就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

貴重な妊娠期間を日記に残そう!マタニティダイアリーのすすめ

貴重な妊娠期間を日記に残そう!マタニティダイアリーのすすめ

妊娠という貴重な体験を何か形に残したいと思いませんか?妊娠中のママの様子や赤ちゃんの成長などの記録を残すマタニティダイアリーは色々な形式のものがあります。自分に合ったものを見つけて、貴重な妊娠期間を日記に残しましょう。きっと、ママとパパ、赤ちゃんの大事な宝物になりますよ。

妊娠の記録を残すマタニティダイアリー

マタニティダイアリーってなに?

マタニティダイアリーとは、妊娠から出産するまでのママの体調や気持ち、赤ちゃんの成長の様子などをノートに記録するものです。決まった形式はありませんので、ママが自由に何を書いてもよいのです。

妊娠は幸せなことですが、しんどいことや辛いこともあります。幸せに感じたことも、嬉しいことも、辛いことも、そのとき感じたことを何でも書いてみましょう。

赤ちゃんのエコー写真も一緒に保存しておくと、ママと子どもの様子が手に取るようにわかります。パパは赤ちゃんがいることに実感が持てない時期ですが、そんなパパの様子も一緒に書いておくとよい思い出になりますね。

マタニティダイアリーは、家族の大切な宝物であり、幸せな時間を思い出すきっかけになるのです。

どんなことを記録していくもの?

基本的には何を書いてもよいのですが、まずは妊娠が分かったときの気持ちを書いてみませんか。妊娠の分かり方はそれぞれだと思いますが、感激した日であることは多くのママに共通しているでしょう。つわりでしんどいときでも、このときの気持ちを読み返したら頑張れるかもしれませんよ。

赤ちゃんの健診で撮ってもらうエコー写真を貼り、子どもの体重、身長、先生が話してくれたことを書いておくと、子どもの成長を残すことができます。ママの体重や血圧なども測定しますから、一緒に書いておくとママの体調管理にも役立ちます。

妊娠で味覚が変わったり、つわりがひどかったり、妊娠によっておきた変化も書いておきましょう。2人目の妊娠のときに参考にできることがありますよ。

毎日書き続けなくてはいけないの?

毎日書かなくてはいけないと思ったらしんどいですよね。ママが書きやすいペースで書くのが一番です。ママの負担になってしまってはよくありませんから。

書きたいときに書く、健診を受けた日に書く、変化があったときに書く、一日おきに書く、など色々なペースがあります。つわりでしんどいときは、何をするのも嫌になることもあります。そんなときは我慢せずに休んで、落ち着いてから思い出して書いてもよいですよね。

「ママはこんなにしんどい状態だったけど頑張ったんだよ」と子どもが大きくなって話してあげたら喜んでくれるでしょう。ママのペースで書いて、ママオリジナルのマタニティダイアリーを作ってみましょう。どんな形のものでも、妊娠期間の大切な記録になりますね。

記録を残すことで生まれる三つの利点

ママの体重、食生活を書いて体調管理になる

妊娠中は産科医に「体重増やしすぎないようにね」といわれるママもいるでしょう。体重が増加しすぎると、産道が狭くなって赤ちゃんがとおりにくくなることや、妊娠高血圧症のリスクが高まることがありますので、体重管理が大切になってくるのです。

体重管理をするために、ママの食事内容や運動量を書くことで食生活を意識することができます。食事内容を書いていき、少し食べすぎたと思ったら、次の日には少し食べる量を減らすなどして、体重のコントロールができますね。

ダイアリーに書くとなれば、ママも体重管理を頑張ることができるでしょう。ママの体調管理をして、安心して出産にのぞめるようにマタニティダイアリーをうまく活用しましょう。

次の妊娠で役立つオリジナル参考書になる

初めて妊娠したときは、何も分からず不安なことが多くあると思います。2人目の妊娠では、体験があるだけに少し安心して迎えられるでしょうが、意外と忘れていることも多いもの。

1人目のマタニティダイアリーは、ママの妊娠体験を書いたオリジナル参考書になるでしょう。まったく同じ経過をたどるとは限りませんが、つわりはいつ頃から始まって終わったのか、胎動はいつ頃感じたのか、性別はいつ頃分かったのか、など確認しようと思ったらマタニティダイアリーを見ればすぐに思い出せます。

次の妊娠を意識して書いておくと、さらに役立つオリジナル参考書になりそうですね。1人目のときにマタニティダイアリーを書いた場合は、2人目のときも同じように書いてあげましょう。

将来子どもに見せたり、ママも思い出せる

子どもが大きくなったときに「ママ、ぼくがお腹の中にいたときはどうだった?」ときかれることがあるかもしれません。そんなときは、一緒にマタニティダイアリーを見てみましょう。

マタニティダイアリーなら、ママがどんな思いで妊娠生活を送っていたのか、赤ちゃんがどのように大きくなってきたのか、ママがいかに頑張ってきたのかを知ることができます。

子どもはエコー写真を見るのも大喜びです。自分がお腹の中にいるときの様子を見ることができるのですから。

妊娠中に感じた思いを振り返って見ることで、初心を思い出すこともできるのです。ママも、育児でしんどいときには、マタニティダイアリーを見返してみましょう。初心を思い出したら、頑張れるかもしれませんよ。

自分に合った形で思い出を残そう!

手書きで!ノート、手帳、専用ダイアリー

ママそれぞれに好みや得意なことが違いますので、自分に合った方法でマタニティダイアリーを残しましょう。手軽にすぐに書けるのは手書きになります。

自分で文字や絵を自由に書いたり、写真を貼ったりしたいというママには、大学ノートがおすすめです。ママの好きなように書けますよ。

移動中や思いついたときに書きたいというママには手帳がおすすめです。ダイアリー手帳であれば、コメントだけを書いていってもよいですね。

何を書いてよいか分からないというママには、市販されている専用ダイアリーがおすすめです。項目がありますから、項目に合わせて書いていけばよいですから楽ですね。すべて埋めなくてはと思ったら負担になりますから、書けるところだけで十分ですよ。

同じプレママと交流できる!ブログ

書くのは苦手というママには、ブログで残していくという方法はいかがでしょうか。手書きのノートは、自分が書いたものをほかの人には見られないから好きなように書けるという利点がありますが、ブログはほかのママと交流できるという利点があります。

自分が書いた内容を人に見られるのが嫌というママには、非公開にして書くということもできますので、ママの考えによって設定したらよいですね。妊娠によって行動範囲が狭くなったママには、家にいてプレママと交流できるのは何よりも心強いことかもしれません。

ブログを通じて同じ歳の子をもつママと交流を続けて、育児日記につなげても楽しいですね。悩みも不安も同じ歳の子を持つママ同志で共感しあえますね。

パパと成長を共有できる!スマホアプリ

最近では、スマホアプリでマタニティダイアリーを残していくこともできます。スマホさえあれば、思い立ったときにすぐに書けるので、手軽に残したいママにはおすすめです。写真や動画も一緒に残しておくことができるのもうれしいですね。

同じスマホアプリさえ入れておけば、パパと共有することもできますので、マタニティダイアリーを通して赤ちゃんの成長を共有できます。ただでさえ、赤ちゃんがママのお腹の中にいることが実感できないパパですから、こまめに成長を確認できるのは、パパになる心の準備をしてもらえるよい機会になりそうです。

どのような形のマタニティダイアリーでも、子どもが見たら、お腹の中にいるときから大切にされてきたことが伝わりますね。

まとめ

人生のうちで数回しかない貴重な妊娠期間をマタニティダイアリーに残してみましょう。ママのペースで書き残し、ママの体調の変化や子どもの成長の様子、エコー写真、ママの思いを書くことで、妊娠生活の素敵な思い出を残すことができそうです。

ノートに手書き、ブログ、スマホアプリなど、ママの書きやすい形で書いて、負担にならないように楽しみましょう。ママにしか作れない子どもへの最高のプレゼントができますね。

育児をしていて辛いことがあったら、妊娠生活に感じた幸せな思いを思い出して乗り越えましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018