就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産1週間前の過ごし方とは?軽い運動や出産の兆候についてご紹介

出産1週間前の過ごし方とは?軽い運動や出産の兆候についてご紹介

出産の兆候を知って落ち着いて過ごそう

おしるしが出たら出産まであとわずか

お産のサインは人それぞれ。おしるし、前期破水、前駆陣痛といった兆候が見られない方もいれば、複数同時に起こる方もいます。いずれの場合も、「もうすぐお産がはじまりますよ」という体からのメッセージだと知っておきましょう。

まず一つ目の「おしるし」ですが、これは予定日近くにお腹が強くはったときに、赤ちゃんを包む卵膜と子宮壁の間にずれが生じた際に少量の出血が起きたもの。鮮血やピンク、茶色のものがおりものに混ざって出てきます。

おしるしがあると数日以内に陣痛がはじまるとされていますが、人によって期間は異なります。すぐにお産がはじまるわけではありませんが、強い痛みがあったり、大量の出血が見られたりする場合には病院に連絡するようにしてください。

陣痛前に起きる前期破水は病院に連絡必須

お産が進行して子宮口全開大のときに卵膜がやぶれ、羊水が流れ出すことを「破水」といいますが、それよりも早く起こる場合を「前期破水」と呼びます。細菌感染により卵膜が弱くなったこと、羊水過多などで子宮内圧が上昇したこと、などが原因だとされています。

たとえ前期破水が起こっても、子宮の上のほうで卵膜の一部がやぶれただけの場合には少量しか流れ出ないこともあり、尿もれと勘違いしてしまうケースもあるようです。心配であれば病院に相談してみてくださいね。

前期破水をした場合、赤ちゃんへの細菌感染の恐れがあるので入浴は厳禁です。すぐに病院に連絡をし、生理用ナプキンを当てて車やタクシーで病院に向かいましょう。念のため「陣痛タクシー」に登録しておくとよいですよ。

前駆陣痛は落ち着いて対応しよう

子宮が収縮し、赤ちゃんを押し出そうとする動きのことを「陣痛」といいますが、本格的な陣痛の前に不規則にお腹の痛みを頻繁に感じる「前駆陣痛」が起こる場合があります。

前駆陣痛は夜中やママがリラックスしているときなどに起こりやすく、それほど強くない痛みが不規則に起き、次第に痛みが遠のいていきます。本格的な陣痛の前の、予行練習のようなものですね。

前駆陣痛の場合にも念のため陣痛アプリなどで間隔をはかりましょう。子宮の収縮が10分間隔で繰り返し起こるようであれば、陣痛のはじまりです。初産婦であればこの時点で、病院に連絡を入れるようにいわれているでしょう。経産婦の方は、お産がはやく進む可能性もありますので、もう少しはやめに連絡をしてくださいね。

まとめ

出産予定日はあくまで予定ですので、1週間後に必ず産まれるわけではありません。「いつ陣痛がはじまるのだろうか」「お産の痛みに耐えられるのだろうか」というお産への不安や、産後の生活や育児への心配など、気になることは多々あるでしょう。

この記事を通して出産間近の時期の兆候や過ごし方について知っていただき、残り少ない妊娠生活を少しでもリラックスして過ごしていただければ嬉しく思います。待ちに待った赤ちゃんとの対面を楽しみに過ごしてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND