就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後にさみしい気持ちになっているママに知ってほしい3つのこと

産後にさみしい気持ちになっているママに知ってほしい3つのこと

産後、慌ただしい日々を過ごしている真っただ中、ふと気がつくとなんだかさみしい。そんな状態を「マタニティーブルー」といいます。「うれしいはずなのに、なんで?」と自分の気持ちが分からなくなって、さらに不安になることもあります。ここでは、そんなさみしい気持ちを抱えるママに届けたい3つのことをご紹介します。

1)産後にさみしいのはホルモンが原因

産後にさみしくなる原因とは?

私たちの身体の機能を働かせるために欠かせないホルモンは、女性の妊娠、出産にも大きく関わっています。そして、ホルモンに変化が起きるタイミングで、その影響が身体の不調や気持ちの波となって現れることがあります。

産後は今まで大量に分泌されていた女性ホルモンが一気に減って、母乳をつくるためのプロラクチンが急増します。この大きなホルモンの変化によって、自律神経が乱され感情のコントロールができなくなることがあるのです。

産後は慣れない育児や、環境の変化も相まって、自律神経の乱れからくる精神的な不安定さも助長されやすくなります。産後のさみしさや不安感は一定期間が過ぎればなくなることもありますが、人によっては長い期間悩まされることもあります。

さみしく感じるのはいけないこと?

ママになるということは、たくさんのものを犠牲にして、赤ちゃんのためだけに生きることではありません。ですが、たくさんのものを得て、かけがえのない存在を産み育てる幸福感をすぐに実感できる人ばかりでもありません。

周りをみれば、自由に外食したり、買い物をしたり、友人とおしゃべりをしてたわいのない時間を過ごす人ばかり。自分はといえば、毎日化粧もせず、家で家事や育児に追われ、気がつけば赤ちゃんとしか話していない…。そんな生活にドッと疲れが出て、涙があふれてくる日もあります。

でも、それは決してわるいことではありません。とりとめのないさみしさも、不安感も、今のあなたが現状を乗り超えるために必要な感情にほかならないのです。

改善方法が知りたい!

「産後にさみしくなってしまうことは珍しいことではない」。まずはこれを知ることが自分の感情をコントロールするための第一歩になります。子どもを産んでみんなこんな感情になるのだろうかと、不安になること自体がさらなる不安を助長する原因になるからです。

産後の孤独感を改善するためには、孤独なことに慣れようとせずに、自分から周りの人を頼って連絡することが必要です。ママになりたてのときは、独身の友人や、すでに子どもがいる友達に連絡をするのをためらってしまいがちですが、遠慮しているのはむしろ相手の方ということがよくあります。

外出が難しければ、家に人を呼んだり電話をしたりして、誰かと話をするだけでも心が軽くなりますよ。

2)意外と身近な「産後うつ」

「産後うつ」ってなに?

産後、すぐに起きる精神的な不安感やさみしさを「マタニティーブルー」と呼びます。お腹にいた赤ちゃんが産まれたことで感じる不安や孤独感は、産後のママに起きる可能性のある生理現象なので問題ありません。

ただ、このマタニティーブルーが継続したり、産後1カ月以上経過してもさみしさや不安感が強く表れると「産後うつ」と診断される場合があります。これは産後ママの3%にみられる「産褥期(さんじょくき)精神病」のひとつで、れっきとした病気なので治療が必要です。

症状としては、強い抑うつ感や不眠、不安感、情緒不安定などがあげられます。病気であることを自分が認識できるだけでも気持ちが楽になりますので、つらいときは我慢せずに専門医に助けを求めましょう。

「産後うつ」チェックリスト

自分が産後うつかどうかわからないときは目安になるチェックシートがありますので、参考にしてください。

1.漠然とした不安感に襲われることがある
2.理由なく恐怖を感じるときがある
3.ちょっとしたことで涙があふれるときがある
4.不眠である
5.育児に集中できない、とっさのことに対処ができないと感じる
6.うまくいかないのは全部自分のせいだと思う
7.最近自然に笑うことがなくなった
8.楽しみなことがない
9.自分が惨めな存在に感じてしまう
10.自分を傷つける行為をしてしまいそうになる

これらの症状が多くあてはまる場合は注意が必要です。いくつから産後うつ、と判断ができるものではありませんが、心配な場合は早めに診察を受けましょう。

「産後うつ」にならないためには?

産後うつを予防するためには、なるべく心に負担をかけないことが重要になります。そのためにできることの一つが、しっかりと睡眠をとることです。

赤ちゃんのお世話があると、十分な睡眠をとることが難しいのは百も承知ですが、睡眠は自律神経を整え、心の安定を保つためにとても重要です。少々家事を手抜きして赤ちゃんと昼寝をするなど、できるだけ眠ることを心がけましょう。

すべてを完璧にこなそうと考えるママほど、自分を追い込んで疲れ切ってしまうことがあります。産後うつにならないためにも、人に頼ること、助けを求めることをためらわないでください。

パパや親、友人だけなく、カウンセラーや医師など頼れる存在には遠慮なく悩みを打ち明けましょう。

3)産後さみしいのはあなただけじゃない

経験者の経験談を聞こう!

産後うつを経験したママの中には「後から考えると、あれが産後うつだったのかも」と話す人も多くいます。自分がその渦中にいるとなかなか冷静に心を見つめることができませんが、少しでも思い当たることがあれば、同じような境遇のママの話を聞くことがこの状況から脱出するヒントになる場合があります。

気分が落ち込んだとき、なにもかも嫌になって、命を落としかねない状況になったこともあったというママもいます。経験談を話してくれるママは、この最悪のケースから立ち直り、今は楽しみながら子育てを頑張っている人ばかりです。

産後うつに陥っても、元に戻ることができる、治療できると安心感を持つことができますので、ぜひ経験者の体験談を参考にしてみてください。

経験者が実践した改善方法とは?

病院で治療を受ける以外にも、経験者が実践した「産後うつ」の改善方法は、きっと今悩んでいるママの参考になるはずです。なにか少しでも心に残るものがあれば、実践してみてくださいね。

まず、多かったのは「児童館や子育て支援センターに行ってママ友を作る」というもの。出かけようと思っても、赤ちゃん連れで行けるところは限られます。その点、児童館や子育て支援センターなら同じ月齢の子どもをもつママとも親しくなれて、元気を取り戻せたママが多かったようです。

次に、「好きなことをする」と気分転換になり、リフレッシュの方法として有効だそうです。音楽を聴いたり、絵をかいたり、赤ちゃんがいてもできることをぜひやってみましょう。

産後のさみしさはパパと共有しよう

産後、最も頼りになる身近な存在はパパです。いつも忙しいといって赤ちゃんのことは任せっきり、と不満をもつママもいるかもしれません。しかし、パパにとってママが全部やってくれることが当たり前すぎて、ママの苦しみやさみしさに気がつくことは難しいのです。

そのうえ、ママがなにもいわなかったら、パパが気がつく余地はますますなくなってしまいます。つらいときは「つらい」とパパに素直に打ち明けることがポイントです。

「いわなきゃわからないなんて!」というもどかしさを感じるのはごもっともですが、いわれてはじめて気がつくのが男性というものです。助けが欲しいとき、話を聞いて欲しいとき、遠慮なくパパに甘えましょう。

まとめ

放っておくと怖い「産後うつ」は誰でもなる可能性があります。病院で治療するレベルではないとしても、産後ママの抱える心の負担はとても大きなものです。

完璧な人、まじめな人ほど産後うつになりやすい傾向にあるともいわれていますので、あまり自分を追い込まず「適当に」「前向きに」「ほどほどに」家事や育児ができるようになるといいですね。これから出産を控えている人も、産後に起こりうる心の変化を理解して、おおらかな気持ちでいられるように心がけましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018