就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

初めての出産退院するときの服装は?冬は防寒対策で赤ちゃんも安心

初めての出産退院するときの服装は?冬は防寒対策で赤ちゃんも安心

ママの服装は動きやすいのがポイント

授乳口つきだと赤ちゃんも嬉しい

退院時、ママはどんな服装をしたらよいのか悩むかもしれませんね。まず、ママには授乳という大切な役割があるので、簡単に授乳することができる授乳口つきの服があると便利です。

病院から自宅までの距離が短いからと安心していても、赤ちゃんはいつお腹を空かせてママのおっぱいをほしがるか予想ができません。道中、万が一赤ちゃんがおっぱいをほしがった場合にもスムーズに授乳することができるよう、授乳口つきの服を用意しておくと安心です。

また、授乳中、赤ちゃんの肌にママの服が触れることを考え、できるだけ肌ざわりのよい柔らかい素材のものを選ぶようにしたいですね。

このように、ママの退院時の服は赤ちゃんのことも考えて選ぶことが大切ですよ。

ゆったりと締めつけの少ないものを

退院時、ママの体はまだ元の体型に戻っていないことがほとんどです。赤ちゃんを生んだからといって、お腹が急にしぼむわけではなく、少しずつ時間をかけて体が元の体型に近づいていきます。

このため、退院時の服はゆったりとしたデザインで締めつけの少ないものを選ぶようにしたいですね。ストンとしたデザインのワンピースなら、お腹周りのシルエットも気にならないので使いやすいですよ。

上下セパレートタイプの服を着る場合には、ウエストがゴムのスカートやズボンがよいでしょう。自然分娩の場合、ズボンだと会陰がすれて痛むこともあるので、心配な場合はスカートがよいかもしれませんね。タイトなシルエットよりふんわりとしたものの方が移動中も楽ですよ。

入院時の服装をそのまま利用してもよい

入院時と退院時の体型は、赤ちゃんが出てくる分少しお腹は小さくなるものの、全体の体型としては大きな変化が感じられないかもしれません。入院時の服装をそのまま退院時に利用するのも一案ですよ。

入院時にさっと着替えることができるように、事前にセットして用意しておくとよいですね。こうすることにより、入院の荷物を減らすこともできます。

産後は体が少しむくむこともあるので、ぴったりとした服は避けるようにしましょう。人によってはぴったりとしたボトムスを用意したら、退院時に下半身のむくみがひどくて着られなかったというケースもあるようです。

入院時の服を退院時にも利用する際は、先ほどもお話ししたように、授乳口つきの服や前開きの服をを選ぶようにすると授乳も安心ですね。

まとめ

今回は、冬の出産で退院するとき用に準備したい赤ちゃんの服と赤ちゃんを安心させる防寒アイテム、動きやすさを重視したママの服装などについてお話ししましたが、いかがでしたか?

寒い冬の退院時、赤ちゃんが風邪をひかないか心配になりますよね。できるだけ重ね着で温度調節をするようにし、おくるみを使って赤ちゃんが暖かくしていられるように工夫しましょう。

ママの退院時の服装は、自分自身が楽なのはもちろんのこと、授乳がしやすいものを選ぶことも重要ですよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版