就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠22週のママの過ごし方。体調で判断してできることを進めよう

妊娠22週のママの過ごし方。体調で判断してできることを進めよう

妊娠22週になるとママのお腹もふっくらと丸みが出てきて、周囲からも妊婦さんと気づかれるようになってきますね。この時期は「安定期」に入りますが、体調の変化が起こりやすい時期でもあります。今回は妊娠22週ごろにしておきたいことや過ごし方、ママの体調と気をつけたいポイントをご紹介します。

22週はママのお腹と胎児もぐっと大きく

聞こえ始める赤ちゃんにたくさん話しかけて

妊娠22週になるころにはほとんどのママが胎動を感じるようになり、よりお腹にいる赤ちゃんの存在を感じられてママの実感も大きくなってきます。

この時期は安定期に入るので、ママのつわりも落ち着いて行動もしやすくなります。これまでは思うように出かけられず、お家で横になって過ごしていたママもお散歩やベビーグッズの買い出しなどを楽しむことができます。

胎児はこの時期にぐっと大きくなり、身長は約23~28cm、体重は約400~500gに成長します。そして、妊娠20週ごろからは耳も聞こえ始めるので、夫婦で赤ちゃんにたくさん話しかけましょう。ママの好きな曲をかけてリラックスしながら過ごすのも、赤ちゃんの胎教になるのでおすすめですよ。

お腹も大きくなるので体重管理をしっかりと

妊娠22週目になると、つわりの症状も治まって食欲も回復してきます。これまで思うように食べられなかったことから、食事が美味しく感じることもあるでしょうし、日常生活も送りやすくなるので、友だちとのランチなども楽しめる時期です。

先ほどもご紹介したように、妊娠22周目ごろからはお腹の赤ちゃんもぐんぐんと成長し始める時期で、それにともなってママの体重も増加しやすくなりますし、妊娠後期に入るとさらに体重が増えていきます。

この時期には、つわり明けで食べ物が美味しく感じられますが「食べすぎに注意する・バランスのよい食事を取る・適度な運動を心がける・おやつを食べたいときには低カロリーの食べ物にする」など、工夫して体重管理をしましょう。

妊娠線予防にはクリームなど使って

妊娠22週目になるころには、ママの体の変化も目立ってきます。お腹が大きくなりはじめて、体重も増加傾向になると、気になるのが「妊娠線」ですよね。

妊娠線は皮膚の真皮と皮下組織が裂けることで起こります。妊娠中期から後期にかけて、お腹が大きくなったり体重が増加したりして皮膚が伸びていきますが、表皮に比べて弾力性の少ない真皮と皮下組織は急激な変化に耐えきれずに裂けてしまい、その傷跡が妊娠線として残るのです。

妊娠線の予防には、肌を保湿して乾燥を防ぐことが有効です。毎日の保湿ケアにも力を入れましょう。

また、妊娠線ができると同時に強い痒みが出ることもあります。痒みが強い場合には医師に相談をして、痒み止めの薬や高保湿クリームを処方してもらいましょう。

体調が落ち着くのでできることから進めよう

運動不足の解消にヨガや散歩をして過ごす

体調が落ち着いてきて、初期流産のリスクも減る妊娠22週目以降は、できることをゆっくり進めていくとよいですね。ここでは体重管理や赤ちゃんが生まれる前の準備など、この時期におすすめの過ごし方をご紹介します。

妊娠中期はお腹が目立ち始めはするものの、まだ大きくて重いというまでにはなっていないので、運動不足の解消に取りかかりやすい時期でもあります。日頃の運動不足の解消として、または体重管理の手段として、散歩やマタニティヨガをするのもおすすめです。

1日に20~30分のウォーキングは、この時期から気になり始める便秘の解消にも効果的です。マタニティヨガは妊婦さんが無理なくこなせるようにメニューが組まれていて、出産時に必要な筋力をつけることもできますよ。

余裕がある時期なので名づけ候補を考える

この時期になると、お腹の赤ちゃんの性別が確認できるようになってきます。産院や病院の方針にもよりますが、ほとんどの場合はこの時期の妊婦健診で担当医から「赤ちゃんの性別を知っておきたいですか?」と聞かれることでしょう。早めに性別を知っておきたい場合は、超音波検査時に確認してもらうとよいですね。

そして出産までにまだ余裕のあるこの時期から、赤ちゃんの名づけ候補をいくつか考えておくのもおすすめですよ。すでに名前の響きを決めている場合は、平仮名にするか漢字を使うかなどいくつか候補を出してみるのもよいですし、これから名前を考える場合には、名づけ辞典などで使いたい漢字を選ぶのもよいでしょう。

パパとじっくりと相談しながら、名づけ候補を考えてみてくださいね。

母親学級に参加してみる

体調が安定して外出も楽になる妊娠22週ごろからは、母親学級に参加してみるのもおすすめですよ。

母親学級では、妊娠中から産後までのママの体の変化や妊娠期に合わせた過ごし方、出産時の呼吸法、胎児の成長の様子や新生児の育児についてなど妊娠と出産についての様々な情報を学ぶことができますよ。

自治体主催と産院主催の母親学級があるので、どちらに参加してもOKです。自治体主催の母親学級は母子手帳の交付時に付属されているパンフレットなどにあるお知らせや、自治体のHPで開催日を確認できます。産院主催の母親学級は出産予約をした後に参加可能になるケースが多いです。

母親学級では妊娠と出産の知識を得られるほかにも、ママ友ができるかもしれませんね。

22週の過ごし方で気をつけておきたいこと

おりものが増えてくるのでシートなど活用

ここからは、22週からの過ごし方で気をつけたいポイントについてご紹介していきます。ほとんどのママがつわりが治まって行動もしやすくなる22週ですが、この時期からはママになるために体質に変化が現れることも多くなります。

妊娠中期に入るころには、「今までに比べて随分とおりものの量が増えた」と感じるママもたくさんいます。これは異常ではなく、赤ちゃんをお腹で育てて出産を迎えるために必要な体の準備が進んでいるためで、ママの体では卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌がぐんぐんと高まり、それにともなって頸管粘液(おりもの)も増えているのです。

妊娠中期のおりものは、透明~白でサラサラとした状態が多くなります。おりものシートなどを活用して不快感を和らげましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事