就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産の流れを知っておこう!安心してお産に臨むための注意や準備

出産の流れを知っておこう!安心してお産に臨むための注意や準備

前駆陣痛と本陣痛を見極めよう

臨月に入り、いつもよりもお腹の張りが強くて、なんだか規則的に痛みがあるような気がする…「もしかしてこれが陣痛!?」と、初産のママはドキドキしてしまいますよね。

さっそく時間を計ってみると、15分、10分と、間隔が短くなってきて、いよいよかもしれないと覚悟したら、その後20分、30分間隔になって、とうとう痛みが遠のいてしまった…。これは、「前駆陣痛」と呼ばれる、本陣痛の前の予行練習のようなものなのです。

前駆陣痛はお産が近いサインですが、個人差があり、数日続くことも多いです。初産で前駆陣痛と本陣痛を見極めるのは少し難しいですが、規則的な痛みが数時間続くようであれば、本陣痛の可能性が高いので、一度産院に連絡してみるとよいかもしれません。

初産だからまだまだと我慢のしすぎは禁物

陣痛が10分間隔になり、産院で内診してもらっても、「子宮口はまだ1cmですよ」といわれてすぐに帰されてしまったという話はよく聞きます。ママとしてはがっくりしてしまうかもしれませんが、念のため産院で見てもらうことは間違いではありません。

「初産は時間がかかる」というのは一般論で、実際は初めての出産でもスピード出産だった、というママも多くいます。陣痛アプリなどを使って、陣痛間隔を計測し、規則正しくなってきたと思ったら、まずは産院に連絡を入れましょう。

初産だからと我慢しすぎて、万が一お産が早く進んでいたら大変です。中には産院に到着する前に赤ちゃんの頭が見えてきてしまった、というママもいます。帰されたら辛いですが、お産に慎重になることはよいことですよ。

余裕をもって挑みたい経産婦ママの出産

経産婦の分娩時間は1人目の半分程度に

一回以上出産を経験したことがある妊婦さんのことを「経産婦」と呼び、初めての出産になる「初産婦」と区別して呼ばれることがありますね。経産婦は一度出産したことで、産道や骨盤の組織が柔らかくなりやすいため、お産にかかる時間が短くなる傾向にあります。

初産婦の平均分娩時間が11~15時間であるのに対して、経産婦の平均分娩時間は5~8時間程度と、約半分の時間になっています。ただし、時間が短いからといって、痛みが軽いというわけではないようです。

また、経産婦の特徴として、子宮が元に戻るときの痛みである「後陣痛」が、初産時よりも強いということがあげられます。子宮の戻りが早いことがその要因なので、心配はいりません。無理せず、痛み止めを処方してもらいましょう。

上の子を預けたり準備に時間がかかる

初産婦と経産婦の大きな違いは、やはり「上の子がいる」という点ではないでしょうか。上の子と2人きりのときに、急な入院が必要になると、預け先を手配するのに時間がかかり大変です。

赤ちゃんが予定日通りに生まれてくれる保証はないので、上の子の幼稚園や学校、習い事など、関係先には事前に状況を伝えておきましょう。上の子がある程度自分のことは自分でできるようになっていればよいですが、1、2歳で手がかかる年齢の場合、緊急事態に備えて上の子を預ける準備もしておく必要がありますね。

経産婦の入院は、初産婦よりも少し短くて済む場合がありますが、それでも数日は入院が必要です。上の子の心のケアもママの大切な役目ですね。上の子にもしっかりと目を向けてあげましょう。

 1人目と年数があいていても関係ない

上の子と年数が開いて出産する場合、1人目を出産したときのことを忘れてしまい、気持ち的にも「初産婦」のような感じがするかもしれません。しかし、お産が何年あいていても、「経産婦」であることには変わりがないのです。

忘れかけていたとしても、陣痛が始まると「あ、こんな感じだったな!」と、徐々に身体が思い出させてくれるでしょう。経験がある分、余裕が出てしまうので、「まだまだこんなもんじゃないはず」と我慢しすぎてしまいがちですが、経産婦はお産の進みが早いので注意が必要です。

上の子のことなど、対処すべきことがいろいろあって大変だと思いますが、無理しすぎてしまうのは危険です。数年ぶりの出産でも、経産婦であることを忘れずに過ごしましょう。

痛みを逃がすための上手な呼吸法を知ろう

上手な呼吸は安産への近道

どんなママも、「安産」での出産を望んでいると思います。「安産」とは、時間がかからないお産のことをいうわけではありません。たとえ時間がかかったとしても、赤ちゃんとママが無事で、「よいお産だった」と思えれば「安産」なのです。

スムーズにお産を進めるポイントは「呼吸」です。陣痛が長引いたり、激痛でパニックになったりすると、浅く早い呼吸になりがちです。赤ちゃんにたくさん酸素を送ってあげるイメージで、深くゆっくりとした呼吸を心がけましょう。

鼻から吸って、口から吐く。呼吸することに集中すると、ママもリラックスすることができますよ。本番でうまく呼吸ができるように、今から練習しておくことをおすすめします。

いきみ逃しの呼吸法を動画で学ぼう

分娩第2期の後半、いよいよ赤ちゃんが出てきそう!となるまで、いきんではいけないのを知っていましたか?力を入れておもいっきりいきんでもよいのは最後の数回の陣痛だけ。子宮口が全開し、赤ちゃんが下りてきて、会陰付近が十分に柔らかくなってからでないといきめません。

無理やりいきむと赤ちゃんが苦しくなったり、会陰裂傷がおきたりして危険です。出産の際は、いきみたい気持ちを抑えるための「いきみ逃し」がとても重要になります。

出産は突然やってくることもあります。当日焦らないためにも、正期産である37週を過ぎたら、「いきみ逃し」の呼吸法を学んでおきましょう。YouTubeなどで「いきみ逃し」と検索すると、手順をわかりやすく説明してくれる動画がたくさん出てきますよ。

痛みの軽減にはリラックスすることも大切

出産は激痛をともなうもので、中にはパニックを起こしてしまうママもいます。焦ったり、不安になったりすると、身体が緊張してお産がうまく進まない可能性があります。

出産の際は、できるだけ気持ちをリラックスさせることが大切です。深い呼吸に集中する以外にも、方法は色々あると思います。自分に合ったリラックス方法を見つけられるとよいですね。

【出産時のリラックス法】
・アロマを焚く
・好きな音楽を聴く
・楽な姿勢をとる
・水分補給する
・パパや助産師さんと会話する
・体を温める
・骨盤や肛門付近を圧迫する など

痛みが完全に消えることはありませんが、身体の緊張をほぐすことで産道が柔らかくなり、赤ちゃんが進みやすくなるでしょう。
66 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事