。早生まれの子は、同級生やお友達が少しだけお兄さんお姉さんということになりますので、お友達をお手本にしてどんどん成長することができます。

作品を作る時も周りの子が作っているものを真似して作ってみたり、描いているものを同じように描いたりします。その後、自分なりの考えが加わってオリジナリティーあふれる作品ができるようになりますので、「真似ばかりしてダメ」と思わずに、ゆったりと見守ってみましょう。

早生まれに有利なスポーツがある

Jリーグやプロ野球選手に早生まれが少ないというデータがありましたが、逆に早生まれの人が活躍しているスポーツが、フィギュアスケートや競馬です。

フィギュアスケートの選手の誕生月を見てみると、羽生結弦選手(12/7生まれ)や宇野昌磨選手(12/20生まれ)、荒川静香さん(12/29生まれ)は12月生まれ、織田信成さん(3/25)、高橋大輔さん(3/16生まれ)、宮原知子選手(3/26生まれ)、鈴木明子さん(3/28生まれ)など早生まれの方がたくさん活躍しています。

また競馬のジョッキーも武豊騎手(3/15生まれ)など早生まれの方が多いと言われています。子どもの体格にもよりますが、早生まれに向いているスポーツといえるかもしれませんね。

まとめ

さまざまな研究やデータをみてきましたが、早生まれの子だからといって運動能力が低いわけではないことがわかりました。小さい頃は遅生まれの子と比べてしまうと劣るところが多いかもしれませんが、それであきらめる必要はなく、たくさんの可能性を秘めています。

早生まれのよいところを利用しつつ、子どもそれぞれの個性や目標を大切にしてママやパパにしかできないその子にあった前向きなサポートができるように心がけたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018