就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後は赤ちゃんとの生活が不安。生活リズムや2人目の産後について

産後は赤ちゃんとの生活が不安。生活リズムや2人目の産後について

初めて赤ちゃんを迎えるママは、産後に一体どのような生活になるのかイメージはわきますか?たぶん、期待と不安でいっぱいなのではないでしょうか。また2人目の赤ちゃんを迎えるママも、上の子を抱えての生活は不安でいっぱいですよね。産後の赤ちゃんの生活リズムと、ママがどのように過ごせばよいのかをまとめました。

産後6カ月頃までの赤ちゃんの生活リズム

産後すぐ~1カ月健診までの生活

出産してすぐのこの時期は、「産褥期(さんじょくき)」とも呼ばれています。赤ちゃんとの生活は一体どのようなリズムなのでしょう。

産後の1カ月は、赤ちゃんのお世話のほかにもママ自身の身体をいたわることが大切です。特に産後2週間は洗濯、掃除、料理などの家事はできるだけ控えてください。もし里帰り出産できなかったりして両親の協力が得られない場合は、パパにも協力をお願いしましょう。

安静にしすぎて動かずにいると、逆に回復が遅くなってしまうこともあります。産褥体操から徐々に始めましょう。

産後1カ月は授乳、おむつ替え、寝かしつけの繰り返しでママはほとんど寝ることができません。産後の環境に合わせて、事前にパパや家族と話し合っておくと安心です。

産後2カ月以降の生活

産後2カ月になると、赤ちゃんとの生活にも少しずつ慣れてくるころです。この時期の赤ちゃんは、ママのことを目で追ったり、笑顔を見せてくれたりし始めます。たくさん話しかけてあげるといいですね。

授乳間隔はだいたい3時間くらいといわれていますが、赤ちゃんそれぞれで違います。もっと短い間隔の子もいれば、おっぱいを飲まずにぐっすり眠る子もいます。あまり気にしすぎないようにしましょう。

身長体重についても、この時期は個人差が大きいです。どうしても気になるようだったら、かかりつけ医に相談したらよいですよ。

このくらいになると、外にも行ってみたいですよね。人混みはおすすめしませんが、近所をゆっくり散歩するくらいならママも赤ちゃんも楽しめます。

育児日記で生活リズムを掴もう

出産準備品の中にある「育児日記」がどのようなものかご存知ですか?主に赤ちゃんの毎日の様子を記していくノートです。授乳間隔や排泄の回数、睡眠時間や赤ちゃんの様子を記入します。ノートによって色々と項目も違いますが、予防接種のリストや頂いた出産祝いを記入することができるものもあります。

日記を書くのが苦手なママは、授乳排泄の記録だけでも書いてみるとよいですよ。小児科に急にいくことになったときに一緒に持っていくと、先生に説明しやすく便利です。また、後から見直すと自分の気持ちを振り返ることができます。将来子どもにプレゼントしてもよいですね。

育児日記は病院からもらえることもあるので、出産前に確認しておきましょう。

家事はいつから?どのくらいやればいいの?

産後すぐは誰かに頼むことも必要

先に書いたように、産後すぐは安静にしておくことが大切です。この時期に無理をすると、開いてしまった骨盤が元に戻らず、腰痛の原因になったり内臓に影響を与えたりします。赤ちゃんのお世話に集中するためにも、それは避けたいですよね。

もっともポピュラーなのは、里帰り出産で両親に協力してもらうことでしょう。産まれて1カ月の赤ちゃんは、あまり外気にさらさないほうがよいともいわれています。食材の買い出しに行くこともできないので、思い切ってこの時期は甘えさせてもらいましょう。

それが難しい方は、食材配達を使うことも考えておくと安心です。パパがお休みのときにまとめて買い出しをお願いするのもよいですね。この時期は家族との協力が大切ですよ。

家事はできることをやればOK

産後の生活は、赤ちゃんのお世話に追われて今までの生活から180度変わります。今までできていた家事がまったくできなくなっても、それが当然なのです。

あれもこれもしなくちゃ、と思っているとママ自身が追い詰められてしまいます。目をつぶれることは見ないと決めてしまいましょう。考え方を変えるとずっと楽になりますよ。

実家に帰省できるママは、ゆっくりできるのは今だけだと思いきり、自分の親に甘えさせてもらいましょう。パパにも、自分でできることはやってもらうとよいですね。普段家事をやりなれていないパパに頼むのは気がひけるかもしれませんが、食事の配膳や買い出し、掃除機をかけてもらうなどはパパにも頼みやすいですよ。

赤ちゃんとママの体調を優先させよう

一昔前は、「産後の肥立ち」が悪いといけないので、産後は1カ月ほどの産褥期は、家事をしないのが普通といわれるくらいでした。現在は家電の発達や生活様式の変化により、そこまでいわれることはありません。しかし、産後の肥立ちが悪いと更年期障害の重症化にも繋がるといわれています。この時期は赤ちゃんとママの体調を最優先して行動しましょう。

産後すぐは、ママの体にマイナートラブルも起こりがちです。後陣痛、悪露、会陰切開の痛みなどはしばらく続くこともあります。そのため産後1カ月はお風呂に入らないようにと産院からいわれる方も多いです。

ママが体調を崩してしまっては、産まれたばかりの赤ちゃんのお世話はもっと大変になってしまいます。

2人目の産後生活は頼れる人を探しておこう

便利なサービスやサポートを調べてみよう

出産後が不安なのは、2人目を妊娠中のママも一緒ですよね。上の子もまだ小さいのに、2人の育児をすることができるのかなど、悩むのも当然です。出産前に、子育ての力強い味方となるサービスやサポートを調べておきましょう。

病院から里帰りをせずに、そのまま自宅へ帰る予定のママは「産後ケアセンター」というものがあることを知っておいてください。助産師や看護師、心理士までいる産後の入院施設です。家族で泊まることができるので、自宅に帰ってからの生活もイメージしやすいと思います。

また「食事宅配サービス」を使うと、食事の用意だけでも楽になりますよ。食材の宅配や、弁当の宅配など色々選べるので、自分に合ったサービスを探してみましょう。

上の子を預ける場所を探しておこう

産後に自宅へ帰ってから、いざ新しい家族との生活をはじめてみても上の子もまだまだ手がかかる時期です。なかなか思うように赤ちゃんのお世話はできないことが多いです。上の子にもできるだけストレスを与えないようにすることも考えながら、預け先を話し合っておきましょう。

もし実家や義実家に頼ることができるのなら、早めに連絡してお願いをしておきましょうね。また家族に頼るのが難しい方は、保育園で産前産後の「一時保育」をしている所もあるので、そちらを使うことも考えてみましょう。

産後だけではなく、切迫早産などで上の子を預けなければならない状況になることもあります。妊娠したら、できるだけ早めに預け先を話し合っておくと産後も安心ですね。

短時間でも上の子とスキンシップしよう

2人目が産まれると、上の子が精神的に不安定になることがあります。上の子にどのように接するかで2人目育児もずっと楽なものになりますよ。

精神的に不安定になってくると、今まで1人でできていたことができなくなったりと、いわゆる赤ちゃん返りをすることがあります。急にわがままになったりして、ついママもイライラしてしまうこともあるかもしれません。短時間でも見つけて上の子に絵本を読んであげたり、スキンシップを取るようにしましょう。ママが笑顔でハグするだけでも子どもの気持ちは落ち着きます。

上の子をできるだけ優先して、下の子のお世話をするときには上の子に一言声をかけるとよいですよ。自分のことをママが気にかけてくれていると安心します。

まとめ

初めてママになる方も、2人目ママの方も新しい家族が増えることは同じですよね。ワクワクする気持ちも不安もあると思います。産後はなかなか体も思うように動かなかったりして落ち込んでしまうこともあるかもしれません。無理はせずに、周りの家族やサポート制度に頼って、ママ1人で抱え込むことがないようにしてくださいね。

産後の生活を楽しい気持ちで過ごすことができるように、家族と話し合って準備を進めておきましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018