就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産時はメイクせずにスッピンで!アートメイクやおしゃれテクを紹介

出産時はメイクせずにスッピンで!アートメイクやおしゃれテクを紹介

スッピンを隠すためのテクニックは?

メガネをかけて印象を変える

病院でメイクを落とすように指示されたママは「メガネをかけて印象を変える」技を使うこともあったようです。メガネは視線を目元に集めますが、フレームの形や色によってイメージを変えることができ、肌荒れなども隠す効果があります。

とくに黒縁メガネはその人の持つ印象を大きく変えることが期待できますよ。目の下のクマが隠れる位置に太めのフレームがくるものだとより疲れた印象が隠せるのでおすすめです。

ピンクや赤などの明るいフレームは顔色をよく見せる効果もあります。前髪を眉毛が隠れるまでの長さにおろして、メガネをかければ眉毛メイクなしでも目力がアップします。

普段はコンタクトという人も、メガネを用意したほうが使えますね。

「アイラッシュ」まつげエクステをする

メイクをする時間はなくてもマスカラだけは欠かせないという女性は多く、まつげが目元に与える印象は大きなものです。ただ、マスカラは涙や汗に弱く、滲んでパンダ目になってしまうこともよくあります。

ウォータープルーフでも、出産時の大量の汗に耐えられるかは疑問です。そこで、まつげエクステという方法に注目してみましょう。

まつげエクステは、つけまつげのように人工のまつげをつけるものですが、1本1本自まつげに接着していくのでつけまつげより自然で、3週間ほどはお手入れ不要でばさばさのまつげが手に入ります。眉毛は前髪で隠すことができますが、まつげがさみしいのを隠すのは難しいので、目力をキープさせたいママにぜひ試してほしいですね。

髪型をかわいくアレンジしてみる

産後すぐは汗を大量にかいたにもかかわらず、シャワーを浴びることができないため当然シャンプーもお預けです。長時間陣痛の痛みに耐えたあとは髪もボサボサになってしまいます。

ですが、次々とやってくるお見舞いの家族や友人の前で乱れた髪では申し訳ありませんね。そこで、簡単にできるかわいいヘアアレンジを覚えておきましょう。

セミロングより髪が長いママにはくるりんぱがおすすめ。適当に結んでから毛先を結んだ根元に通すだけでかわいく仕上がるテクニックです。髪が片方の肩にかかるように、低い位置でシュシュで結ぶだけでもナチュラルなかわいさが出せます。

ショートやボブのママならヘアバンドがおすすめ。華やかな色を選べば顔色もパッと明るくなりますよ。

まとめ

出産は赤ちゃんが生まれる一大事なので、まずは赤ちゃん第一、ママの安全や健康も大切ですね。ですが、どんな状況であっても少しでも綺麗でいたいのが女心というものです。

メイクをしている、していないは、周りからどう見られるかという問題ではなく、ママ自身の気持ちが大きく変わってしまうものです。綺麗でいたいという気持ちは少しもおかしなことではありません。

負担のない範囲で自分なりの綺麗を目指し、工夫をしながら安全な出産をむかえられるとよいですね。

26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND