就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビーマッサージにはどんな効果があるの?安全に行うためのポイント

ベビーマッサージにはどんな効果があるの?安全に行うためのポイント

赤ちゃんとママのスキンシップにベビーマッサージが注目されています。赤ちゃんとママ、両方によい効果があると聞き、やってみたいけど不安があるママもいるのではないでしょうか。ベビーマッサージを安全に行えるよう、やり方や注意点などを紹介していきます。

ベビーマッサージで期待できる効果とは

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージには心と体によい効果が期待できると言われていますが、根本にあるものは、赤ちゃんとママやパパとの肌の触れ合い、愛情を伝えるコミュニケーションの一つです。

マッサージといっても、ツボを押したり、プロがやるようなマッサージではありません。ベビーマッサージはオイルを使い、ママやパパが赤ちゃんの体を手や指で、優しく撫でたり、包み込んだりします。

触れ合いが赤ちゃんに安心感や心地よい刺激を与え、赤ちゃんの体や心の発達によい影響を与えると考えられています。また、ママにとっても赤ちゃんへの愛情が深まると言われています。

ベビーマッサージは赤ちゃんにとっては全身運動になり、精神的な安定を得ると共に、体力を消耗することも覚えておいてくださいね。

べビーマッサージがもたらす効果

ベビーマッサージはたくさんの効果が期待できると言われています。

【精神的安定・親子の絆が生まれる】
ママの手と赤ちゃんの肌が触れ合うことで、愛情を感じ赤ちゃんは安心することができ、ママにもオキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。オキシトシンには情緒を安定させる効果があるので、ストレスが緩和されます。

【身体的効果】
リンパの流れや血行がよくなり、免疫力があがると言われています。お腹のマッサージで便秘解消の効果も。また、心身ともにリラックスし、ぐっすり眠るようになり、夜泣きが軽減されたとの報告もあります。

【赤ちゃんの変化に気づく】
赤ちゃんの肌に触れることで、赤ちゃんの微妙な体調や体の変化に気づくことができます。

ベビーマッサージはいつからできるのか

ベビーマッサージはいつからという決まりは特にありません。

生後2~3週間から推奨している教室もありますが、産後1カ月はママの体の回復と赤ちゃんのことを知る期間にあてるママが多いようです。

また、生まれたばかりの赤ちゃんは皮膚がとても薄いので、1カ月検診が終わるまで待った方が安心かもしれません。体調調節がまだ上手くできない時期は、裸にさせず洋服の上から優しく撫でたりして、工夫をしましょう。

オイルを使ってのマッサージは2カ月頃まで待った方がよいとされていることから、マッサージ教室では、2~3カ月の赤ちゃんから始めるところが多いようです。

赤ちゃんの様子とママの体調を見ながら、無理のない時期に始めましょう。

ベビーマッサージをやってみよう

ベビーマッサージを行う前の準備

赤ちゃんが快適にマッサージが受けられるように準備をしましょう。

【室内の温度】
赤ちゃんは裸になりますので、25度を目安に部屋の温度を設定します。冷たい風や強い日差しが入らないよう、窓かカーテンは閉めてください。

【赤ちゃんの体調や機嫌を確かめる】
お昼寝の後など機嫌のよいときを選びましょう。始める前に、少しだけミルクを飲ませると落ち着きます。飲ませすぎは吐いてしまうことがあるので、注意してください。

【マッサージオイル】
赤ちゃんの肌に優しく、万が一舐めてしまっても安心な、植物成分100%やオーガニックのオイルを選びましょう。

【タオル】
赤ちゃんの体の下に敷くバスタオルと小さめのタオルを数枚用意します。ガーゼ素材やオーガニックコットンなど、柔らかく肌に優しいものがよいですね。

【お気に入りのおもちゃ】
機嫌が悪くなったときや、泣いてしまったときに使います。

【リラックスできる環境】
テレビや携帯の電源は切りましょう。クラシックやヒーリング音楽などを小さな音でかけてあげてもよいですよ。

ベビーマッサージのやり方

準備が整ったら、ベビーマッサージの実践です。

【手にオイルをつける】
オイルはたっぷりつけ、赤ちゃんの肌が引っ張られないようにしましょう。こまめに足して、滑りをよくします。

【心臓から遠い足から】
足を両手で押さえて、腿から足首へ絞るようにマッサージをします。次は片手でかかとを包み、ももやふくらはぎをくるくるとマッサージします。

【 お腹】
おへその下あたりに手を置き、下に撫でおろします。次は大きく時計回りに円を描くように撫でます。

【胸】
両手を胸に置き、真ん中から肩まで撫で上げ、ハートの形を描くようにして戻ります。

【肩、腕】
首から肩に向かって撫でます。肩から指先に向かって優しく撫でおろし離します。

【背中】
赤ちゃんをうつぶせにし、首の付け根からお尻に向かって、両手のひらで背中全体を撫でます。背中の真ん中から肩甲骨に向かって羽を描くように撫でます。

*ここまでの動きは全て2~3回繰り返します。

【最後に】
手首から肩、背中、お尻、腿、足首へと長いワンストロークで体全体を撫でおろし、終了します。

安全にベビーマッサージを行うために

まずはベビーマッサージ教室に参加してみる

何度も手順を読み返したり、ぬいぐるみなどで練習したりしても、小さな赤ちゃんにベビーマッサージをするのは、少し怖いですよね。

そのようなときは、ベビーマッサージの教室へ参加してみてはどうでしょうか。インストラクターから、安全にベビーマッサージができるコツやアドバイスがもらえそうです。

インストラクターの目が届きやすい少人数の教室や、たくさんのママとの交流が期待できる大人数の教室、中にはレッスン後にランチやお茶が付いている教室もありますので、自分に合ったところを探してみましょう。

また、アフターケアも大切なポイントです。レッスンを受け終わった後でも、自宅でベビーマッサージをやった時の疑問に答えてもらえると安心ですね。

正しいやり方を確認すること

ベビーマッサージを安全に行うために正しいやり方を確認しましょう。以下のポイントを参考にしてください。

・マッサージの一連の手順を再度確認する。

・心臓から遠い足から始めると赤ちゃんが安心する。

・お腹や、胸、首などの体の繊細な部分をよく確認し、力が入らないように気をつける。

・うつぶせにして行うマッサージは赤ちゃんの負担にならないよう、手短に終える。

・赤ちゃんの肌を傷つけないよう、ママの爪は短く切り、貴金属類を外す。

・予防接種の後は避ける。

・皮膚に湿疹がでている時は避ける。

そして、一番大切なのは、赤ちゃんの様子です。赤ちゃんがいつもと違う様子のときは、無理をせず、抱っこや語り掛けでスキンシップを取りましょう。

終わった後はしっかり水分補給を

ベビーマッサージは長くても15~20分ほどで終わるようにしましょう。ママにとってはあっという間ですが、赤ちゃんには相当な運動量で疲れてしまいます。

ベビーマッサージが終わった赤ちゃんはお腹が空き、喉もかわいているので、赤ちゃんが飲みたいだけおっぱいやミルクを飲ませてあげてください。

ベビーマッサージ後にしっかり水分補給をすると、おしっこがたくさん出て、おしっこと一緒に体の老廃物が排出されます。

また、ベビーマッサージが終わった後、体温が上がっている体を少しの間タオルで包んであげると、発汗が促され、老廃物の排出効果が高まると言われています。

ベビーマッサージは、終わった後も赤ちゃんの体によいことづくめですね。

まとめ

ベビーマッサージをするときは、ぜひ目を見つめ、優しく声を掛けながらしてみてください。赤ちゃんが反応したり、嬉しそうにしている様子を見て喜びを感じ、ママも幸福な気持ちに包まれるはずです。

気持ちのよいベビーマッサージをしてもらい、水分補給を終えた赤ちゃんは、満足感が高く、気持ちよく睡眠へと導かれていくでしょう。

ママがベビーマッサージに慣れてきたら、パパも誘って一緒にやってはどうでしょうか。赤ちゃんといる時間の少ないパパにとっても、赤ちゃんとの大切な時間になるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018