就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産は勉強するチャンス!キャリアママにおすすめの資格や勉強を伝授

出産は勉強するチャンス!キャリアママにおすすめの資格や勉強を伝授

今までキャリアウーマンとして活躍してきて、産休や育休に入ると、なんだか世間から取り残されたように感じてしまうママもいると思います。育休後のキャリアアップのために使える資格をとってみてもよいですね。そこで今回は、産後のママにおすすめの資格や子育てと勉強を両立するポイントについてお話しします。

出産後に子育てと勉強を両立するポイント

試験日までのスケジュールをざっくりつくる

産休・育休中になにか興味のある資格を取得したい場合、まずその資格を取ることによってどのように自分のキャリアに活かせるのか、考えてみましょう。その資格以外にも役立つ資格がないか調べてみてもよいですね。

取りたい資格が決まったら、試験日までのスケジュールをざっくりつくってみましょう。試験日まで勉強が間に合うのか、もしも近すぎる場合、次の試験日にしてみるなど調整してみましょう。そして試験日当日に子どもを誰かに預けて、1人で受験できるのかも検討することが必要です。

どのぐらいのペースで勉強したらよいのかを把握するためにも、テキストや問題集に目を通してみましょう。いつまでに問題集を終わらせ、いつから過去問で練習するかなども計画したいですね。

赤ちゃんが寝ている隙に細切れ勉強をする

赤ちゃんがいると、おむつ替えや授乳、あやしたりなどなかなかまとまった勉強時間を取ることができません。だからといって「時間がないから無理」と諦めるのはもったいないですよ。

たとえば赤ちゃんが昼寝をしている30分間、集中すればテキスト数ページに目を通すことができます。夜は赤ちゃんを早めに寝かせる習慣をつけるようにしましょう。ママの勉強時間が確保できるだけでなく、規則正しい生活リズムは子どもの成長にもよい影響を与えるので一石二鳥です。

夜、赤ちゃんが寝ている間は家事よりも勉強を優先にするようにし、家事を少し手抜きすることが必要です。朝もできるだけ赤ちゃんよりも早く起きるようにし、少しでも勉強時間を確保するようにしましょう。

通信教育やオンライン講座で勉強する

取りたい資格を見つけたら、どうやって勉強を進めていくかを検討したいですね。赤ちゃんがいると、専門学校などの教育機関に通うのは難しいことでしょう。でも独学で勉強するのが不安なママの場合は、通信教育やオンライン講座が有効ですよ。

興味ある資格の通信教育やオンライン講座がないか、ネットで検索してみましょう。通信教育のユーキャンにも色々な資格の講座がありますよ。資格によっては学習アプリなどもあるので探してみてくださいね。

通信教育の場合、定期的に添削指導も受けることができ、指導者からのコメントがもらえるので自分の弱点がつかみやすいことでしょう。さらに自分の空き時間に勉強を進めることができるので、マイペースで進めることができます。

出産後の産休・育休ママにおすすめの資格

事務のスペシャリストを目指せるMOS

事務系の仕事についているママにはMOS(マイクロ オフィス スペシャリスト)がおすすめです。この資格は、ExcelやWordといったマイクロソフトのオフィス用ソフトをどれだけ使いこなせるかということを証明する資格で、スペシャリストとエキスパートの2段階のレベルを取得することができます。

さらにこれらはパソコンスキルの一つなので、自宅で試験勉強をすることが可能です。特に外部での研修が必要ないので、なかなか1人で外出が難しいママにはぴったりの資格ですよ。

試験対策用の教材などもたくさん市販されているので、自分に合ったものを探してみましょう。MOSは業務を問わず、すべての事務作業において使える資格なのでキャリアアップにも繋がります。

グローバル社会に向けたTOEICを勉強

どんな資格がよいか悩んだ場合、グローバル社会に向けたTOEICを勉強してもよいですね。英語を使う職場にいて、すでにTOEICスコアを持っている場合でも、さらなるスコアアップを目指してみましょう。

TOEICのスコアによっては、育休後に転職を考えたときに、企業へのアピールにも役立ちますよ。英語が使えれば、仕事のシーンではもちろん、プライベートにおいて旅行先などでも役立つことでしょう。

TOEICの聞き流し用CD教材なら、赤ちゃんのお世話をしながら聞き流すことができ、育児や家事に忙しいママでも耳から英語を学ぶことができます。さらにTOEICの試験は年に10回開催されているので、ママの予定に合わせて試験日を調整することができるのも魅力的です。

実生活で役立つファイナンシャルプランナー

資金運用など、お金に関する知識を増やしたいというママにはファイナンシャルプランナーの資格もおすすめです。ファイナンシャルプランナーとは、家計や税金対策、不動産、住宅ローン、教育資金などの資産運用の道筋をたて、クライアントの夢や目標が叶うようにアドバイスする人のことです。

まずは一番簡単な3級を目指してみましょう。すきま時間に頑張って勉強すれば、3級なら1~2カ月程度の準備で取得することが可能です。

年金や住宅ローンの組み方、保険など家計を預かる主婦にとって必要な知識を学ぶことができるので、キャリアだけでなく家庭にもその知識を活かすことができますよ。教材も本屋にたくさん並んでいるので、どんな内容なのか実際に手にとってチェックしてみましょう。

専業ママの出産後の社会復帰に有利な資格

通信教育で資格取得可能な調剤薬局事務

妊娠をきっかけに離職してしまったけれど、子育てが落ち着いたら就職を考えているママもいることでしょう。調剤薬局事務の資格があれば、どこの薬局でも働くことができるので就職先も探しやすいのが魅力です。

調剤薬局事務とは、患者の保険の確認や調剤報酬明細書の発行、受付や会計などを行う仕事で、薬剤師のサポート役として薬局には欠かせない仕事です。また、医療全般をカバーする医療事務とは違い、薬剤のみを扱う職種なので初めてのチャレンジでも無理なく目指すことができるとされています。

仕事をこなしているうちに、簡単な薬の知識なども自然と身につくので、実生活にも役立ちますよ。時短勤務やパートの求人なども充実しているので、子育てに忙しいママにはぴったりです。

自分の育児にも役に立つ保育士

育児の経験を活かしたいと思っているママには、保育士の資格もよいですね。また、保育士の勉強を通して学んだことを自分自身の育児にも役立てることができるので、育児中のママには興味を持って取り組みやすい資格の一つといえるでしょう。

現代の保育事情や児童福祉について学ぶことは、自分の子どもが成長していく社会についても学ぶことになるので知っていて無駄がありません。ほかにも離乳食の進め方などの知識については、ママが経験してきたことをそのまま試験に活かすことができます。

保育士の資格は専門学校に行かなくとも独学で学ぶことができるので、ママにはありがたいですよね。保育士試験を受験するには一定の条件が必要なので「全国保育士要請協議会」のサイトでチェックしてみましょう。

引く手数多の求人あり。介護職員初任者研修

年々高齢者の人口が増えている日本において、介護職は日本社会に欠かせない職種となっています。介護職というと、「介護福祉士」を思い浮かべるママも多いと思いますが、介護職の入門的資格に当たるのがこの「介護職員初任者研修」です。

介護に関する資格は、難易度もさまざまなものがあるので、まずはこの資格から始めてみるとよいでしょう。資格があることによって、利用者からも信頼されますし、給与面でもアップするので、介護関係の職につきたいママには、とっておいて損のない資格ともいえます。

受験するにあたり、学歴や経験などの条件もないので誰でもチャレンジすることができます。3カ月程度の勉強でパスすることができるので、勉強時間を確保しにくいママにもおすすめです。

まとめ

今回は、産休・育休中にママが目指したい資格や育児と勉強を両立するポイントについてお話ししましたが、いかがでしたか?赤ちゃんのお世話に忙しくしていると、勉強も思うようにはかどらず、諦めてしまう気持ちもあるかもしれません。

しかし、その忙しさの中で資格を無事に取得したときの達成感には計り知れないものがあると思います。目指したい資格が決まったら、その後の仕事のビジョンも合わせてパパに相談し、できる限りの協力をお願いして前向きに頑張りたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018