就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産の内祝いをしよう!知っておきたい知識やマナーと注意点

出産の内祝いをしよう!知っておきたい知識やマナーと注意点

出産祝いをいただいた方には、ほとんどの方が感謝の気持ちとして出産内祝いをしますよね。「出産内祝いをすることは知っているけど、どのようなものをいつ贈ればよいのだろう」と悩むママに!ここでは、出産内祝いとは何か、贈る時期や内祝いの金額、どのようなものを贈ると喜ばれるかなどをご紹介します。

出産内祝いについての知識をつけよう!

そもそも出産内祝いとは何なの?

初産のママは、出産祝いをいただくのも初めての経験ですよね。「出産祝いをもらったら、どのようにお返しをすればいいの?」とお返しに悩む方もいるかもしれません。

出産祝いをいただいたら、出産内祝いを贈りましょう。最近では少ないですが昔は、出産祝いをいただいていない方にも「無事に出産をしました」という報告をするために、親戚やお世話になっている方に赤ちゃんをお披露目することを「内祝い」といっていました。

現在では、出産祝いをいただいた方にお礼としてお返しをすることを「出産内祝い」といいます。出産内祝いは、出産祝いをいただいていなくても、親戚やお世話になった方々に出産の報告と挨拶をかねて贈り物をしてもよいでしょう。

出産内祝いを贈る時期っていつ?

「出産内祝いは、いつまでに贈ればいいのか分からない」と、出産内祝いを贈る時期に悩むママも多いのではないでしょうか。出産してからのママは赤ちゃんのお世話に忙しい毎日を送っているため、うっかりしていると出産内祝いを送り忘れてしまうことも!

出産内祝いは、お祝いをいただいてから約1カ月後までに贈るのが理想です。しかし、産後はママの体調が安定していなくて、内祝いの準備がなかなかできないこともありますよね。また、慣れない赤ちゃんのお世話や、里帰り、お宮参りなどがあるとあっという間に1カ月が過ぎてしまいます。

産後は忙しくて大変な気持ちも分かりますが、出産内祝いは遅くても生後2カ月になるまでには贈るようにするとよいですよ。

出産内祝いの金額相場っていくらなの?

「出産内祝いを贈りたいけど、どのくらいの金額のものを贈ればいいの?」と、出産内祝いの金額に悩む方もいますよね。出産内祝いの金額相場は、出産祝いでいただいた品物や金額の1/2~1/3くらいがよいでしょう。

両親や親戚などから高額なお祝いをいただくこともありますよね。その場合は、金額の相場どおりにお返しをすると、かえって相手に気をつかわせてしまうこともあるかもしれません。目上の方から高額なお祝いをいただいたときは、出産内祝いの相場にこだわらず、感謝の気持ちを込めてお返しをすることのほうが大切ですよ。

また、出産祝いでいただいた金額の1/3以下のものや、いただいた金額よりも高額のものを贈ってしまうとマナー違反になるので注意しましょう。

出産内祝いの熨斗についてのマナー

内祝いの熨斗の選び方

出産内祝いをするときは、パパやママの感謝の気持ちも大切ですが、失礼のないようにマナーを守ることも必要ですよね。出産内祝いを贈る時期や金額相場などが気になるママは多いですが、熨斗(のし)をつけるのを忘れてはいけません。

昔は、熨斗を贈りものに添えて風呂敷に包んで届けることが多かったのですが、最近では熨斗と水引が印刷された熨斗紙をつけるほうが一般的ですよね。

熨斗の選び方に関しては、地域によってやり方がさまざまで、「絶対にこうしなくてはいけない」というルールはないようです。包装紙の内側に熨斗紙をつける内熨斗と、外につける外熨斗とがありますが、出産内祝いの場合は、控えめな内熨斗のほうが好んで選ばれています。

表書きと名前の書き方

出産内祝いはパパやママからだけではなく、赤ちゃんから「お祝いしてくれてありがとう」という気持ちを伝える初めての贈りものといわれています。ですから、熨斗の表書きも感謝の気持ちを込めて書くことが大切ですよ。

熨斗の表書きは、水引の上に「内祝い」と書き、水引の下に赤ちゃんの名前を書きます。最近では、漢字を見ても「なんて読むのかな?」という珍しい名前の赤ちゃんも多いので、読み方が難しい漢字を使っている子や、名前の読み方がたくさんある子などの場合は、ふりがなをつけたほうが相手に分かりやすく、親切ですよ。

友人の話では、表書きの赤ちゃんの名前にふりがなをつけるのを忘れてしまい、贈った人から間違った読み方をされてしまったそうで、反省したと話してくれました。

水引は蝶結びを選ぼう

「水引の選び方が分からない」「水引にはどのような意味があるの?」というママも最近では多いのではないでしょうか。お祝いのときの水引には、結びきりと蝶結びがあります。

結びきりは、人生に1度きりがよいお祝い(結婚、快気祝いなど)に使われるものです。蝶結びは何度も結びなおせるので、何度あっても嬉しいできごと(出産内祝い、引っ越し祝い、お中元、お歳暮など)に使われています。出産は何度あっても嬉しいできごとなので、水引は蝶結びを選びましょう。

出産してから知識をつけようとしても、赤ちゃんのお世話などで毎日バタバタしていることが多いです。なるべく妊娠中から冠婚葬祭、出産内祝いのマナーなどを学んでおくことをおすすめします。

出産内祝いを選ぶ3つのポイント

実用的な商品がおすすめ

「出産内祝いは、どのようなものが喜ばれるだろう?」と贈る品物に悩む方も多いですよね。出産内祝いは昔は身内のお祝いのおすそ分けだったので、縁起物(紅白まんじゅうなど)がほとんどでした。

最近ではタオルや洗剤などの実用的なものや、食べ物を選ぶ方が多いですよ。タオルや洗剤などの実用的なものは、たくさんあっても困らないのでよいですね。定番のジュースや焼き菓子などを贈る方もいますが、実用的な商品は賞味期限がないのでよいかもしれませんね。

先輩ママの話では、会社の同僚への出産内祝いにボディケアセットを贈ったそうです。「内祝いありがとう!すぐに使えるから嬉しい」とみんな喜んでくれたので、実用的なものを内祝いに選んでよかったと話してくれました。

普段自分ではあまり買わない商品を選ぶ

「出産祝いをいただいた方に、喜んでもらえるような内祝いの品物を贈りたい」と、出産内祝いに迷うママも多いのではないでしょうか。出産内祝いのカタログやネットを見ていると、商品がたくさんあってどれがよいのか悩みますよね。

「出産内祝いでもらって嬉しかったもの」のアンケートをとってみると、「普段自分ではあまり買わない商品をもらうと嬉しい」と回答した方が多いことが分かりました。たとえば、自分ではなかなか買うことがない高級な食べ物や、お菓子、ハイブランドのタオルなどが喜ばれているようです。

友人の話では、親戚から出産内祝いに、高級なジュースのセットが贈られてきたそうです。高級なジュースなんて普段自分では買うことがないので、もらって嬉しかったと話してくれました。

趣味や好みを考慮した商品選びをする

出産内祝いに悩んでいる方は、贈り先の方の趣味や好みに合わせた商品を選ぶとよいでしょう。たとえば、プレゼントをもらったときに自分の趣味や好みに合ったものを贈られると、もらった方はより嬉しい気持ちが増しますよね。

「贈り先の方の、趣味や好みがあまり分からない」という方は、いただいた出産祝いを参考にしてみるのもよいですよ。趣味や好みは人それぞれで、ナチュラルな感じが好きな方もいれば、ポップな明るい感じが好きな方、シックな感じが好みな方もいますよね。

出産祝いでいただいたものや年齢、家族構成なども考えながら、商品を選ぶとよいでしょう。親しい友人であれば好みが分かっていることも多いので、好みに合ったものを贈ると喜ばれますよ。

出産内祝い選びでのおすすめ品三つ

高級感もあるスイーツ詰め合わせ

「上司の好みが分からないので、内祝いの商品に悩んでいる」「親戚家族には、どのようなものを贈るといいの?」など、贈り先の方の好みが分からないときや、目上の方への内祝いには悩む方も多いのではないでしょうか。

そういったときには、高級感のあるスイーツの詰め合わせはいかがでしょうか。高級感のあるスイーツの詰め合わせは、出産内祝いだけではなくプレゼントなどにも喜ばれるギフトの一つです。

若い世代の方へは、焼き菓子やチョコレートなどの洋菓子セットが人気で、高い年齢層の方へは、おかきや水ようかんなどの老舗和菓子の詰め合わせが人気なようです。スイーツの詰め合わせは、出産祝いをいただいた方だけでなく、ご家族も一緒に召し上がっていただけるのでよいかもしれませんね。

誰に贈っても喜ばれるタオルセット

「出産祝いをいただいた方への内祝いは、みんなに同じ商品を贈りたい」「みんなが喜んでくれる内祝いを贈りたい」と思うママもいますよね。スイーツの詰め合わせなども喜ぶ方は多いですが、贈り先の方に甘いものが苦手な方がいないか心配になることも…。

若い方から目上の方まで、誰に贈っても喜ばれる内祝いに人気の商品が、タオルセットです。タオルは普段の生活の中で必ず使いますよね。タオルは家庭にたくさんあっても困らないものですし、高級なタオルは自分ではなかなか買わない人も多いので、内祝いに贈ると喜ばれますよ。

内祝いにタオルを贈る方は、好みが分かれないシンプルなデザインのものがよいでしょう。オーガニックコットンなどの肌触りがよいタオルが人気ですよ。

最近主流のカタログギフト

最近は、結婚式の引出物にカタログギフトを選ぶ方が増えてきていますよね。出産内祝いも同様で、カタログギフトを贈り、贈り先の方に好きな商品を選んでもらうのが主流になってきています。

「贈る相手によって、商品を選んでいく時間を作るのが難しい」「好みが分からない方も多いので、内祝いに悩む」という方は、カタログギフトを活用するのもおすすめですよ。カタログギフトは贈られた側が、商品を選ぶ楽しみがありますよね。

しかし、祖父母などの高齢の方は「カタログギフトの選び方が分からない」ということも…。近場に住んでいる方は、一緒にカタログから選ぶ時間を作ってあげるとよいかもしれませんね。遠方に住んでいるなどで「一緒に選べない」という方には、品物を贈るほうがよいでしょう。

出産内祝いをする際に注意すべきこと

贈り漏れがないかチェックしよう

出産祝いをいただいた方に、感謝の気持ちとして贈るのが出産内祝いです。昔のように決まったルールは少なくなってきてはいますが、贈る方に失礼のないようにマナーを守ることが大切ですよ。

出産後は赤ちゃんのお世話だけではなく、産後に必要なさまざまな手続き、1カ月健診、お宮参りなど、ママはなにかとバタバタしていることが多いです。バタバタしている中で出産内祝いの準備を進めていかなければならないため、贈り漏れがないか必ずチェックしましょう。

出産内祝いの準備は、妊娠中から始めておくと安心ですよ。親戚など、妊娠中からお祝いをいただけることが分かっている相手もいますよね。あらかじめ分かっている方の名前や、住所などをリスト化し、品物をチョイスしておくとスムーズでしょう。

贈ってはいけない品物

冠婚葬祭にはさまざまなルールがあるので、すべて覚えるのは難しいですよね。しかし、何も知らずに出産内祝いを贈ってしまうと、贈り先の方に失礼になることもあるので注意しましょう。

出産内祝いで「何を贈ればいいの?」と悩む方は多いですが、贈ってはいけない品物があることはご存知でしょうか?お祝いのときの贈りものは、縁起が悪いもの、語呂合わせがよくないなどの理由で、贈ってはいけない品物がいくつかあるといわれています。

たとえば、日本茶は弔事に使われることが多いので、内祝いとして贈るのはおすすめできません。食べ物を贈るときは、賞味期限にも注意が必要ですよ。

また、目上の方に現金や金券を贈ることもマナー違反なので注意しましょう。

使ってはいけない言葉

出産内祝いをするときに、メッセージを添える方も多いのではないでしょうか。そのときに、使ってはいけない言葉もあるので注意しましょう。

たとえば「なくなる」「きれる」「たえる」など、縁起のよくない言葉を使っていないか。出産内祝いは「返す」ものではありませんから、「お返し」という言葉も使わないほうがよいでしょう。いただいた贈りものに対して、感謝の言葉を書くことは問題ありません。

また相手の立場によっては、なにげないことで傷つけてしまう可能性もあります。子どもを望んでいるけれどまだ、というご夫婦に赤ちゃんの写真入りカードやグッズをお贈りすることが、相手の心にどのように響くのか、などの配慮もできるとよいですね。

まとめ

親戚や友人、上司などに出産内祝いをする場合、贈る時期、熨斗や表書き、水引、内祝いの金額の相場など、さまざまなことに気をつけて贈り先の方に失礼のないようにすることが大切です。特に、贈り漏れには注意しましょう。

出産すると育児であまり時間がとれないことがあるので、妊娠中から内祝いのマナーや、どのようなものを贈るかなどを考えておくとよいでしょう。内祝いをただ贈るのではなく、感謝の気持ちが相手にしっかり伝わるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018