就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産時はメイクせずにスッピンで!アートメイクやおしゃれテクを紹介

出産時はメイクせずにスッピンで!アートメイクやおしゃれテクを紹介

出産は人生の一大イベント。きれいな姿で赤ちゃんと初体面を果たしたいものです。立ち合い出産で写真やビデオを撮ることもあるので「スッピンでは映さないで!」というママもいるかも知れませんが、出産時のメイクはしてもいいものなのでしょうか。先輩ママの体験談とともに出産時のメイク事情をご紹介します。

出産でメイクはどうする?ママの経験談

メイクはせず、スッピンで出産した

出産時にメイクが必要か必要でないか、あまり考えることもないかもしれませんが、女性にとってメイクをしている姿のほうが気合が入るということもありますね。ですが、産院へはきちんとメイクをしていこうと思っていても、いざ陣痛がはじまるとメイクどころではないというのが先輩ママの正直な気持ちのようです。

陣痛がはじまったときにすでにメイクをしている場合は別ですが、夜中や早朝に陣痛がはじまるとわざわざ痛みに耐えながらメイクをしようとは思いません。

「陣痛がはじまったら自分の顔の心配よりも、入院の荷物やパパのことが気になってしまった」というママや「産後にちゃんとメイクできるようにメイク道具をすかさず入院バックに入れた!」というママもいました。

病院でメイクを落とすようにいわれた

「陣痛の痛みに震えながらせっかくしたメイクを病院で落とすようにいわれてしまった」と嘆くママもいました。「陣痛がはじまったらメイクを落としてから来てください」と医師からいわれたママもいるようです。

実は、メイクだけでなく分娩台にあがるときにはアクセサリーやネイル、コンタクトレンズなども禁止されているのが普通です。出産は命懸けですので、ママの顔色や爪の色などから危険性を判断します。

帝王切開などで使う電気メスはピアスや指輪などにも反応してやけどの危険性があり、コンタクトレンズは長時間のお産で角膜を傷つける恐れがあるということです。確かに、メイクは血色の悪さを隠してしまう恐れがあるので、安全のためには落としたほうがよいですね。

メイクはしたけど、出産で落ちた

「フルメイクで出産に挑みましたが、終わったころにはほぼスッピン。つけまつげも無残な状態で発見されました」「もともと眉毛しか書いていなかったのですが、出産直後に撮った写真は見事に眉毛がなくなっていました」

先輩ママの体験談で多かったのはメイクをしていたけど、出産で落ちてしまったというものです。病院で落とすようにいわれなくても、陣痛に耐え、もがいているうちに汗で落ちてしまうことが多いようですね。

綺麗に落ちればよいですが、中には「アイラインやマスカラが落ちてきて目の周りが真っ黒パンダみたいになってしまった!」という悲しいエピソードもあります。壮絶な出産時にはメイクをしっかり落としたほうが美しいスッピンをキープできるかも知れませんね。

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

PR

出産のお祝いに対して「内祝い」をする時、何を贈ればいいのか悩みますよね。準備しようにも、出産後は赤ちゃん中心の生活で、買いに行くことも時間的・体力的に大変です。今回は「内祝い」のマナーから、自宅で購入できるお祝い返しギフト専用サイト、出産内祝いだけでなくお歳暮や入学祝いにも人気の最新カタログ情報をお伝えします。

出産のためにアートメイクをする人が増えた

アートメイクってなに?効果は長く続くの?

出産直後でも赤ちゃんとのきれいな写真を残したいママに広まっているのがアートメイクです。1人目の出産時に「せめて眉毛だけでもあればもうちょっとマシな写真になったのに」と感じたママが2人目の出産前にアートメイクをすることもあるようです。

アートメイクは、汗はもちろん洗顔でも落ちない眉毛やアイラインが施せるものです。皮膚の浅い部分に色素を入れていくタトゥーのようなものと考えてください。

個人差はありますが、持続性は2年から3年あり、だんだん薄くなっていきます。中には10年経ってもくっきりしていることがありますが、眉毛やアイラインにも流行の形があるので、あまり個性的なデザインにはしないほうがよさそうですね。

アートメイクで眉毛やアイラインを書いておけば、産後赤ちゃんのお世話に追われる毎日でも必要最低限のメイクができていることになります。アイメイクは顔の印象を大きく変えますので、スッピンでも顔がはっきりしますね。

病院で問題になるメイクはファンデーションやチークなど顔色を隠してしまうものなので、眉毛やアイラインだけなら落とす必要もありません。

アートメイク施術後は腫れることもある

アートメイクはタトゥーのように針を使って色素を皮膚の中に入れていきます。多少の痛みがあり、施術の後は腫れることもあるので注意が必要です。

麻酔を使うこともできますが、妊婦には使えない場合があるので痛みに弱い人は妊娠前に行うほうが安心です。麻酔を使わなければ妊娠中でもアートメイクはできますが、仰向けで1時間から2時間姿勢を保つ必要があるので、お腹が大きくなった妊娠後期に入ってからでは身体に負担がかかる可能性もあります。

また、眉毛やアイラインは顔の印象を大きく変えるので、デザインが少し違っただけでも思ったイメージと変わってしまうことがあります。普段のメイクと違って簡単に落とすことはできないので、事前のカウンセリングは大事です。

基本的にアートメイクは医師免許が必要な施術です。なかには医師免許を持たずにアートメイクをしているサロンもあるので注意してください。

目元など繊細なパーツに施術を行うため、アートメイクをするサロンは慎重に選ぶ必要があります。万が一のときの保証制度が備わっているかも事前に確認してくださいね。

スッピンを隠すためのテクニックは?

メガネをかけて印象を変える

病院でメイクを落とすように指示されたママは「メガネをかけて印象を変える」技を使うこともあったようです。メガネは視線を目元に集めますが、フレームの形や色によってイメージを変えることができ、肌荒れなども隠す効果があります。

とくに黒縁メガネはその人の持つ印象を大きく変えることが期待できますよ。目の下のクマが隠れる位置に太めのフレームがくるものだとより疲れた印象が隠せるのでおすすめです。

ピンクや赤などの明るいフレームは顔色をよく見せる効果もあります。前髪を眉毛が隠れるまでの長さにおろして、メガネをかければ眉毛メイクなしでも目力がアップします。

普段はコンタクトという人も、メガネを用意したほうが使えますね。

「アイラッシュ」まつげエクステをする

メイクをする時間はなくてもマスカラだけは欠かせないという女性は多く、まつげが目元に与える印象は大きなものです。ただ、マスカラは涙や汗に弱く、滲んでパンダ目になってしまうこともよくあります。

ウォータープルーフでも、出産時の大量の汗に耐えられるかは疑問です。そこで、まつげエクステという方法に注目してみましょう。

まつげエクステは、つけまつげのように人工のまつげをつけるものですが、1本1本自まつげに接着していくのでつけまつげより自然で、3週間ほどはお手入れ不要でばさばさのまつげが手に入ります。眉毛は前髪で隠すことができますが、まつげがさみしいのを隠すのは難しいので、目力をキープさせたいママにぜひ試してほしいですね。
24 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC