就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後ママにご褒美を!本当に嬉しいギフト選びとその注意点

産後ママにご褒美を!本当に嬉しいギフト選びとその注意点

出産という大仕事、お疲れさまでした!出産を終えたママはのんびり休む暇もなく子育てがスタートします。そんなママに「お疲れ様、ありがとう。頑張っていこうね。」という気持ちを込めて何かご褒美をプレゼントしてみてはどうでしょうか?ここで気になるのはママが貰って嬉しいものってなんだろう…ということですね。今回はママが貰って本当に嬉しいギフト選びのコツをご紹介します。

産後のご褒美を選ぶ前に!大事な注意点

ご褒美選びは相手のことを考えて

妊娠、出産を終えたママはとにかく疲れてクタクタになってしまう人が多いと思います。なぜなら赤ちゃんのお世話は待ったなしで、ご飯や睡眠もままならない生活が続くからです。

そして産前とは体質が変わることもあるので、身体に使う物を選ぶ際はその点も配慮しましょう。ほかに、食べ物や飲み物を贈る場合、授乳中は避けた方がよい物があります。

アレルギー体質の赤ちゃんがいる場合はそのことも配慮した方がいいでしょう。ママへのご褒美は自分が嬉しいものではなく、ママと赤ちゃんのことを考えて選ぶと喜ばれます。

普段の会話の間にさり気なく欲しいものを聞いておくのもいい方法だと思います。贈り物選びは難しいものですが、渡した時にママの喜ぶ顔を想像しながら選んでみましょう。

ご褒美を贈るちょうどいいタイミング

いつママにプレゼントを贈るのか?とっても大切なことですが、これは贈る側とママとの関係にもよって違ってきます。ママと親族関係であったり、古くからの友人だったり、とても親しい間柄なら、出産当日を過ぎれば入院期間中でもよいでしょう。

そのほかの関係であればなるべく入院中は避け、退院後に都合のよい日を聞いておくと安心です。
遠方に住んでいたり、ママの都合が合わない場合には赤ちゃんのイベントに贈るのも喜ばれます。

例えばお宮参りであるとか、1歳の誕生日など節目の時期に贈る人もいるようです。もちろん、ママと赤ちゃんの体調であったり都合もあります。事前にメールなどで都合を確認し、当日にも伺って大丈夫かどうかを電話などで一度確認しておくとよいでしょう。

ご褒美選びのちょうどよい金額設定

多くの場合の平均予算は3,000円~10,000円の範囲であるようです。贈り物をする時期と同じでママとの関係にもよって予算は変わってくるので、自分とママの関係に合わせた予算にしてみて下さい。

親族関係にあったり、よほど親しい間柄である場合は5,000円~10,000円程度に設定するのが一般的なようです。贈る物もあまり高額な物を選んでしまうと、お返しする側に気を使わせてしまい大変になってしまうこともあります。ですから、贈り物の金額やお祝いは相場の範囲内にしておいた方がよいでしょう。

その他、会社関係の場合は複数人数で予算を組むこともあります。その場合はお金を出し合う人達と相談しておくと安心です。

ご褒美の定番!身体が喜ぶフード系ご褒美

リラックス効果を期待したハーブティー

ハーブには様々な効果があり、物によっては水出しができるものもあるのでお手軽に飲むことができます。リラックス効果を高めるものや、逆に寝不足の頭をすっきりとさせてくれるようなハーブなどたくさんの種類があります。

また、授乳中甘い物を控えているというママには、バニラや蜂蜜の風味がつけてあるフレーバーティーもおすすめです。赤ちゃんが寝た後に香りのよいハーブティーを飲んでリラックスタイムを作ってもらうのも喜ばれそうですね。

ただし、気をつけなければいけないのは、人によってハーブの種類で(キク科)アレルギーを起こす人がいるということです。そのほかにも強いハーブは薬を飲んでいるときには飲めなかったり、妊娠中や授乳中に使えないものもあるので注意が必要です。

低カロリーで母乳でも安心なスイーツ

疲れていると甘いものが食べたい!そんなママも多いのではないでしょうか。しかし授乳中は母乳によいものを選んで食べたいという気持ちもありますし、産後太り対策でカロリーも気になりますよね。

そこで今話題の「ロカボスイーツ」はどうでしょうか。低糖質で市販のお菓子に比べて太りにくく、野菜を使ったヘルシーなものも多くあります。ママ用ギフトとしても人気があるようで探すと詰め合わせもいろんな種類が出てきます。

妊娠中は体重管理のためにおやつを我慢していたママ。産後なのでおやつは食べられる…けど気になる!という人にはうってつけのギフトです。

産後のママにおすすめの詰め合わせのセットも販売されているので、甘い物が好きなママには喜んでもらえるでしょう。

忙しいときに活躍 インスタント食品

産後はとにかく自分のご飯も後回しになってしまうママも多いのではないでしょうか。気づいたら今日は朝から何も食べてない、何も作る気がおきない、そんなママに大助かりなのが野菜を使った保存食です。

保存食なので長期保存もききます。そのままでも食べても、少しだけアレンジしてパパ、ママのご飯に使えたりと応用が利くのも魅力的です。
赤ちゃんが離乳食期に入ればそのまま赤ちゃんでも食べられるものもあります。忙しい時にさっと温めるだけで食べられるのはかなり便利ですね。

スープなどのほかにアレンジの聞く野菜ペーストもあり、いくつかの種類が詰め合わせてあるギフト用もあります。お料理好きなママや、離乳食の時期の赤ちゃんがいるママには喜ばれそうな贈り物です。

ご褒美こそ!自分で買わない美容アイテム

疲れてパサついた髪に贅沢ヘアケア

産後のママたちのお悩みでも上位にあってくるのが髪に関するトラブルです。抜け毛やパサ付き、髪質の変化が起こる人もいます。そんな髪の悩みがあっても、産後すぐにはなかなか美容院に行くこともできません。

そんなときに少し贅沢なヘアケアグッズはいかがでしょうか?

オーガニックやボタニカルが注目されているので、ママにも使えそうなアイテムはたくさんあります。また効果も様々で、傷んだ髪の補修と栄養補給を目的としたもの、スタイリングしやすい髪質に改善していくものなどがあります。

そしてアロマオイル配合のものならば、リラックス効果も期待できるのでお風呂にゆっくりと入った後に使ってもらうのがおすすめです。

寝不足でカサついたお肌にスキンケア

産後の急激なホルモンバランスの変化に加え、寝不足も重なりお肌のトラブルが気になるママにおすすめなのが保湿クリームです。赤ちゃんが寝た後にさっと使えるという手軽さも魅力の一つです。出産を終えた後でもまだまだ綺麗でいたい…というママの気持ちにぴったりのアイテムです。

また、スキンケア選びをするときの注意点もあります。忙しいママにはブースター、化粧水と順番につけていくものよりも、手間の省けるオールインワンタイプをおすすめします。

保湿力を高めてくれるものから、ハリを取り戻すコラーゲン配合のものや様々な種類があります。いずれも香り付きのものが多いので、ママの好きな香りを選ぶと喜んでもらえることでしょう。

妊娠や授乳で酷使したおっぱいにバストケア

授乳中のママが特に気になるのはバストのことではないでしょうか?ハリのあったバストが授乳後や産後に元に戻るかと言えば、何もしない状態では難しいです。
バストを支えるクーパー靭帯は一度切れてしまうと、元に戻せないと言われています。授乳中にもバストケアはできるので、クリームを使ったケアは大切です。

ですが授乳中だと気になるのが、赤ちゃんの口についてしまうことですよね。バストケア用のクリームにはパラベンフリーや香料のない赤ちゃんの肌に触れても大丈夫なものがあるので安心です。

産後のおっぱいの悩みは形だけではなく、ぱんぱんに張ってしまったことによる肌トラブルもよく聞きます。バストケアには保湿も大切なので保湿効果の高いものを選びましょう。

まとめ

ママに喜んでもらえそうなもの、使えるもの、選ぶポイントを書きましたが、もちろんママによって欲しいものは違うでしょう。サプライズしたい場合には難しいかもしれませんが、ママに聞いてみるのもいいと思います。

ベビーグッズ、ママが使える癒し系グッズ選択肢はたくさんありすぎて迷ってしまう人もいるでしょう。育児雑誌やママ用のファッション雑誌にもヒントはたくさん載っています。

いつも頑張るママにお疲れ様という気持ちと日ごろの感謝の気持ちを込めて、じっくり選んでみてください!

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018