就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 2人目の妊活事情とは。産み分け方法や2人目不妊について考えよう

2人目の妊活事情とは。産み分け方法や2人目不妊について考えよう

1人目が少し大きくなると「2人目はいつ?」「兄弟はいたほうがよいよ」などといわれることがあるのではないでしょうか。作るタイミングを考えていたり、頑張っているけど結果が出ず、悩んでいたりするカップルもいるかもしれません。今回は2人目の妊活事情について紹介します。

2人目妊活を始める前に知っておきたいこと

2人目の妊活はいつから始めるのがよい?

1人目を出産後、生理が再開すると妊娠が可能になります。産後2~3カ月で再開する女性が多いようですが、1カ月で再開する女性もいれば6カ月を過ぎてから再開する女性もいます。

前回が経腟分娩ならとくに決まりはありませんが、帝王切開だったときは、お腹と子宮を切って赤ちゃんを取り出しており、傷の周りの子宮の壁が薄くなっています。そのため、つぎの妊娠時の子宮破裂のリスクを考えると、産後6カ月~2年間は空けたほうがよいと指導する医師が多いようです。

また、年齢も目安になります。今は晩婚化で30歳を過ぎて1人目を出産する女性も珍しくありません。しかし35歳から妊娠できる確率は大きく下がりますので、年齢が35歳に近ければ早めに妊活を始めたほうがよいでしょう。

高齢出産?35歳を超えての出産のリスク

晩婚化が進んだ今、2人目が欲しくても高齢出産のリスクを考え躊躇してしまう夫婦も多いようです。一体どのようなリスクがあるのでしょうか。

・染色体異常などのリスクが上がる
卵子の老化がダウン症などの染色体異常の原因の一つといわれています。

・流産・早産になる確率が高くなる
流産や切迫早産の確率が高くなるだけではなく、難産になる可能性も高くなり帝王切開を余儀なくされることがあります。

・妊娠中特有の病気を発症しやすくなる
「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「妊娠糖尿病」を発症する確率が、35歳以下の女性に比べて5%前後高くなります。

そのほかにも、体力や金銭的な問題に不安を感じてしまうことが多いようです。

1人目との年齢差別のメリットとデメリット

2人目を考えたとき、上の子との年齢差も気になりますよね。各年齢差によるメリット・デメリットをまとめてみました。

・1歳(年子)
上の子もまだたくさんのお世話が必要です。ただし、いっぺんに大変な時期が終わります。

・2歳
2歳はイヤイヤ期が始まり、下の子が生まれることによる赤ちゃん返りも多いです。年子ほどではないですが、大変な時期が短く終わります。

・3歳
ママが赤ちゃんのお世話をすることを理解し、お手伝いをしてくれます。ただし、中・高・大学と進学時期が重なり経済的負担が大きくなってしまいます。

・4歳以上
下の子の面倒を見てくれる、進学時期がずれるなど、4歳くらいの差は理想です。しかし、子育て時期が長くなる、親の年齢が気になることがあります。

2人目の妊活!産み分けをする?しない?

2人目妊活で産み分けを希望する人が多い

1人目は自然にまかせ、2人目で産み分けを希望する夫婦が多いようです。理由は「1人目と違う性別の子どもが欲しい」「男の子・女の子、両方の子育てをしてみたい」というのが多いようですが、以下のような様々な理由もあります。

・男の子の跡継ぎが欲しい
・女の子にかわいい洋服が着せたい
・ママおよびパパが産み分けを希望した
・女の子及び男の子の方が、育てやすそう

夫婦のどちらかが「子どもは授かりもの」と考え、産み分けに気が進まないときは、よく相談してお互いが納得することが大切です。

産み分けの方法は増え、成功率は上がっているとされていますが、希望通りにいかないこともあります。そのことを理解した上で、産み分けに挑戦してくださいね。

男の子を希望する場合の産み分け方法

卵子とY染色体をもつ精子(Y精子)が受精すると男の子になります。Y精子は酸性に弱く、アルカリ性に強いという特徴があります。

膣内は一定の期間以外は強い酸性になっています。膣内をアルカリ性に傾けるため、以下のことができます。

・排卵日にセックスをする
排卵日は膣内の酸性度が最も弱まり、Y精子が活発に動けるようになるそうです。

・グリーンゼリー(産み分けゼリー)を使う
膣の状態をアルカリ性に傾けるグリーンゼリーを使用します。

・女性が気持ちよいセックスをする
女性がオルガスムスを感じると、アルカリ性の粘液が分泌されるといわれます。

パパは1週間以上の禁欲・セックスの前のカフェイン摂取・電磁波やX線を浴びないよう心がけるなども効果があるそうですよ。

女の子を希望する場合の産み分け方法

卵子とX染色体をもつ精子(X精子)が受精すると女の子になります。X精子は酸性に強く、アルカリ性に弱い特徴があります。

Y精子に有利な環境を作らないように、以下のことをし、X精子が受精する確率を高くします。

・排卵日2日前にセックスする
膣内がまだ酸性の強い排卵日の数日前にセックスします。酸性に強く寿命が長いX精子は排卵まで生き残ることができます。

・淡白なセックスをする
アルカリ性の粘液が分泌されないよう、淡白なセックスをします。

・ピンクゼリー(産み分けゼリー)を使う
膣の状態を酸性に保つピンクゼリーを使用します。

・精液をためない
精子の数が増えると、X精子の比率が低くなるため、2~3日に1回射精し、精子をためないようにします。

意外と多い!2人目不妊の原因と対策

思うようにはいかない?2人目不妊とは

1人目をすんなり妊娠したからといって、2人目も同じようにいくとは限りません。夫婦生活を再開し、妊活を始めても2人目をなかなか授からず、悩んでいる夫婦は少なくありません。

出産後、生理の再開が遅い、なかなか断乳ができなかったママもいるでしょう。そのため個人差はありますが、1人目の赤ちゃんの母乳での授乳期間が終わってから、1年以内に妊娠に至らないことを「2人目不妊」と呼びます。

「不妊」というとで赤ちゃんを授かることが難しいというイメージですが、1人目は妊娠しているわけですから、2人目がなかなか授からないからといって「不妊」という言葉はしっくりこないかもしれません。

しかし、1人目を出産後、以前にはなかった不妊の原因ができることがあるのです。

2人目がなかなかできない原因とは

2人目不妊の原因は大きく分けると、夫婦の年齢と1人目を出産したときの母体が受けたダメージです。

20代後半や30代で1人目を出産している場合、生理が再開し、授乳が終わったときには高齢出産に近い年齢になっているママもいるはずです。

男性も年齢とともに精子の活動が弱くなることや数が減少することがあります。なかなかできない原因は女性だけの問題ではないのです。

また、妊娠・出産はたくさんのパワーが必要で、母体に大変な負担がかかります。出産後も赤ちゃんのお世話で忙しい日々が待っています。

難産や帝王切開をはじめ、出産時の大量出血、産後の感染症などで卵管や子宮にダメージを受けたり、母体の回復が遅れたりすることで、妊娠しづらくなってしまうことがあります。

2人目不妊?と思ったら早めに対策をしよう

1人目ができたのだからと、なかなか2人目ができなくても病院へは足が遠のいてしまうかもしれません。自分の体の状態を知るためにも、不安に思ったら早めに医師に相談することをおすすめします。

以下のように自分でできる対策もありますので、参考にしてください。

・健康な卵子や精子が育つように、良質なたんぱく質を取り入れたバランスのよい食事を心がける

・スムーズなホルモンの分泌を促すよう、ストレス発散・リラックスできる時間を作る

・基礎体温を測り妊娠しやすい日を把握する

そして、なんといっても大切なのがパパとよい関係を築き、仲よくすることです。性交渉がなければ子どもはできませんよね。

普段から意識してスキンシップをとってみてはどうでしょうか。

まとめ

2人目の妊活は産み分けに挑戦したり、なかなか妊娠できず悩んでしまったり、1人目とはまたちがう事情があります。

「1人はいるんだからいいじゃない」と心ない言葉を投げかけられて傷ついてしまうママや、「パパがどうしても女の子が欲しい」「義実家が跡継ぎを望んでいる」などのプレッシャーを感じているママもいるでしょう。

そろそろ2人目が欲しいと思ったら、パパと2人でストレスフリーで心身ともに健康的な生活を心がけることが1番大切なのかもしれません。

家族が増えることは素敵なことですが、家族3人のかけがえのない生活も楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018